2017年10月01日

女性有名人の不倫相手になれる笑論

女性有名人の不倫相手になれる笑論

 女性の浮気、不倫が派手に報道されている。 浮気がばれた女性政治家や女性芸能人たちは、世のお母さんや女性たちから盛大にバッシングされ、メディアの餌食になっている。
 何年か前までは、浮気・不倫スキャンダルは、男性の聖域になっていた。ところが、男女平等均一労働法やら、働き方改革の潮流のなかで、女子の社会的立場が上がるとともに、女子の不倫スキャンダルの日常化が当たり前になってきた。誠にご同慶の至りだ。 一般女性も女性有名人の不倫報道に接し、エセ道徳な非難をやめて、これでようやく私たち女性の地位も男性並みになったと喜んだほうがいいのかもしれない。
 人はなぜ不倫をするか、などの設問は、フランス人には一笑に付されるが、日本人のピューリタン願望にとっては、いつまでも井戸端会議の主役として生き続けるのだろう。

 ところで、そうした高嶺の華のフリンターの相手に選ばれるには、一定の条件を満たさなければならない。見た目に男前というよりも、より大切な案件がある。
 まず第一に、絶対に女性の財布をあてにしないこと。女性のお金をあてにしたのでは、ただのヒモになってしまう。ヒモは一流の女の対象にならない。ホスト・クラブで間に合わしたほうがずっと楽だし、後腐れがない。
 第二に女性の知名度を利用しない。女性の知名度にたよらなくともそれなりのフィールドを持っている。
 そして第三に自由な時間を持っていること。いつでも女性の時間に合わせられることが重要な条件となる。社会的に活動している女性にとっては、男性都合の時間は絶対にもてない。。だからいつでも女性都合の時間に合わせられることが必要条件となる。
 そしてさらに第四の条件、口が堅いということ。男性から事がおおやけになることは絶対にない。メディアにばれたときにも、現場を押えられない限り、一線は越えていない、と最後まで主張しなければならない。
 以上の条件をみたしてこそ、初めて選ばれる男となるが、これらのマニュアルのほかに絶対的に必要なことがある。 「空気を読まない情熱」をもっているか。「あの頃、僕はあなたが好きだった。あなたは今でも素敵だ。心乱さないでください。」「ぼくはずっとファンだったんです。」まわりにはペコペコしたり、ご機嫌伺いの媚びた男性ばかりのなかで、直球でくる空気をよまない男に弱いという現実がある。
 さすれば週4回のホテル、新幹線の手つなぎ、夢のようなベーゼの時が訪れるのだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: