2017年03月19日

超コスパの悪い JR四季島

超コスパの悪い JR四季島

 JR東日本から超高級列車 TRAIN SUITE 四季島 が売り出された。
 ゆったりとした汽車の旅を楽しもうという考え方には賛成だが、いまいちピンとこないのは何故か、考えてみた。
 コンセプトには、日本の美の深さに出会い、時々のうつろいを愛でる、人生の今までにない体験と発見を、鉄道の旅で。とあるが、取り立ててそんなに特別なことはない。

 一番前と後ろの展望車はお約束のことがらで、見える景色は普通車の旅と変わらない。ラウンジは銀座の路地裏のような狭いところを無理に着飾ったオミズ風だし、ダイニングもコマゴマとデザインされてうるさい。伝統と和のエッセンスを取り入れたスイート・ルームは、どてらを着た親分衆がどっかと座れば似合うのだが、列車のなかに檜風呂があったらそんなに嬉しいか、といったレベルのデザインで、日本独特のシンプルな美しさも品格もない、近頃流行の和モダンという奴である。

 デザイナーはくるまやメガネ、トラクターなどを手掛けてきたアメリカンな奥村清行、日本の建築美には程遠い感性をもっている。料理はこれまたホテル・エドモントでお箸でたべるフランス料理を広めてきた中村勝宏と子分の岩崎均、日本食の深さとはあまり縁のないスタッフだ。そこに衣裳デザインで加わったのが、ユニクロ出身の滝沢直己とくれば、近頃話題のおもてなし・グループで、時のうつろいをかんじるほどのこともない。

 要するに滅法コスパの悪い汽車の旅、それが TRAIN SUITE 四季島 なのだ。
 四季島スイート一人一泊70万円、二人で140万円、おひとりさまなら105万円、一番安くても二人で100万、ひとり75万でそれにサービス料税金がつき、更に2泊3日の催行となれば掛け算が必要となる。10両編成の汽車に30人の客を乗せて、ごぞんじの関東、東北を走り回る。空を飛んだり、海に潜る訳でもない。いままである線路のうえを走るだけなのだ。
 バブルが趣味の方にはお薦めできるが、正常な庶民には関係のない汽車の旅だ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: