2021年03月30日

軽井沢ブランドを使うなという町長会見

軽井沢町ロゴ.png

 久しぶりに軽井沢町長の記者会見がニュース番組に登場した。
 コロナ発生以来、泣かず飛ばずのマスコミ大好き町長のことだから、さぞ清新なコロナへの救済策が発表されるのかと期待していたら、肩透かしをくった。
 会見の内容は、軽井沢に本社、営業所のないメーカーは、商品に「軽井沢」の名前は使用するな、という内容。コロナのさなかなんともピント外れの記者会見である。
 一見もっともなようだが、軽井沢の土産物でどれだけ町内で作られているのか、考えてみた。
 軽井沢の名前を冠した商品の八割は、軽井沢の外でつくられている。
 そうした現実が町長は判っていない。名称使用規制を引いた途端、店頭から軽井沢の名の商品の8割は消えてしまう。それが現実である。
 軽井沢の地元に優れた商品の開発力があれば、主張するのも結構だが、開発力もなく自己主張しても高踏無芸のそしりを免れない。

 バブルに踊っていた四、五十年前、軽井沢の周りは軽井沢だらけだった。
 峠の下の下仁田町には東軽井沢があった。西の御代田町には西軽井沢があった。いまではそのまま御代田町西軽井沢になっている。群馬県北軽井沢の奥には奥軽井沢があったし、山奥のゴルフ場は南軽井沢としょうしていた。
 不動産業者のたくましさには少しばかり呆れはてつつも感動的であった。こうして町内の地価を上げるに任せ、ニヤニヤしていたのが行政である。

 長野では善光寺のごとく、門前町に支えながら善光寺の名前を使うな、というカン違いのお寺さんもあるが、どうも足元をみずして権利を主張する悪い因習がはびこっているようだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治を持ち込む春の高校選抜

きょうと国際.jpg

 春の選抜高校野球もようやく決勝をむかえようとしている。
 が不思議なことがある。本来純粋なスポーツイヴェントであるはずの選抜に政治が持ち込まれている。
 主催者が意図的にそうしているとしか思えない。高校野球連盟と毎日新聞社が犯人であることはあきらかなのだ。 

 永年、選抜は見ているが、耳なれない学校が登場した。
 「京都国際高校」である。新しい学校が御多聞にもれず宣伝のために野球強化に乗り出したのかと思っていたらそうではなかった。
 朝鮮人学校が京都国際高校に衣替えしたというのだ。 ところがこの学校は校名こそ日本の学校になったが、校歌は韓国語、その上韓国政府のプロパカンダをそのまま校歌として、日本海を否定し東海(トンヘ)と歌いあげている。
 高校野球にあらかじめ政治を持ち込もうとしていることが明確なのだから、主催者はなぜ拒否しなかったのか、そこが不思議である。主催者は韓国の工作隊としか思えない。

 京都国際高校が初戦で勝利したとき、「韓国語の校歌が日本全国に鳴り響いた」と韓国メディアは大騒ぎしたと伝えられている。
 香港、ウイグル問題など全世界が関心をよせている中国の人権弾圧にもふれず、北京北京と煽り立てるこの国の大手メディアは何故こんなにも偏向しているのか。尖閣への侵攻まじかと言われながら、一向に対抗戦力を充実させようとしない野党と公明党は、中国共産党の支配下にあるのだろうか。疑わざるを得ない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

視聴者が消えていく

民放各局.gif

 民放各局が春の改変期を迎えた。
 世間では「地上波の時代は終わった」と言われ見放している向きも多いが、一時でも同じ釜の飯をくった仲間として各局何を考え、何をどう変えていくのか、そんな動向をのぞいてみた。

 司会者の話題では、22年続いていたフジの小倉智明がやっと司会の座を降りることになった。10年遅かったというべきか。
 不調のTBSでは、落語家の立川志らくが降板し、麒麟の川島明に変わる。情報ショウに起用されるキャストが何故お笑いなのか、そこが先ず判らない。
 TBSに限ったことではないが、プロデューサー達がまず芸人に人を求めるという点が、世間と解離している。
 ニュースについて伝えるだけならともかく、今は皆考える方向に関心がある。情報を考える時、すこしでも専門的な発言を期待しているのだが、それに答えるには女子アナや芸人では役不足、そこに気がつかないプロデューサーが多すぎる。

 謝罪ばかり追い求めて提案のない野党や、パフォーマンスに走る女性政治家、揚げ足とり専門のジャーナリストに、一般人は辟易としている。

 そこに「虎ノ門ニュース」など、ネットニュースの存在価値がある。 スピーカーが皆専門家なのだ。
 お笑いのついでや、少しばかり美人の女子アナは登場しない。皆手元に集めた情報や取材した海外の情報をベースに責任のある解説や議論を提供しているし、ユーザーはいつでも視たいときに見れるという利点もある。

 地上波各局はあいも変わらず情報ショウのコンセプトに「日本の朝をもっと楽しく」「朝の食卓に会話の花が咲くように」「お金をかけなくとも今の暮らしが10倍楽しくなる」コンセプトの甘さに呆れる。
 「ニュースの真実に迫る」「ニュースの今を切る」そんな迫力に充ちたコンセプトは何処をさがしても見当たらない。
 責任はプロデューサーなのか。それとも経営者なのか、……ぼやぼやしていると「視聴者」は消えてしまう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

聖火ランナー辞退組の本音

東京オリンピック.jpg

 森会長バッシングをキッカケに芸能人の聖火ランナーが続々と辞退している。
 「走るだけ損だよ」という声が楽屋を駆け巡っているとか。
 初めから損得勘定で参加していたとは、いくらオリンピックとはいえ、見下げた根性である。
 あわよくば人気復活を狙ったか、CM獲得の伏線だったか、それとも田舎で郷土愛を発揮したかったのか、本人の真意はわからないが、トーチをもって200メートル走っただけで見返りを期待するほうが可笑しい。

 田村淳、常盤貴子、五木ひろし、窪田正孝、黒木瞳、玉木ディナ、TOKIO、斎藤工、渡辺徹、藤井聡太、沢穂希 等々 マネージャか本人が思案のすえ、オリンピック聖火リレーを辞退した芸能人である。そもそも自分の走りたい地域とスケジュールを調整したうえで大会組織委員会に申し込んでいるので、ここに及んで辞退はオカシイ。

 オリンピックへの熱がこんなにさがるとは想像もつかなかったのだろう。コロナのこと、変異種のこと、次々と問題がおこってこその政治家なのだが、近視眼的な彼らにもこの事態はスケジュールのそと、香港もウイグルも尖閣問題ももてあまし、結局コロナ真っ最中の聖火ランナーとなってしまった。芸能人と商人には哲学はなく、あるのは算盤だけという実態がわかってよかったのかもしれない。 

posted by Kazuhiko Hoshino at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

銀座のカツラ

かつらの木.jpg

 銀座といえば、銀座の柳をかたく信じている人々がいる。
 が残念ながら銀座の柳は、東京五輪をめざして銀座のカツラに生まれ変わったのだ。銀座一丁目から八丁目まで140本が、カツラの木になった。
 カツラは落葉樹の高木だから全体の印象がすっかり変わった。
 それに葉っぱの形が泣かせる。ハート型の葉なのである。バレンタインのプロモーションにこんなに良い配役はない。
 秋には紅葉し、落ちた葉はなんともいえない甘い香りを発する。

 クリスマスともなれば、円錐形の樹形がイルミネーションの核として絶好の枝ぶりを提供してくれる。
 銀座のカツラは、銀座のために生まれてきたような佳木なのだ。

 柳は銀座の象徴として、関東大震災後の歌に登場して愛されたが、時代が移り柳の枝が頭にふれて不愉快だという女性たちに嫌われ、柳のもつナイーブな魅力が通用しなくなってしまった。
 硬質なビル街のなかの柳はモダン建築の欠点をおぎなって、大自然を感じさせてくれる素晴らしい佳木とおもうのだが、当世の女性たちはご自分のヘアスタイルの方がよほど大事らしい。
 
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

TBS朝のお馬鹿ワイド

ぐッドラック.jpg

 今月いっぱいで番組消滅ときき、追善のつもりで番組を覗いて驚いた。
 立川志らく、田村淳、ハセンのレギュラーに星野真里のゲストだった。

 今日の便利グッズとやらを星野真里が感動してレポートするという段取りになった。
 無印良品?だかでこのラーメン鍋を買って仕込むと、5分で美味いらーめんが出来るというはしゃいだレポートである。
 一瞬耳を疑ったが何度きいても5分である。鍋をかって、材料しこんで、チンして5分。
 多分この人たちは庶民の生活をしらないのだろう。 
 庶民の食べるラーメンは、そんな面倒臭いことはせず、お湯をいれたら3分で出来る。器もついて充分に日本中のラーメンが、お湯と3分で美味しいという現実をしらないのだ。

 第二のレポートを見て益々呆れた。
 こんどは薄焼き卵が出来る便利グッズである。渦巻もようの丸い皿風に溶いた卵をいれ、上下に二枚の蓋皿ようのものを重ねて、何秒かチンする。見事な薄焼き卵に歓声をあげるタレントたち、どうかんがえても意味がわからない。フライパンに卵を薄く引けばできるものをわざわざ道具を買って仕込む。ましてや道具で焼いた薄焼きを錦糸卵にすると、スーパーで売っている錦糸卵のようで手ずくり感がなく、貧弱な錦糸卵になる。

 この程度の主婦向けワイドショウでは潰れるのが当たり前、電波の無駄使いも甚だしい。
 司会者たちにリアリティがまったくない。プロデューサーがアホなのか、ディレクターが馬鹿なのか、それともスタッフ全員ドアホーなのか。 
posted by Kazuhiko Hoshino at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

笑えるテキサスの風力発電

テキサスの風力発電.jpg 

 アメリカでもっとも脱化石燃料が進んでいるテキサス州が、この二月から三月にかけて予想もしなかった危機に落ちた。
 全米一といわれる風力発電、天然ガス発電が止まったのだ。
 記録的大寒波により、発電システムがストップし、自動車、半導体、原油などすべての生産が中止に追い込まれた。

 風力発電のプロペラが凍りついて動かなくなった。ヘリコプターでお湯を運んで、空から湯掛けをしたが、なかなか上手くいかなかった。笑い話のような本当のはなし。
 クリーン・エネルギーを創っている人々の脳ミソの問題である。現代の科学を信用してはいけないというお話なのだ。

 原因はすべて北極にある極渦がジェット気流にのってテキサス上空にきたから、氷点下を想像出来なかったコンピューターが悪いという事らしいが、そんなことぐらい人間の頭で考えたらいいことで、パソコンまかせの近頃のリモート働きと何らかわらない。

 テキサス自慢の天然ガスも発電停止に追い込まれた。これまたパイプラインの凍結が原因。自国の地政学上のリスクについて思いが至らないオバカな科学者が原因である。

 津波のリスクを考えなかった福島の原子力関係者とまったく同じレベルの科学馬鹿の仕業である。
 
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

この顔に騙されるな!

小泉.jpg

 小泉進次郎環境大臣ほど悪質な政治家はみたことがない。 
 大臣になった途端に打ち出した政策が、スーパー、コンビニのレジ袋有料化、引き続きプラスティック抑制の第二弾を発表というので、次は当然プラスティック生産の本丸に焦点を合わせるかと思ったら、スプーン・ホークの有料化と言い出した。
 よく恥ずかしくもなくこんなことが言い出せたと唖然とした。親子二代に渡っての程度の悪い劇場型政治屋である。

 「木をみて森を見ず」という言葉がある。普通市民が考えても、生産しているプラスティツクの工場に制限をかければ済むことを、肝心の製造元を放置して末端の庶民をいじめる。仁徳天皇の爪の垢でも煎じて飲め、といいたい。3円、5円の規模で庶民をいじめてそんなに嬉しいのか。こんな代議士を選ぶ神奈川県民もよほどオメデタイのだろう。

 中国深圳あたりに工場をつくり、プラチック生産に精出している日本のメーカーをはじめ、日々膨大なプラスティックを垂れ流しているメーカーは多々ある。プラスティックの板材、丸棒、車両部品、OA、家電、設備関連などなど数えあげたらきりがない。そうした産業にひと言もふれずコンビニのレジ袋やスプーン有料化をとりあげるのは、政治献金がないからではないか、とさえ疑う。
 スプーンなどは、紙製や木製を推奨すれば済むことを、政治の課題であるがごとくパフォーマンスする根性がいやしい。
 心してこの顔に騙されるな、ということである。

  
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月12日

コロナのもと、パリ市長の試み

パリセーヌ河.jpg

 Paris je taime……パリ・ジュテーム
 コロナのもとみんなが参加できるプロジェクトにアンヌ・イタルゴ・パリ市長は夢中になっている。
 ネットメディアMy little Parisとパリ市が提携して、パリを愛する人々のメッセージを募集している。

 パリ・ジュテーム 3回恋に堕ちた町だから マルタン40才
 パリ・ジュテーム 恋の始まりも終わりもみなこの街が教えてくれた ノラ 27才
 ハリ・ジュテーム ルピックの坂道はあたしの青春です ヱヴァ 38才
 パリ・ジュテーム サンマルタンの運河があたしの人生を覚えています イネス 64才
 パリ・ジュテーム リラの花が咲く頃 あたしは死にたい シャルロット 71才   等々

 市長はこの困難を乗り越え、明日を考え希望をもつことが大切、私たちのパリが幾多の困難を乗り越えて今日があるように、いつかコロナを克服して共にこの町を精一杯楽しみましょう。パリは常にパリでありつづけるのです。

 町が立ち上げたQRコードを通していつでもこのパリを愛する人々のメッセージを聴くことが出来る。
 どこかの国の知事さんとはえらい違いである。

 
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

ハリー王子とメーガン妃の愚行

ハリー・メーガン.jpg

 英国王室からの離脱を宣言、アメリカに移住したハリー王子とメーガン妃が、離脱の理由として人種差別があったと発言。
 オブラ・ウインフリーという黒人インタビュアーとのインタビューで、ギャランティ700万ドルの会見で全米に放映された。黒人差別が社会問題化しているアメリカで絶好の話題となった。

 そもそもアメリカという国は、建国の理念が合衆国であるにもかかわらず、人種問題が一向に解決できない国家である。それほどにこの黒人問題というのは奥の深い厄介な問題なのだろう。
 ニューヨークのマンハッタンにいってみるとよく判る、今やマンハッタンの島内の一般住宅はほとんど黒人居住区となり、白人は島のそとに移ってしまった。白人労働者は島の外からマンハッタンに通ってくる。ともに同じマンションの下では絶対に暮らせないというのだ。生活習慣、民度が違いすぎ、なによりもマンションの臭いが変わってしまう。民族差別の意識はなくとも生理的に一緒にはなれない、と本音を話してくれた友人がいた。

 さて英国王室だが、ノルマン朝から現在のウィンザー朝までヨーロッパ先進文明の先頭にたって近代の生産社会から資本主義経済まで開拓してきた自負にみちている。芸術文化の面でもアングロサクソンとして先進の知性を生み続けてきたプライドがある。
 アングロサクソンのスポーツとして愛してきたテニスもゴルフもみな黒人に取られたが、血を流した闘いのすえ継承してきた王室まで蹂躙されてはたまらない。そうした民族の意識が底流にあるため、メーガンの振舞いやハリーの無知が許せない。
 これはアメリカ人や、近頃の日本人には理解できないイングランド人の根性でもある。

 英国王室に入りたいなら、カーテシーのわきまえを身につけ、アングロサクソンの歴史を勉強してからにしろ、ということだ。
 日本と日本人への最大の祈りである大嘗祭を簡単にしろといい、KKにこだわる無知な姫君と同じことが、海の向こうでも起こっている。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

橋本聖子と山田真貴子

橋本聖子.jpg

 橋本聖子がもてはやされ、山田真貴子が消えた。
 こんなバカげたことが横行するのが、この国の政界だとすると絶望的な気分になる。
 橋本聖子はかってオリンピックを私物化し、7年に渡ってその席を占有し後輩たちの芽を摘んできた。スケート、自転車の競技世界で彼女が座り続けたために、オリンピックを諦め選手生活を断念した後輩たちが沢山いた。彼女が出現するまえは、オリンピックという頂点にたった選手はそこで第一線をひき、後進の育成にまわるという不文律があった。それを無視し自己の欲望のため何年でも出場選手の席を私物化したのが橋本聖子であった。
 その橋本をレジェンドとか美名をつけてもてはやすのが無責任なメディアである。
 選手団の団長になるや、選手にハグをせまり、キスを強要する欲望まるだし性欲過多の団長で、みなが迷惑した。

山田真貴子.jpg

 山田真貴子は早稲田法学部で学んだのち旧郵政省にはいった。早くからコミュニケーション能力が高く気配りのできる官僚として注目された。 総務省に改変されても郵政出身というハンデや私大出という弱みを克服して総務審議官というナンバー2にのぼりつめた。
 その時、たまたまめぐり合わせたのが、菅首相のチャライ息子だ。BS・CS・地上波とデンパ獲得競争の渦にまきこまれた。電波事業は役所の許認可事業であるためどこのテレビ局も省庁担当役員がいて、役人との接触に明け暮れた。まして東北新社のごとく下請け会社からスタートした小企業は必至の体制で免許獲得にうごいた。
 時の内閣の枢要な位置にいる大臣の倅からの招きとあれば、断れる官僚はまずいない。7万円の食事など、飲み物、サービスが付けば当然の値段でもある。

 野党の福島、辻元、蓮舫など女性議員は、鬼の首をとったように責め立て歓声をあげるが、よりよいジェンダー社会をつくるためには、とんでもない損失だということに眼がいかない。メディアも同罪だ。
 橋本聖子がオリンピック会長になり、山田真貴子広報官が葬られて、この国のジェンダー文化はますます悪くなる。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月07日

何故嘘をつく 小池知事

小池知事.jpg

 小池東京都知事、菅義偉首相、何故かみんな本当のことを言わない。
 コロナの感染防止について、いま感染源は不明なのが圧倒的に多いと説明しているが、実は感染源は「家庭」であり、「施設」であるというリアルなデータがあちこちで報告されているにもかかわらず「家庭」での感染防止については、ひと言も触れない。

 感染源は「家庭」にありと発言したとたん、ならば防止策はと追及されるのが恐ろしいのだろう。
 それ故、いちばん御しやすい「飲食店」に絞って、8時にやめろ、9時まで延ばしてやるといじり倒しているとしか見えないのが、小池百合子である。狙われた飲食店はいい面の皮、ピストル型温度計やら、アクリル板など次々に買い付けて店を狭くしているが、一向に数値目標は達成できない。原因は「家庭」なのに、「飲食店」に責任転嫁されているのだから当然の結果、気の毒このうえない。

 「家庭内コロナ防止策7カ条」でも作って記者会見をすればいいものを、一向にそれを言わない。家庭ごと敵に回しては、選挙に負けると姑息な根性が、飲食店犯罪説をでっちあげ、もう少し皆さん我慢をしてください、ともっともらしく記者発表しているのだろう。
 事実にもとずいて本当のことを言ってこその政治だろうと思うが、なんともお寒い政治家たちである。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

祝 ! ゆるキャラ・グランブリの終焉

ルイーザチャン.png

 ふなっしーに弄ばれ、せんとくんに振り回され、日本全国「ゆるキャラ」造りに狂奔した10年がやっと終焉を迎えた。
 ゆるキャラのもたらした10年とはなんだったんろう? この10年で日本人の美意識が大幅に低下したことだけは確かだといえる。「カワイイ」という女性的感覚と、幼児に寄り添う色彩趣味で、全国の自治体が縫いぐるみ作りに走ったのだから、そのエネルギーには驚く。
 ヨーロッパの大人たちは「日本ってどんな国?」「歴史のないアメリカ人がディズニーの縫いぐるみを喜ぶのはわかるけど、日本には歴史があるし、神話もあるのに何故?」答えにつまった。

 数年前のカンヌの映画祭で起こったこと。ジャパンデーのパーティの主役が、こともあろうに「くまモン」だった。
 受付は変なロボット、ステージでのアトラクションはナントカ坂の少女たち……集まっていたのは世界の映画人たち、これは子供用の第一部で、この後第二部のフォーマル・パーティが用意されているものと合点した。ところがジャパンデーのパーティは、そのコドモ・ダマシで終わってしまった。
 翌日映画祭の話題は、日本はどうなってしまったのか? 映画もなければ、映画祭への敬意もない。クロサワもオズも泣いているだろう。
 「くまモン」というゆるキャラは世界に日本の恥をまきちらした。 

 長野でも「アルクマくん」というセンスの悪い色味の縫いぐるみと、全然受けなかった軽井沢の「ルイザちゃん」、可哀そうなのは無理矢理着せられた役場の職員たち、臭い縫いぐるみのなかで灼熱の夏、厳冬の冬、子供にコビを売ってご苦労様なことだった。

 ゆるキャラ・グランプリもようやく終わって、明日からは大人のための行政をやって欲しい。幼児に媚びるのが、地方自治だと勘違いされては、正常な大人はかなわない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

失業寸前のアマビエ様

アマビエ様.jpg

 江戸時代には絵草子屋が中心になって、疫病退散のアマビエ様が市中に氾濫した。
 令和の今では、アマビエ酒、アマビエチャーム、アマビエ人形、アマビエ鉛筆、京都聖護院の「アマビエ八つ橋」と百花繚乱だが、このブームもワクチン上陸とともにまもなく終焉を迎えることだろう。

 「私は海中に住むアマビエと申すもの、今から6年間は豊作が続くが、病も流行る。早々に私の姿を書き写して人々に見せよ」といって海中に姿を消した。長髪にクチバシ、体中にウロコ、3本の足という異形であった。1846年弘化3年4月のこと。
 安政5年のコロリ流行時、明治15年の疫病流行時、そして令和3年の今、肥後熊本の海に夜な夜な現れた珍種の妖怪が助け人として世の中に登場している。

 学問的には「予言獣」というジャンルに入るようだが、科学で解決できない現実にたいし、庶民がひたすら書き写すことによってご利益を得ようとする態度はヤマト民族独特の習俗のようだ。 コピーという単純な便利グッズだけではなく、いまでは3Dプリンターなどというスゴグッズまであるのだから、東急ハンズにアマビエ・コーナーが登場しても不思議ではない。
 小池百合子がコロナ重症者を増やしたり、ワクチンの冷凍庫が冷えなかったり、銀座清月堂の春のアマビエ様がとても美味しい等と、ミソクソ一緒のメディア時代に、庶民はアマビエ様の原点に回帰して、祈ることが一番の防衛策なのかもしれない。

posted by Kazuhiko Hoshino at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

天皇の古代……3月の軽井沢ぶんか組

神武天皇.jpg

 来実のママからの宿題で、図らずも取り上げることになった「天皇」である。
 多分きっかけは、今流行りのジェンダー問題なのだが、女系宮家やら男系天皇について論じるよりは、天皇家の成立ちと日本という国家の存在について、検証したほうが皆さんの納得が得られやすいと考え、結局日本文化の源流まで遡ることになった。

 という訳で、3月21日の軽井沢ぶんか組は「天皇の古代」が主題である。
 群馬県岩宿遺跡の発見から、従来の渡来文化説の否定に始まり、神武天皇東征の新解釈、さらにヤマト王権拡張の欠史八代、エジプトピラミッドのスケールや始皇帝兵馬俑を凌ぐ巨大古墳時代のリアル、神話を超えた「三種の神器」の存在、仏教伝来による初めての宗教戦争勃発、ヤマト王権から飛鳥時代の黎明までを辿ります。
 天皇を辿るとこの国の歴史の重さにつぶされそうになりますが、なんとか頑張って「天皇の中世」「天皇の現代」まで、やりたいと考えています。

 戦後教育のなかでもっとも軽んじてこられた「日本神話」と「天皇の発祥」について、みなさんと屈託のない議論、雑談を致したく楽しみにしています。 

<日時> 3月21日(日曜日) 14時から
<会場> Café来実(くるみ)   軽井沢東雲(しののめ)交差点そば
<連絡先> 0267-31-5110
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする