2017年08月22日

いま「海の駅」が注目されてる。

いま「海の駅」が注目されてる。

 道の駅ならぬ海の駅が160駅もあることを知らなかった。
 道の駅はどこへ行っても、野菜市場が主役で片隅に簡易食堂がついている、というのが定番になっていて、ごくまれに東京のお笑いをよんでイベントなどをやっている。
 軽井沢にも発地市庭という道の駅がある。発地地区という農業中心地に作られたのだが、地元農協との話し合いが不調となり、南佐久のほうの業者が乗り込んで運営している。地元の農産品を売ったり、地元民に商品流通のノウハウを体得してもらったり、道の駅の役割はあると思うが、町民の税を投じて立派な施設をつくっても、他町村の業者にあっさり渡して帳尻合わせをするあたり、いかにもの軽井沢である。

 ところでいま「海の駅」が注目されている。瀬戸内から九州にかけて多くの海の駅があるが、首都圏にも千葉に優れた海の駅がある。「きょなん・ほた海の駅」である。
 お約束の海鮮市場には房総の海の幸が並んでいる。お土産には事欠かない。
お食事処ばんやには、定番の握り寿司からお刺身定食、郷土料理、珍しくもクジラの陶板焼きがある。のんびり食べていたら、シーシェパードに見つかって狙撃されないか、と心配しながら食べるクジラも嬉しい。
 温泉もある。ばんやの湯と云い炭酸泉の美人に効く風呂である。海の駅では沖まで行って定置網漁の体験見学もできる。
 遊覧海中透視船というフナ底が透明の覗き遊覧船まで整えてある。子供たちの夏休み日記に絶好の素材なのだ。
 ディズニーランドよりはるかにコスパに優れた海の駅なのだ。

 船やヨットで訪れても40隻までは停泊できる。日帰り30ftまでは2000円、50ftまで3000円、それよりおおきくなったら5000円、と大変リーゾナブルである。宿泊もできる。
 道の駅はそんなに遊べないが、海の駅はいろいろに楽しめる。いま政府が必死になって推進しているIRのカジノへいくより、海の駅にいったほうがよほど健康で楽しいと思うが如何。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする