2017年07月02日

握手会という犯罪誘発装置

握手会という犯罪誘発装置

 また事件が起きた。
 札幌の無職の男が、刃渡り13センチの果物ナイフと発煙筒をふところに、アイドルの握手会に乗り込み犯行を企てた。さいわい未遂に終わり、アイドルは無事だったが、この問題についてメディアの反応はどうもイマイチのような気がする。

 「会いに行ける、近所のお姉さん」を標榜しているのは、アイドル側だ。集団で抑制のきかないワカモノ達を挑発し、「会いにいらっしゃい、握手してあげるわ、」となれば思春期のワカモノ達の血が騒がない訳がない。
「だけど空手は駄目、私のCDを買ってきてね、一枚で3秒手を握ってあげる。」血の騒ぐワカモノは20枚、30枚と、聞かないレコードを買い込んで握手会に乗り込む。これではオネェチャンのいるキャバレーとなにも変わらない。

 呼び込みをテレビや新聞で盛大に行い、幕張メッセやらさいたま・ドームといった巨大会場を舞台に、幼い少女と発達障害のワカモノ達による疑似恋愛体験会こそが、アイドル握手会という妖しげなセックス・パーティともいえる。
 そこで通用する貨幣はCD、「CDの製造元は秋元康」というなんともいかがわしい芸能やなのだ。

 こんな商売を許している社会がおかしい。どう考えても少女たちを餌にした女衒ビジネスである。秋葉原、乃木坂、欅坂次々と売れない芸能予備軍をグループ化し、衣裳で飾り、踊らせて、無知なファンを握手会に導入する。

 接触願望にまみれた若い狂気は次々と発生する。大事故につながるまえに、握手会は止めさせるべきだ。
 アイドルたちのしている行為は、歌舞伎町のセクシャル・キャバレーとなにも変わらないのだから。
 それでもアイドルやるのなら、覚悟のうえで握手をどうぞ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まんまと韓国の国策にハマって
女の子にしても可愛いお顔立ちの185pの男の子のハイタッチ目当てでCDを一枚だけ買った者です…
アイドルの追っかけとか思いっきりバカにしていましたが…
歳をとって覚えた遊びは全く性質が悪いですw
CDには興味が無かったのでしばらく放って置いたのですが
今日やっと聞いてみました。
年若い女の子に食指を伸ばす爺を嫌悪しておりましたが
お婆さんになったら、気持ちがしっかり理解できましたw
正しいアイドルの追っかけはどういったものなのか
上品ぶりたいので知りたい欲求が満たされることはありません
K-POPの追っかけのBBA共も醜いものでございます
同じくくりにはされたくないです。
不細工なデブやBBAに追い回される彼等は気の毒な気がします。
Posted by ふくだ かよ at 2017年07月03日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: