2017年03月18日

アメ車は何故売れない

アメ車は何故売れない

 トランプ大統領から安倍さんは、アメ車を買え、アメ車を売ってくれ、とかなり強硬に言われたと伝えられる。が日本では外車といえばドイツ車が圧倒的人気で、その筋の方から大病院の院長先生までメルセデスに乗っている。昨年の輸入外車ランキングでも、一位がベンツ、二位BMW、欧州車がずらりと並び、アメ車はフォードの15位がやっとという現状なのだ。

 アメ車は大きい、アメ車は燃費が悪い、アメ車はすぐ壊れる、といった昔から確立した都市伝説を打ち破るのはかなり困難だ。それでも無駄に大きくて、かっこいいからアメ車だという人は、親不孝者か自称ロッカーにはいる。

 思えば一面焼け野原になった東京を、埃を上げて走っていたのはアメ車だけだった。多くは兵隊たちの乗るタフでごついジープだったが、たまに駆け抜けていくシボレーを眼にすると軍のなかのエリート、高級将校がふんぞり返っている姿を想像した。どうしてもキャデラックを見たいという自動車狂は、お濠のまえの連合軍総司令部、接収された第一生命ビルの周りをうろついてようやく遭遇した、あれは将軍に違いないと翌朝自慢げに吹聴していた。

 スカイブルーと白のツートンに塗り分けられたシボレーに遭遇すると、そこにハリウッドやニューヨークの摩天楼がダブった。日々の食に追われていた日本人にとって、アメ車は思い届かない文明のシンボルだった。

 それがいつの間にか厄病神のように言われ、誰も買わなくなったのは、時代の趨勢を読み違えたシカゴの自動車メーカーの人々ではなかったか。今のアメ車は燃費もよくなり、車体もコンパクトになっているのだが、堅牢度や取り回しの面でユーザーのライフスタイルに心を尽くさない、いいから買えという姿勢では日本人は買わない。

posted by Kazuhiko Hoshino at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする