2017年10月21日

韓国軍の蛮行・ライダイハンの真実

韓国軍の蛮行・ライダイハンの真実

 「日本の慰安婦問題を国際問題化しようとする文在寅大統領に巨大なブーメラン!」
 韓国人の執念は世界中に少女慰安婦像をつくり隣国日本を貶めることだ、というが、今あまりの醜さにブーメランに見舞われそうになっている。
 イギリスのピーター・キャロルを中心にベトナムにおける韓国軍兵士の蛮行を世界に知らしめる目的で、「ライダイハンのための正義」という市民団体が結成された。
 この団体は「ベトナム戦争において韓国兵士からの性的暴行に遭った女性たちが過酷な人生を送って」いう事実を検証するためイギリス議会に調査委員会設置することを求めている。
 彫刻家レベッカ・ホーキンスさんは被害女性とその子供たちによる「ライダイハン像」を制作し、在ベトナム韓国大使館前に設置して世論喚起しようという計画が進められている。
 日本軍の少女慰安婦像をつくって世界中にばらまいている間に、肝心の韓国人による蛮行を忘れていたためのブーメランがやってきたという構図である。

 ベトナムでは、多くの村々に「ダイハンの残虐行為は忘れない」という碑が建てられ、あの韓国軍の非道は決して忘れない、と主張する人々がいる。
 韓国の歴史学者ク・スジョン氏は当時の資料をベトナムから入手し検証している。
 例 ★老人、子供、女性を一か所に集め、機関銃を乱射して殺戮した。
   ★女性を強姦しながら拷問にかけ、その後殺害した。
   ★妊婦の腹を踏みつけ、胎児が破れ出るまで拷問にかけた。
   ★村人全員をトンネル内に追い詰め、しかる後毒ガスで殺した。……等々
 ニュース・ウイーク誌には報道されたが、韓国国内では一切報道されず、ベトナム戦に従軍した退役軍人たちは「俺たちは国家のために戦った。戦友を冒涜するな」とこれを報じたハンギョレ新聞社におしかけ、社屋機材の破壊蛮行に及んだと伝えられる。

 韓国大統領文在寅は、これらの事実にたいし一切公式の謝罪はせず、賠償も知らん顔、それにふれることすらせず、ひたすら日本軍の従軍慰安婦問題だけをあげつらっている。
「ライダイハン」とは、韓国兵がベトナム女性に産ませた子供たちのこと、2万人から3万人いるともいわれている。
 従軍慰安婦問題に熱心な韓国人と韓国政府、そして朝日新聞はこのことにたいし、どのような態度をとるか、興味がもたれる処である。ケント・ギルバート氏は「韓国はベトナム女性に謝罪する像」を建てるべきと主張している。
posted by Kazuhiko Hoshino at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする