2019年09月29日

バカップル! 進次郎とクリステル

進次郎滝クリ.jpg

 小泉進次郎と滝川クリステル……令和最初のビッグ・カップルは、ジェットコースターに乗って、人気下降の坂道を転げ落ちている。
 いつも自らをケネディーになぞらえていた進次郎は、中味不在の玉ねぎ政治家だったことがばれ、斜め45度の女子アナ滝クリも見栄っ張りのオバカがばれ、軽井沢高原教会での挙式にいたって、ついに普通のバカップルだとレッテルを貼られてしまった。

 結婚によってこれほど人気の堕ちた政治家をみたことない。二人ともがあまりにもメディアを相手にパフォーマンスをしてきた過去からしっぺ返しを受けたということだろう。
 環境大臣になった進次郎は、前大臣がやっとの思いで口にした福島汚染水の海洋投棄について、世界の原発国が総て海洋投棄で対処しているという事実をとばし、すべての福島難民に寄り添うと口当たりのいい美辞麗句で現地訪問をした。
 福島原発の汚染水を心配する良心にとって、この大臣はダメだ、真実に向かう勇気も度胸もなく、ただ目の前の国民に媚びる尻軽政治家と認識された。

 国連の環境会議に出席し、日本の石炭火力のCO2削減についてどう対処するのかと質問を受け、「……この問題は楽しく、クールに、セクシーに処理していかねばならない。」と答え、世界中の人々を?マークに追い込んだ。環境庁の役人からよほどシカトされ、なんのレクチャーも受けずにニューヨークに行ったのかと思ったが、そうではなく単純に勉強しなかっただけと聞いて、二度あきれ果てた。

 選挙区の50代の女性は「もう少し勉強して発言してくれたらよかったのに……」と苦笑していた。
 令和のビックカップルは、ただのバカップルだったというお粗末な事件であった。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする