2019年07月01日

「水無月」のお菓子

d9da4865-e851-4f7f-9603-84f48a71803b.jpg

 6月30日には否応なしにたべなければならない。
相方は虎屋さんでしつらえた「水無月」をもってかえってきた。

 「水無月」とは、ういろうの上に小豆ののった行事菓子である。
この菓子を食べてきたり来る夏に供える。夏バテを防ぐ意味と、それまでの罪や穢れを落とすという両面の信仰がこめられている。室町時代のころには宮中で行われていた行事にちなんでいる。宮中では「氷」をたべていたが、当時の氷はとても高価で庶民には手がでなかった。そこで氷ににた三角のういろうに魔除けの小豆をのせて食べるようになったと伝えられている。

 軽井沢には「水無月」をつくっている和菓子やさんはない、仕方なく赤坂までいくのだ。

 この日神社では大きな茅の輪をつくり、茅の輪くぐりをする。8の字に3回くぐると千歳の命がのびるといわれる。そんなこと知らなかった舞妓ちゃんが、神妙な顔で祇園さんにお参りしているのは、なんとも微笑ましい。
 茅の輪も軽井沢では見ない。やはりキリスト教が入ってきたため、神社における信仰行事が弾圧されたのかもしれない。なにしろ日曜日に店をあけていると、安息日だから閉めろ、と牧師にいわれ、表は閉めて裏口で営業していたという町柄なのだから。

 近年の乱暴な暑さにたいし、学校の冷房は結構だが、夏越しの祓いのような伝統行事も子供たちには知って欲しい。日本人の自然との付き合い方がここに生きている。
 20本の国旗を並べたらその前に大きな茅の輪を造るべきなのだ。これが日本だから。
posted by Kazuhiko Hoshino at 05:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする