2019年11月18日

クリスマスはヴッシュ・ド・ノエル

パリブッシュドノエル.jpg

 日本ではラーメン・コンテストとご当地B級グルメ争いが盛んに開かれる。
 フランスは食べ物のコンテストといえば、毎年決まったようにエリゼー宮に届けるバケットと、チョコレートのコンテストが開かれる。それにコンテストではないが、9月初めに一斉に発表されるクリスマスのためのヴッシュ・ド・ノエルがパリジェンヌ達の話題になる。

 12月の雑誌のグラビアや話題になるためには、9月に発表しないと、締切に間に合わないという都合もある。今年のクリスマスのために、といっても丸いカタチのホールケーキはパス、丸いクリスマスケーキは、お子様ようのケーキであって大人の味覚、感性に対応したケーキとはみなされていない。
 話題になるのは伝統的なヴッシュ・ド・ノエルのみで、高級ホテルやら有名ショコラティエ、パティスリーで発表会が開かれている。

 プラザ・アテネ、ムーリス、ジョルジュ・サンク、ホテル・リッツ、マンダリン・オリエンタル、などの五つ星ホテルからピェール・エルメ、クリストス・ミシャラク、セドリック・ゴレ、ピエール・マルコニーニなどの作家たち、あるいはラ・デュレやコレット、プーシキンなどのパティスリー、バリ市内だけでも数十ヶ所でヴッシュ・ド・ノエルのプレゼンテーションが開かれる。

 チョコレートplusワンだけのシンプルなケーキ、あるいは作家のモチーフにこだわったキツネ型、グレーカラーに星だけ、月のかたちの四重唱、アートアートの前衛派、ヴュシュにチョコレートのリボン等々、シンプルな伝統の造形にほんの少し大人のセンスを加えたものが圧倒的に多い。
 グルメ記者たちは見た目だけではなく、食べた印象まで記事にしなければならず、糖尿の危機にさらされなかせら、ヴッシュからヴッシュへと飛び回っている。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする