2020年09月27日

Black Lives Matter に注意すべきこと

blm.jpg

 アメリカ在住の友人から電話をもらった。
 「BLMの運動が激しくなってとても困っている。せっかく能力のない黒人に同情して雇っていても、チエンジできない。うっかりチェンジしたら、あのオーナーは黒人を差別している、とBLMの標的にされ、焼き討ちに会いかねない。ついこのあいだまで仲良く人種混在のアメリカだったのに、トゲトゲしくてアメリカではなくなってしまった。」というのだ。
 能力による区別がすべて差別だと焼け打ちにあってはたまらない。
 ついこの間も、デモがあるから試験をずらせという黒人学生にたいして、試験は予定通りと教授が応じたところ、黒人差別だと学内運動がもりあがり、教授が首になってしまったという、とんでもない事件があった。

 BLMのニューヨーク地区の指導者ホーク・ニューサムがFOXニュースに出演したさいの発言がある。
 「アメリカが我々の要求に応じないなら、我々は現在のシステムを焼き払う」 と。これはもはや黒人解放運動の粋を逸脱した暴力テロ集団ではないか。

 バスケ界の神様マイケル・ジョーダンが発言している。
 「我々は警察に感謝しなければならない。破壊と混乱に組する#BLMに反対する。」メディアと一部黒人の支持するBLMに、はっきりと反対の意思をしめした。
 彼こそ常識ある本物のヒーローだ、という声があがっている。

 BLMは極左暴力集団でテロリストである。
 BLMはアジアの差別についてはなにもいわない。
 BLMは中国共産党のプロパガンダであり、その資金によって動いている。 という報道に我々は注意すべきだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする