2019年05月13日

偉人に反映する中高生の危機

28590cfaa92d7ee650a526d37754f804.jpg

 中高校生が選ぶ令和の教科書に載せたい偉人・ベストテンである。
 ❶イチロー ❷北野武 ❸HIKAKIN ➍羽生結弦 ❺山中伸弥 ❻大谷翔平 ❼米津玄師 ❽大坂なおみ ❾藤井翔太 ➓宮崎駿
スポーツ選手4人、芸人1人、ユーチューバー1人、学者1人、シンガーソングライター1人、将棋指し1人、アニメ1人 である。
 この人選をみて今時の若者は素晴らしいと感じる人をさがしだすのは、かなり至難の業ではないだろうか。

 筆者も中高生のころ、皆で偉人えらびをしたことがあった。
あの頃出てきた名前は、聖徳太子、豊臣秀吉、紫式部、貝原益軒、野口英世、福沢諭吉、東郷元帥、松尾芭蕉、夏目漱石等だった。

 当時アメリカの子供達にとっての歴史上の偉人は、という調査で「ウオルト・ディズニー」が第一位という記事を目にして、皆で大笑いをしたことを思い出した。

 いずれにしても歴史上の偉人というからには、子供たちの将来にとって有益な人物、信頼できる人物、尊敬に値する人物でなければならないし、未成熟な子供に対する教育の影響が大きいのは当然だ。日本の子供をアメリカ人にしてどうするのかという問題だ。
 この偉人ベストテンを見て、一番恥じ入るのは教育者でなければならない。恥ない教育者がいたら、教育体系の基本が間違っている。
スボーツ、お笑いが上位にくるような教育をしていたらこの国は必ず滅びる。
 文部科学省は全力をあげて、教育の内容を検討すべきと思うが如何。
posted by Kazuhiko Hoshino at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする