2020年11月28日

寺山修司 VS. 中田喜直

木の匙.jpg

 寺山修司に再会した。
 中田喜直没後20年の記念コンサートで、かってお二人のつくった作品「男と女のモノローグによる詩的オラトリオ・木の匙」の演出としてのこと。
 喜直先生の作品とは昨年真理ヨシコ・コンサートで遭遇し、中田喜直のメロディの深さをあらためて味わった。

 寺山修司の作品とは、1969年に書き下ろしてもらった「ミュージカル・涙のびんずめ」以来のこと。
 うれし涙から悲しい涙、ひとりぼっちの涙まで、いろいろな涙を売っている「涙のびんずめ」屋が舞台だった。ポスターを描いてくれたのは、若き日の横尾忠則さんだった。

 俺は汽車のなかで生まれた。だから故郷は汽車のなか……そんな言葉を口にしていた寺山らしく、男と女のはざまに吹くさびしさについて描かれている。男と女の存在について、あたり前のむなしさが主題になっている。
 夏がくると妻を置いて旅に出たくなる男、悲しくなったときは海を見に行く女、人生はいつか終わるが、海だけは終わらない。 ひとりぼっちの夜も海を見に行く。
 寺山修司の斜にかまえた人生観と、中田喜直の真っすぐな作曲がアヤをなした作品だった。

 ウィーン育ちの田口久仁子・田口宗明夫妻の演奏も味があり、ピアノの織井香衣さんの言葉と効果にたいする神経が繊細で嬉しかった。
 中田喜直夫人が、「いままでこんなに良い作品だとは思わなかった」と呟いていたので、多分上演は成功だったのだろう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする