2017年09月29日

小池百合子に於ける爺転がしと終着駅

小池百合子に於ける爺転がしと終着駅

 小池百合子がとうとう仮面を脱いだ。
 いままでも政界の爺殺しとして、つとに評判は高かったのだが、東京都知事になって以来の彼女の手口がバレバレになり、希望の党に逃げ込んだのが真相のようだ。

 豊洲は活かし、築地も生かす、といった発言は、何千億かのむだ金をつかったあとで、ようやくたどり着いた愚策だ。小渕・森内閣において経済企画総括政務次官をつとめた人の方針とは到底おもえない。オリンピック会場問題でも、あちこちにいって思わせぶりの発言をかさねた上で、なにも変わらなかった。首都高建設の計画もストップしたまま、すべてとっ散らかしてすべては無駄ずかい、イメージ作りだけのポピュリストではないか。その面からは、ヒトラーとトランプに共通したパフォーマーともいえる。

 彼女の政党遍歴を見てみよう。壇ノ浦の八艘飛びならぬ、霞が関の七艘飛びなのだ。
 日本新党から新進党、新進党から自由党、自由党から保守党、保守党から自由民主党、自由民主党から都民ファーストの会、都民ファーストの会から希望の党、……。お見事としか云いようはない。この間、細川護熙から小沢一郎、そして小泉純一郎と政界爺転がしをしてきた。そこで得た役職は総務政務次官を皮切りに、経済企画政務次官、環境大臣、内閣府特命大臣、防衛大臣、そして自由民主党総務会長であり、広報本部長だった。この経験の総てが生きて東京都知事になったのだが、彼女の野望はどうやら日本最初の女性宰相にあるようだ。

 民進党の解体なだれ込みにたいして、希望の党はひとりひとりの身体検査をしたうえで認めると発言している。憲法改正、安保法案、原発廃止をバリアに受け入れると伝えられるが、連合左派の丸抱えできた民進党のメンバーがどこまで入党を許されるか、それが問題だ。
 大儀大儀と連発しながら、政治家の就活運動ほど、醜く滑稽なものはない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする