2018年03月14日

巨星ジバンシー 旅立つ

巨星ジバンシー 旅立つ

 デザイン界の貴族ジバンシーが亡くなった。ジバンシーの思い出は尽きない。
 日本に於いて、ジバンシーを展開することになって初めてのショーに演出を依頼された。その時の最大のメッセージは、エレガントであってほしい。品性を重んじてほしい、それさえあれば細かいことにはこだわらない、ということだった。

 当時の日本では、ハリウッドの女優がきる洋服、アメリカの富豪が着る洋服という認識が圧倒的だった。
 オードリー・ヘプバーンはいつもジバンシーの洋服で、スクリーンに登場した。麗しのサブリナ、おしゃれ泥棒、シャレード、ティファニーで朝食を等々 折れそうな身体にジバンシーの上品な服がとても良く似合った。かの35代ジョン・F・ケネディ大統領の葬式では、ケネディ夫人がまとったジバンシーの喪服は世界中の話題になった。

 公爵の父をもち貴族の館に生まれたジバンシーには生まれながらのエレガンスがあったように思う。尖がったサンローランではなく、スポーテイなクレージュでもなく、ディオールと共にフランス・オートクチュールの王道を歩いた優れたデザイナーだった。
 ハリウッドで重用されたのは、歴史のないアメリカ人にとってヨーロッパ文明のシンボルがジバンシーだったともいえる。とくにアメリカの実質的支配層であるユダヤ系の人々に愛された。

 今シーズンのジバンシーのコレクション・テーマは、「ナイト・ノアール」だった。最後のイブニングは、首から胸にかけて、ウェストから脚にかけて、テキスタイルがうねる様に揺れ動き、繊細なドレープが不均衡で複雑な服のフォルムを完成して、ハッとする魅力をかもしだしていた。

 いまジバンシー・ブランドは、ディオールと共にユダヤ系LVMHグループの傘下になっているが、歴史的必然だったのかもしれない。
 感性はいらない。品性さえあれば、といったジバンシーの思いは、彼の死とともにますます遠くなっていく。               合掌
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: