2020年02月02日

地図にない小さな旅・城南五山

旧島津家本邸.jpg
御殿山庭園人工滝.jpg

 東京の山登りと言えば、多くの人は高尾山をさすが、そんな遠くにいかなくとも山手線のなかで山登りはできる。
 目黒から五反田、品川にかけての山手線内に、城南五山と呼ばれる江戸から明治にかけて文化の香りを遺している山がある。
 御殿山、八ッ山、島津山、池田山、花房山……城南五山と呼ばれている小さな山々だ。そこは田園調布、自由が丘、成城、松濤、見附などが憧れの住宅地として登場する以前の、東京の高級住宅地であった。武蔵野台地が東京湾に張り出したちいさな台地こそ、殿様や高級官僚ゃ財界人が眼をつけて贅を費やした山だった。

 「御殿山」とは徳川将軍家の御殿があったことに由来している。。目の前に東京湾を望み、桜の名所でもあった御殿山は三代将軍家光がことのほか気に入り、頻繁に訪れていたと伝えられる。
 嘉永6年のペリー来航で慌てた幕府はこの山を削り品川沖にお台場をつくった。広重名所江戸百景御殿やまの絵に削り取られた御殿山の悲しさがのこっている。 御殿山公園の煉瓦で組まれた人工滝は一見の価値がある。
 「八ッ山」には明治の元勲伊藤博文邸があった。江戸城の普請、とくにお濠の整備に使われたのが、八ッ山の土だったといわれる。
 「池田山」は岡山藩主池田公の下屋敷で、そこにある池田山公園の池はパワースポットとして都市伝説に登場する。
 「島津山」には鹿鳴館やニコライ堂を建てた英国人建築家コンドルによる旧島津家本邸ルネッサンス様式の素晴らしい建築がある。現在は清泉女子大学の施設となり、春秋二回見学ツアーが催されている。
 「花房山」はかの本能寺で散った森蘭丸の出自である播磨の国三日月藩森家の上屋敷があった。目黒川を見下ろしている。

 たまには忘れられた東京の城南五山を巡るのも一興かもしれない。地図にない東京の小さな山である。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする