2017年03月04日

品性にあふれた谷口愛子のショート・ヘア

品性にあふれた谷口愛子のショート・ヘア

 谷口愛子というヘア・デザイナーがいる。
 銀座四丁目、和光から少し有楽町よりのビルを見上げると、美容室谷口愛子の文字に出逢う。昔から新派の女優さん、歌舞伎俳優の奥様方に絶対的な信頼があった。ご本人の出目は知らないが、話をかわすとさっぱりとした江戸っ子気質でたいへんに気分のいい女性だった。
 付け焼刃で髪をいじるのではなく、歴史や芸能にふれ、民俗の気分をきっちりと髪型に表現するのだ。劇場に足を運び、田舎も海外も飛び回って、いつも眼を肥し、腕をみがいている。人間的にも優しい温かさをもち、超絶技巧をもちながら控えめな人柄が素晴らしい。数多くのイベントやプレスにもひっぱりだこで、この国のアップの第一人者である。 それ故美容界のレジェンドといわれたり、多くの学校に招聘されたり、とにかく日本一のヘア・デザイナーなのだ。

 いまを時めく小池百合子東京都知事も絶大な信頼を寄せ、当選の暁の断髪式から、日常のヘアまですべて彼女にまかせている。
 彼女のデザインでなによりも素敵なのは、つねに品のあるバランスとシルエットを保っていることだろう。
ショートを創っても生意気にならない。ひけらかす知性ではなく、エレガントなショートになる。ヘアにおけるラインとバランスは、すこし崩れると日本人ではなくなる。その微妙なところをしっかりと抑え、つねに品位をたもつというのは容易なテクニックではない。
 歌舞伎の奥様方が劇場の廊下に並んでご贔屓を迎えても、決して悪目立ちせず清潔感のある優雅な雰囲気を創っている。昨日今日でてきた原宿あたりの美容師とは全く異なる。
 「さりげなく個々に美しく」それが彼女のクリエイティブをささえている。

posted by Kazuhiko Hoshino at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする