2017年12月15日

軽井沢のカーリング……20年

軽井沢のカーリング……20年

 20年前の長野オリンピック以来、町のスポーツと言い続けて、大変な税金をつぎ込んできた。
カーリングのこと。軽井沢のカーリングもようやく芽が出かかって、オリンピックへ行くところまで成長してきた。この20年支え続けてきたコーチの長岡はとみさんを始め、ご主人、西山、早野、尾崎さんらSCの皆さんの努力はさぞや大変だったことだろう。
 当初挨拶ひとつ満足にできなかった選手たちに、よく我慢してここまで付き合ってきたものだと感服のほかない。巷間スポーツ馬鹿とよくいわれるが、まったくスポーツのこと以外なにもわからず、態度だけが一流というスポーツ選手にまま出会うことがある。常識をわきまえたら、いい歳をして日々レッスンずけの暮らしはできないのかもしれない。
 町民みんなの税金で、立派なホールもできた。スタッフの協力で国際大会も開かれるようになった。
 チーム競技の名の元に、能力が落ちてもずっと選手でいられる。カーリングだけは別だから、という理屈には無理がある。チーム・スポーツは多々あるが、能力が落ちてきたらどんどん入れ替える。後輩の能力を育てるのも、スポーツの役目だ。頂点を極めて後輩に席をゆずるというのも、スポーツの美点のような気がする。

 堀辰雄の樹下で有名な追分泉洞寺に、ある時カーリング地蔵が建立された。
 カーリングという横文字スポーツと地蔵信仰にはどこか無理矢理の感もあったが、それほど檀家さんたちの興味があるということだろうと、得心していた。
 先日友人とともに、泉洞寺を尋ねた。友人は堀辰雄の同性愛への傾斜のなかでの文学について興味をもっていた。ふとカーリング地蔵に眼をやると、その隣に卓球地蔵が新しさを誇っている。卓球も近頃では、温泉場のピンポンから中国打倒のピンポンに変身して大変な人気だ。
 樹下の歯痛地蔵どころか、インスタ映えのピンポン地蔵やら、カーリング地蔵でちかごろの若者はシャメするのだそうだ。 お寺さんの有難みもどことなく薄れ、堀辰雄も遠くなったと追分に別れをつげた。 
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: