2018年01月20日

大寒の水について

14012106.jpg

 今日は「大寒の日」である。いつの頃からか、大寒の水を取り替えるのは筆者の役割となっている。 押し入れの片隅に三本の一升瓶が並んでいる。瓶は毎年の水入れ替えが無事なされたというラベルでいっぱいになっている。
  第一の瓶は天皇家御用の酒「惣花」、第二の瓶は表千家御用の酒「松の翠」そして第三の瓶は「ほしのの酒」である。この三つの器に入れられた古い水をすて、大寒の日の新しい水に替えなければならない。この寒の水の信仰は相方が京都からもってきたので、30年の年月が経っている。丁度この頃は、初釜の頃とぶつかっているので、遠いかの地から「今日は大寒の日だから」とか「大寒はやっぱり寒い」とか水入れ替えを示唆する電話が度々かかってくる。

 そもそも寒の水の信仰は、田の湧き水や清玲な川の水、あるいは地下を流れる井戸水にかかわることなので、水道水の寒の水では全く効果なしとも思えるが、うっかりそんなことを言おうものなら大騒ぎになるので、口を謹んで寒の水の習俗に従っている。
  古来、小寒から寒の終わりまでのこの間の水は、雑菌が少なく、腐らないので、汲み置きをして味噌、醤油の作り水にしたり、お酒つくりにつかったといわれる。なかでも寒に入って9日目の寒九の水には霊力があるので薬と共に飲む服用水としてこれほど有難いものはない、と言われて来た。修験者が滝行で水に打たれるのも、この寒の水にあたるのがもっとも霊験あらたかといわれてきたからだ。

 下町では、この日「寒卵」を近所に配った。寒の日に生まれた卵は薬になり、邪気を払うといわれて、ざるに入った卵にお社の手拭をかけ、日頃お世話になっている町内のお家にとどけたものだ。
 帰りのざるにはマッチがひとつ入っていた。

posted by Kazuhiko Hoshino at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: