2017年10月03日

マリー・アントワネットの四角いハンカチ

マリー・アントワネットの四角いハンカチ

 ものにはすべて形がある。
 クロアッサンは三日月と決まっている。ウィーン王朝が侵攻してきたトルコ軍を撃退した記念に、トルコ国旗の三日月をとってパンにしたといわれる。 赤鉛筆は丸い。芯が弱いので、持ちやすい六角形を避け、周りの力を均等に散らす丸い軸の赤鉛筆が生まれたといわれる。 蚊取り線香は渦を巻いている。普通の線香と同じく棒状だつたが、少しでも長持ちさせるため渦巻き状になったそうだ。

 で主題はハンカチのかたち。
 シェークスピアの四大悲劇のひとつ、「オセロー」は、ほかの男が持っていた妻のハンカチから、不倫を疑われ、最後は殺されてしまう、というお話だが、中世では婚約のしるしとして、女性から男性に贈られたのが、ハンカチだった。 ルイ王朝時代のフランスでは、このハンカチ文化が異常に盛り上がり、上流貴族の婦人たちは数千枚ものハンカチをコレクションするようになった。宝石や刺繍を施したゴージャスなハンカチ、さらに丸、三角、四角、長方形やらレースをふんだんに使ったハンカチまで競って見せびらかしたと伝えられる。

 そうした風潮に腹を立てたのが、ルイ16世夫人マリー・アントワネット、彼女は夫に「フランスのハンカチは、すべて正方形にするべきです」と進言、ルイ16世はいわれるままに「ハンカチの形は、縦横同一たるべし」という法令を布告、以来ハンカチは正方形におちついたといわれている。
 それ故ハンカチーフの日は、マリー・アントワネットの誕生日に近い祝日から、11月3日に決められた。

 デパートの店頭には、ディオール、カルダン、ジバンシー、サンローランから森英恵、コシノジュンコまで、デザイナー・ブランドのハンカチが大量に売られているが、外国には存在しないこの国独自の珍風景だ。本場オートクチュールの洋服は着れないが、せめてあちらの高級品にちなんだハンカチでもいい、という日本人のさもしさにつけこんだ日本のメーカーだけのライセンス商品なのだ。デパートでクチュール・ブランドのハンカチを見るたびに、戦後日本の貧しさはまだ終わっていない、と感じてしまうのは筆者だけだろうか。
posted by Kazuhiko Hoshino at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: