2017年08月03日

盆提灯は人間のために

盆提灯は人間のために

 軽井沢に住んでいると、盆行事のこと忘れがちになる。
 観光客や避暑客の接遇に追われ、みずからの祖霊にたいする供養の心が薄れる。わずかに幼稚園の裏に櫓を組んで盆踊りをする、ぐらいのことか。
 避暑と一緒にキリスト教が入ってきたため、仏教系の行事は弾圧されたという歴史もある。近年はすべて経済至上主義で、忙しい真夏に盆行事どころではない、という情けない状態なのだ。

 信州には善光寺があるので、長野まで行けば盛大すぎる盆踊りもあるし、盆花の市もたつ。
 小諸、上田、松本それぞれの盆踊りがある。戦後は誰の入り知恵か知らないが、市民祭などという意味不明のタイトルを付けたので、ただの踊る阿呆と見る阿呆のイベントになってしまい残念なことだ。

 ペットロスのために盆提灯を、という名目でペット屋の店頭に盆提灯が並んでいる、というニュースに接し、日本人の自己喪失もここまできたか、と驚いた。ペットを人間なみに扱うという美名にかくれ、人間としての尊厳を失なっているのだ。倫理も哲学もない。所有欲のヴァリエーションでしかないペットに、盆提灯という発想は、人間喪失のなによりの証しともいえよう。ペットに盆行事を求めるあなたは病んでいる。

 お盆が来ると、奥三河の遠州大念仏を思い出す。かつて武田、徳川の三方ヶ原の合戦の死者の供養に始まったと伝えられるが、いまでもそれぞれの大念仏團を組織し、新盆の供養に駆け回る。歩いて回る念仏團、リヤカーに太鼓や双盤をのせて周る念仏團、あるいはバスを貸し切って周る念仏團、といまでも30近い遠州大念仏團がでる。
 お盆の奥三河は祖霊供養の鉦や太鼓の音に充たされる。盆提灯も日本一立派なものが飾られて、死者も迷うことなく返ってくる。
posted by Kazuhiko Hoshino at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: