2017年09月09日

怖い女いろいろ

怖い女いろいろ

「敵に回したら怖い女」という特集に眼が止まった。
 なにも今更のようにいわなくとも、すべての女性は敵に回したら怖い、というのが経験則である。たまに心優しく、とことんいじらしく怖くない女もいるが、そんな例は夢のまた夢、マリア様の奇跡に感謝しなければいけない。

 10位はデヴィ夫人、元祖魔性の女と書かれていたが、いちいちお金がからみそうなところが恐ろしい存在だ。
 9位には桜井よし子、 頭が良すぎて息苦しい、理路整然とした家庭生活を送らねばならない。
 8位は上沼恵美子、圧倒的迫力の大阪のおばちゃん、この人の旦那が偉い、というべきだろう。
 7位に上西小百合、女に嫌われる女、みんな引いている。
 6位は和田アキ子、足で踏みつけられそうな恐怖の女である、とあった。
 5位はマツコ・デラックス、これには反対、オカマは女とは異なる女なので、比べてはいけない。
 4位には吉田沙保里、腕力ではとても敵わないが、見た目で怖い女というのは賛成できない。
 3位は豊田真由子、東大出てても下品な女はいる、ということを広く知らしめてくれた功労者だ。
 2位に小池百合子、無駄ずかいさせたら限なく金を使う、口では勝てない怖い女である。
 そして輝く第1位は松居一代、女性を怒らせたらここまで行く、という見本を見せてくれた第一人者。

「このところまずい飯をたべている」と自白した斎藤由貴などは、怖い女を超えた愛すべきフリン主義者というべきか。
posted by Kazuhiko Hoshino at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする