2018年08月23日

長野こども自殺日本一

yjimage8CAOH0FJ.jpg

 長野県の子供の自殺率が日本一になつたと発表された。
エッ!ナガノと思わずもらしてしまったが、海のないこの長野で自殺率が高いというのはどういうことだろう。

 未成年の自殺原因としては、先ず第一に学校問題、学業といじめが予想できる。 まず学業で予想されるのは「先生」の問題だ。
 県立公立の小学校の先生は、長野では圧倒的に多いのは信州大学教育学部の出身者である。なかには素晴らしい先生もいるが、おおかたの評判では先生のシツがよくない。教育技術の問題もさりながら、人間的な魅力に充ちた先生が圧倒的に少ない。
 そのうえ、いわゆる左派系の教師が多く、入学式、卒業式では下を向いていて国歌をうたわない先生が多い。これでは国を愛する故郷を愛する国民が生まれる筈もなく、中途半端な反日日本人ができてしまうばかりである。朝日の反日自虐史観が、義務教育の教師たちの脳を犯している。 子供のストレスを受け止めるどころか、返って子供にストレスを与えるような教師が多いのだ。

 第二には「いじめ」の問題がある。生活環境の違いからくるイジメ、経済格差のもんだいもある。本来農業県である山国長野に、自然をもとめて移住してくる都会人があとをたたない。田舎への基本的理解がなく、東京の片隅の消費文化にどっぷりとつかったまま山国長野にやってくる。 地元の子供は川に入ったり、山登りを楽しむが、都会からきた子供はお金をだしてアイスリンクだったり、ボーリングではなじめなくて当たり前、原因は親たちにあるが、なんでも金銭で解決を図ったり、謙虚さのない女子大出の親たちでは、こどもに際限のない悩みをつくりだす。

 県では若者自殺対策県PTを発足させ、自殺要因の分析と対策をたて、2022までには未成年の自殺を0にすると掲げているが、まず手始めは無料通信アプリLINEで相談に乗る事業ときいてはどこか違う。地元佐久のNPO法人では電話相談のボランティアを募集しているが、まずその前に1万2000円の養成講座を受けろといっている。子供の悩みと引き換えのレッスン産業では、とても自殺志望者を救えないとおもうが、これも取り越し苦労か。

 自分の言葉で子供の性の悩みや、親の離婚を説き伏せる大人が育たない限り、子供たちの自殺は無くならないだろう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする