2018年10月13日

いつまで韓国に謝りつづけるのか

いつまで韓国に謝りつづけるのか

 韓国済州島で行われた国際観艦式でのこと、韓国は日本軍艦の旭日旗掲揚を拒否してきた。
 旭日旗は海上自衛隊の軍艦旗であり、海自は世界中どこにいくにも国連海洋法条約にもとずいて、日の丸旗と旭日旗を掲揚してきた。
 その旗について掲揚するな、というのは内政干渉もはなはだしい。当然の答えとして、海上自衛隊は国際観艦式への参加をとりやめた。
 けだし当然の処置とおもうが、韓国側は遺憾の意を表明した。内政干渉してきて遺憾の意とは、盗っ人たけだけしいが、このことは文在寅大統領の反日、反米、親北の政策反映に違いない、と消息筋は伝えている。

 アメリカのポンペイオ国務長官が、韓国の外務長官を怒鳴りつけたと、外電が伝えている。
 南北協議の席で、南北軍事境界線上の空域の飛行禁止を決めたというのだ。韓国安全のため米空軍が日夜軍事境界線上を飛んでいることはしっているだろう、その事実に対し韓国はなにを考えているのだ、というわけでアメリカの怒りが爆発した。
 ミサイル迎撃地上配備システム「サード」の配備を拒否しているあたりも、日本のイージス・アショア反対の秋田、山口県知事にも似た始末の悪い文在寅大統領である。国防を全面的にたよっている同盟国のアメリカに対し、韓国のその態度はなんだ、という怒りである。

 ひたすら親北の文政権は経済政策のことごとくで失敗している。枝野立憲民主党のかかげる経済政策とまったく同じ、金融緩和をせずに最低賃金のみを上げるのでは、中小企業はみな根を上げて次々と倒産している。
 一部の財閥系企業だけが潤い、学生はますます財閥系企業をめざす。財閥とそれ以外には強烈な差別が生まれ、富の格差はますますひらくばかりだ。それでもひたすら反日に走り、老元慰安婦と称する女をひきまわしている。

 石橋湛山首相は、「かっての日韓合併時に朝鮮半島は棄てておけば良かった」と喝破したが、全くその通りで、禿山を緑にしたのも、橋をかけたのも、学校を作ったのも、すべては頼まれもしないのに、かってに実行した日本が悪いのだ。  
 ……韓国人には永遠に日本人の思いはとどかない。


posted by Kazuhiko Hoshino at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする