2017年09月06日

恐怖が間に合わない電磁パルス戦争

恐怖が間に合わない電磁パルス戦争

 北朝鮮が「電磁パルス攻撃」を口にした。
 その瞬間からアメリカの対北朝鮮攻撃が現実的なものとなった。対話と圧力をお題目のように唱える日本政府や、9条万歳の左翼たちもあっさりと吹っ飛ばされた。
 核だのミサイルだのと言っていた間は、核抑止力や核拡散防止のための議論ですんでいたが、「電磁パルス攻撃」をむき出しにした途端、今までの認識や圧力は全く意味をなさなくなったし、今日ただいま北朝鮮に対しての全面戦争がおこってもなんの不思議もない。
 国際社会も「電磁パルス戦争」については、人類滅亡を前提としてかんがえらざるを得ないので、北朝鮮を人類全体の敵と認定して当たり前となる。
 たった今アメリカの北朝鮮攻撃が始まっても不思議はない。

 「電磁パルス戦争」とはなにか。
 核を超高高度の上空で爆発させれば、事足りる。核が地上30キロから400キロの高度で爆発すると、放出されたガンマ線が大気中の分子と衝突して、強力な電磁波である電磁パルスを発生させる。
 地上は原因不明の停電に襲われ、パソコン、テレビ、ラジオはもとより、ケイタイもスマホも全部駄目になる。交通機関もすべてストップし、信号も街灯も消えた路頭は何万の帰宅難民が埋め尽くす。勿論流通もストップし、スーパー、コンビニなどすべて営業不能となる。

 東京上空100キロで爆発させれば、北海道から本州、四国、九州まですべてをカバーできる。
 警察も消防も動けなくなる。無論自衛隊も駄目だし、原発も、ソーラーも、水力もすべて運転不能におちいる。ものは無くなり、医療も不可能となり、社会全体が機能不全になる。食料、燃料が無くなれば 人間は生きられない。
 一年後には日本人の9割は死に絶える、という恐ろしい兵器なのだ。

 Jアラートがなって、頑丈な建物や地下に避難して下さい。………お笑い草のような戦争ゴッコだ。
 現実は死を目前に動いている。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: