2018年03月02日

民俗芸能のデータ化を疑う

民俗芸能のデータ化を疑う

 郷土芸能、または民俗芸能、いずれにしてもこの国はそうした芸能の王国である。
 暮らしのなかに多彩な芸能があった。ある時は願いであり、祈りであり、喜びであり、感謝であった。そうした民族芸能も敗戦とともに、没落への道をひたすらあゆんでいる。
 没落のきっかけは、無形民俗文化財指定という暴挙からだった。その芸能の存在する意義をみつめないで、芸能の形式だけを役所が顕彰するという役所仕事の犠牲になったのだ。
 素朴な農民は代官様が認めてくれたとばかり、小旗をつくり、公民館やら公会堂の舞台で晴れがましく芸能を演じた。農耕や暮らしによりそった芸能が、目的を見失って興行芸能になっていった。

 それでも全国には、多くの祈りの芸能や感謝の芸能は生き続けている。
 圧倒的に多いのは東北である。福島原発事故のおかげで、土地そのものを奪われてしまった飯館村には、田植踊があった。田植えのときの予祝の踊りだ。
 南三陸町には本浜七福神舞があった。歳の初めの祈りの舞である。海も土地も核に翻弄され、生産する暮らしを奪われたのだから、当然のように芸能の担い手もいなくなり、後継者もみつからない。

 そこに登場したのは、東北大学の研究者グループだ。
 最後の民俗芸能の担い手の体中にセンサーをつけ、モーション・ピクチャア技術とやらで田植踊と七福神舞の動きをデータ化し、保存しようという企みである。
 物珍しさも手伝い、メディアもお役所も話題となっているが、芸能の意味も目的も失った動きだけのデータに、どれほどの価値があるのだろうか。
 芸能を含めた農耕そのもの明日のすがたに、研究の対象がなければ無意味な試みとしか思えない。
 近頃の歌舞伎がつまらないのは、若手がみなヴィデオで勉強するので、上面の芝居にしかならないと友人がなげいていたが、センサー保存の民俗芸能は所詮メカの遊びにしかならないのでは、と考えている。
posted by Kazuhiko Hoshino at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: