2017年09月19日

電柱だらけの避暑地

電柱だらけの避暑地

 2016年12月にようやく「無電柱化推進法」が通った。
 これでこの国の街並みも先進国並みに風景になるめどがついた。 カメラを向けるとよくわかるが、都会の風景は東南アジアの後進国の景色と酷似している。どこにいっても電柱、電線が威張っている。
 軽井沢も優れた別荘地と自称するが、電線が森の中まで入り込み、さらになにやら黄色いビニール状のものに包まれて、森の緑をぶち壊す。軽井沢銀座と称する商店街も電線だらけだ。電線、電柱のある風景は後進国の象徴みたいなもので、リゾートとしていちばん先に解決すべき問題だと思うが、行政の思いは低く、100年計画などという荒唐無稽な計画には熱心だが、頭の上にぶらさがつている電線、電柱には無反応という恐ろしいことになっている。

 学生時代、ドライブをするとすぐ電柱のまえで止まる仲間がいた。かれはアメリカンな大きな車にのっていたが、電柱のまえにくると止まるのだ。それも広告看板のついていない電柱のまえで止まる。そのあたりの人通りをチェックし、陽当たり具わいをみ、周りののビルや家並みをみて車に戻ってくる。
 電柱会社へ広告発注する下調べなのだ。かくて東京の繁華街や裏通りの電柱は、「美容整形」の看板に占領された。 いま彼は日本一の美容整形病院の院長になっている。

 かって電柱はコールタールにまみれた黒い電柱だった。その電柱には××小児科病院のブリキの腹巻やら、生徒募集・柔道教室・この角右へ などと近所のコミュニケーション・ツールとして活用されていた。
 その上に無造作に「乳もみれうじ」やら「ドモリ30日矯正」のビラが貼られていた。その電柱に貼られた一枚のビラから、ドラマをつくつたこともある。脚本は寺山修司だった。

 いよいよ日本中から電柱がなくなるメドはついたのだが、全電柱地中化まで何年かかるか、そのときの喜びには出会えないだろう。
 その時いちばん困るのは近所の犬たち、オシッコの目安が突然にきえてしまったのだから……。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする