2017年03月16日

オスプレイが飛んでどこが悪い

オスプレイが飛んでどこが悪い

 県の防災ヘリコプターが墜落した。第一面のトップに書かれている。
 左半分にはそれより大きな活字で、オスプレイが県内を飛んだというニュースだ。日米共同訓練中だが、事前の連絡はなかったしあちこち自由に飛んでもらっては困る、ということなのだろう。県内の住民からも近所の山の上を飛んだとか、千曲川の下流方向に飛んで行ったとか迷惑情報が寄せられている。
 どこかの町の議会は、あらためてオスプレイ配備反対決議をした、と書かれている。どういう訳かオスプレイはまるで犯人あつかいである。

 日本はいま国土の防衛についてアメリカに依頼している。丸腰では現在の国際情勢をみれば、無事ではいられないこと位は、日本国民は判っている筈だから。その米軍が巨費をかけて開発したのが、オスプレイだ。
 オスプレイは垂直に離着陸する機能と、飛行スピードの速さ、航続距離において圧倒的に優れている。
CH46という従来のヘリに較べたら、行動半径は4倍以上、空中給油を一回しただけで8倍の距離を飛ぶことが出来る。
沖縄を基地とすれば、尖閣は勿論のこと、中国は上海まで、韓国のソウルまでとんでいける。倍の兵士と6倍の貨物を積んで飛行できる。災害救援にも離島防衛にも人道支援にもこんな頼もしい飛行機はない、ということ位素人でも理解できる。
反対運動の人々は事故率を上げているようだが、兵器というのは押しなべて初期はいろいろのトラブルが起きる。すべて時間とともに解決していく。実戦配備してからのオスプレイ事故率は10万時間当たり1.93回、現在使われているヘリコプターCH53Dの4.15よりもはるかに低い。騒音も従来機より6倍も静かなのだ。

 そうした客観的データーを無視して、とにかく反対反対という人たちの感情論が理解できない。
 中国は尖閣は核心的領土といい、沖縄すらも領土だと言い放っている。北朝鮮は日本の米軍基地が目標だと
ミサイルをむけている。日本人は日本の米軍基地は日本なのだ、ということが理解できていない。
 オスプレイが配備されることを最も嫌っているのは中国と北朝鮮、オスプレイ反対の人たちはひょっとして中国共産党の回し者かと疑ってしまう。
 いい加減にオスプレイ反対ごっこ、万年野党ゴッコから、メディアも庶民も卒業すべきだろう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 09:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする