2018年04月12日

GPSに奪われる人生の喜び

GPSに奪われる人生の喜び

 働き方改革があちこちで物議をかもしている。
 特に外回りが中心の営業担当者や、取材に明け暮れるメディアの人間たちは、喜んでいる少数派と迷惑千万という自律派に分かれる。

 わが人生は子供と女房が生き甲斐という人にとっては、こんな嬉しい改革はない。基本仕事に興味はない、プライベートな時間こそが喜びの源泉、社会への貢献は仕事ではなくボランティアという不思議な人々である。こうした人々に、女房・子供がすべてというからに、生殖と和合があなたの人生ですね、などと言おうものなら眦をたてて噛みつかれる。
 給料は上げろ休みも寄越せ、では社会がもたない。かっての共産圏ソビェトはそれで瓦解したのだ。資本主義社会は、仕事を含むあらゆるものに競争原理がないと維持できないという単純なことが理解できていない。

 仕事大好き、仕事が趣味という人にとって、働き方改革ほど迷惑なはなしはない。日本は夜でも、地球の裏側は昼なのだから、夜中でも働くよ、このドラマの収録はあと3時間あれば終わるので、やってしまおうという、今張り込み中だからもう少し頑張ろう、という根性はすべて拒否される。そんなに働いてどうする迷惑だからさっさと帰ってくれ、ということになる。

 NHKでは働き虫にGPSをつけることになった。スタッフの労働時間をすべて監視し、管理することになった。これからは疲れたからカフェで一杯とはいかない。すぐに本社の働き方センターにバレテしまうのだ。社用のハイヤーで恋人を送っていくことなど夢のまた夢、GPS様のお許しの範囲でしか動けない。
 世の中はますます窮屈になり、ゆとりのないつまらぬ世界になってから、なげいても間に合わない。  
 GPSのもとで人生をおくって幸せなのだろうか。

posted by Kazuhiko Hoshino at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: