2017年03月07日

伝統食おにぎりの改良

伝統食おにぎりの改良

 50年前、おにぎりの差入れを度々したことを思い出した。
 神楽坂の細い路地にその店はあった。
 おばあちゃんが一人でやっていたのだが、歌舞伎座でも新橋演舞場の楽屋でも届けてくれた。
忙しい舞台裏でポンと頬張って食べれるおにぎりは、意外に人気があった。
おばあちゃんのおにぎりは、醤油の香ばしい焼きおにぎりだった。
手のついた粋な篭に入れ、漬物を添え風呂敷に包んで届けてくれた。
名代の役者衆はともかく、お弟子さん、部屋子さん達に殊のほか喜ばれた。
 おばあちゃんの店はあるとき、火事をだし閉店してしまった。

 その頃から、コンビニのおにぎりが進出してきた。
テレビでは、どこのおにぎりがいちばん早くむけるか、などという競争を番組にしていた。
田中康夫が自慢げにおにぎりの皮をむいて、うんちくを語っていた。

 本家アメリカのコンビニにはなかったおにぎりの開発にはいろいろの問題があったのだろう。
 米と具とノリしか使わないメニューだが、お米の選択から具の選び方、鮭、梅、ツナマヨ、こんぶ、明太子
 それぞれに特徴がある。年間21億個も売れるいまのコンビニおにぎりは、日本人の味覚の集大成のようにも 思える。

 パリッとしたのりの感触を保つためにもいろいろの包み方が試みられた。
 レンジで少し温めると、抜群に美味くなるおこわシリーズ等、中高年には絶対的な人気だという。
 おこわのモチモチ感にフックラが加わって、たまらない美味さを演出している。
 なかでも「赤飯おこわおむすび(税込130円)」と、「鶏五目おこわおむすび」は永遠のベストセラーだと  か。
 ごはんにぎりは三角に、おこわにぎりは丸にしないと売れないという都市伝説もある。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする