2017年11月20日

埴輪ルックの冬が来た

埴輪ルックの冬が来た

 突如、冬がやってきた。
 天気予報は、軽井沢・最高4度/最低−3度とんでもない数字を告げている。

 まず外出するときの服装から、生活を組み立て直さないといけない。毛糸のセーターは何処に、多分明日からコートを着なければならないので、どれにしようかな。
 下着はユニクロのヒートテックでオーケーである。スラックスはごく当たり前のウールだが、撮影行にはジーパンをはくのでさほど問題はない。トップスはグースのダウンを着込めば温かさを保証してくれる。それ以外は手袋、目的別に皮乃至毛糸で対応できる。
 いちばんの問題はスラックスの下である。永らくタイツを履いていたが、暖かすぎて風邪をひいてしまうことがままあった。何かないかとさがしていたところ、LOFTで見付けた。
 エステティシャン高橋ミカ・プロデュースと、わざわざ断り書きのある「レッグウォーマー/シルク×綿」…薄手で軽い着用感なのにしっかり暖かい、と注釈がある。これはひょっとしてと足を通すとなるほど軽くて暖かそうだ、一年中冷え知らず温活美容とかいてあるのには、どことなく男無用の響きもあるが膝の上下空間だから関係なかろうと、今シーズンはこのレッグウォーマーの世話になってみようと思っている。

 さて寒い軽井沢の今頃からは、ハニワ・ルックの高校生たちが町を歩きだす。都会のJKなら膝小僧の露出にこだわって、制服のスカートをたくし上げハイソックスとのコンビで膝の若さを強調するところだが、北国のJKは暖かさ追求が第一義で、ファッション・センスは置いてけぼりになる。
 制服のスカートのしたにジャージやジーパンを堂々と穿きこみ、埴輪そっくりのシルエットになる。
 浅間山が白いコートに覆われると、ああいよいよ始まるハニワ・ルックのシーズンと、伯父さん達は想像するのだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする