2020年01月08日

祇園甲部の始業式

祇園始業式.jpg 

 日本一艶やかな始業式が開かれた。
 祇園甲部の始業式は1月7日である。吉祥文様の裾模様をみせた黒紋付のお姐さん方と、赤い帯揚げの舞妓さんたちが一堂に会する。
 始業式はあっても、終業式や卒業式のない祇園町の歳の初めの通過儀礼である。

 まず芸妓、舞妓の誓い、五か条の誓文を揃って読み上げる。
壱・私たちは常に美しく優しく親切にいたしましょう。
壱・私たちは祇園の伝統を誇りとし、心の修養につとめ、技芸の習得に励みましょう。
壱・私たちは善良の風俗をみださない様、清潔でありましょう。
壱・私たちは京都の国際的地位を認識し、新知識の吸収に意を用い、視野を広めましょう。
壱・私たちは常に良き風習を作り、皆さんから愛せられましょう。

 昨年もっともよく働いた売花奨励賞、技能優秀賞など、好成績の芸妓、舞妓、お茶屋が表彰される。成績優秀の芸舞妓さん方はあちこちで評判となり、「いっそうお気張りやっしゃ」とほめそやされ、さらに頑張るのだ。
結びは井上八千代家元の地唄舞「倭文」、天鈿女命の岩戸舞に三番叟の型を取り入れた井上流の秘曲で舞納められる。

 厳粛のなかの艶やかな始業式である。
 「おめでとうさんどす。ことしもよろしいにおたのもうします」
posted by Kazuhiko Hoshino at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする