2019年07月26日

「魔の三回生」をたたき直せ

yjimage.jpg

 「魔の三回生」という呼称がひとり歩きしている。
第46回衆議院議員選挙で初めて国会に登場してきた、極めて劣悪な先生方のことである。バブル世代に生まれ、その後の失われた時代の教育を受け、若くして役人生活を送ったり、社会の若きリーダーと自負してきた連中である。
 当初116人も当選したが、次々とメッキが剥げていまでは7割方に減少している。

 「魔の三回生」最近のゲスなスキャンダルを列記する。
  ❶武藤貴也・国会議員枠で未公開株が手にはいると詐欺を働く。少年売春の疑いあり。
  ❷中川俊生・妻子がいながら愛人とハワイで結婚式を挙げ、その写真が流出した。
  ❸豊田真由子・このハゲー!!! 想像を超えたパワー・ハラスメントで秘書が泣く。
  ❹中川郁子+門博文・不倫路チュー写真がばら撒かれた。
  ❺務台俊介・被災地視察に長靴持参せず水溜まりをオンブされて視察。
  ❻橋本英教・選挙手伝いの中国人女性と議員宿舎をラブホ使用。重度のアル中。
  ❼大西英男・喫煙中毒、失言症候群
  ❽穴見陽一・重度の失言症候群
  ❾宮崎健介・国会議員の妻出産中の不倫事件。
  ➓池田佳隆・買収、事前運動マニア
  ⓫加藤寛治・結婚式でのセクハラ発言。
  ⓬国場幸之助・ガールズ・バーで大暴れ。
  ⓭石崎徹・秘書いじめの日常化。

 みんな一流大学をでて、お役所では働き盛り、そこそこのエリートがこのテイタラクとは。この世代のすべてに巣食っている社会の病根なのでは。 モラル教育を徹底的にやり直すか、徴兵制度を復活して再教育をやらなければ、この国が腐っていく。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする