2018年05月01日

東大出身官僚のイビツな性意識

card_08_____.jpg

 このところやたら東大出が話題を呼んでいる。
 東大出の高級官僚はとても助平だということが実証され、任命責任だ、大臣やめろ、安倍やめろ、と野党は聖人君子のごとく振舞っている。事務次官の助平話より、北朝鮮問題とか、中国公船の尖閣包囲のほうがよほど重要と思うが、彼らにとっては財務省の報告書のほうが大事らしく、国会を止めて頑張っている。議員に国民は国のかじ取りを依頼したので、天下国家についてもっと真剣に議論してほしい。内部文書の書き換えや、昭恵夫人のふるまいは、だれかにまかせて、議員本来の仕事をしてほしいと、国民は皆思っている。

 テレビにも、東大王というクイズ番組がある。東大生を商品化し、お笑いタレントと競わせてどっちが勝つかというクイズ番組だ。芸能志向の東大生を引っ張り出してひな壇に座らせ、お前の脳みそは本当にお笑いよりも、上等かどうかテストするという趣味の悪い番組だ。真面目な東大生にとって不愉快このうえない番組だろう。

 東京の地上波キー局に、東大出身者は数名ずついる。東大をでたら官僚になる、優秀な卒業生はほぼ官僚志向にもかかわらず、数名ずつでもテレビ局にいるというのが不思議だ。かって小生の仲間にも東大出身者がいた。シフトの都合でアシスタントに使わねばならない。スタジオフロアでキュー出しをしてもらわねばならないので、副調室からフロアーさんと呼びかけると、俺は床じゃねぇ、とひねくれる。ディレクターをやっても映像に味がない。理屈だけで美的感覚にとぼしいので、面白い番組は撮れなかった。それでもオフになると、結構助平なのに驚いたことがあった。

 「胸触っていい?」「抱きしめていい?」「キスする?」財務次官の発言は、多分この人は若いときにイロゴトにもまれてこなかったんだろうなと、直観した。女性の心情がまったくよめないから、こんなバカ丸出しの発言をする。かっての財務官僚が群れをなしてノーパンしゃぶしゃぶに通ったのも、やはりケイケン不足からくるオバカな行為だし、前の文部次官が歌舞伎町のセクシィ・キャバに通い詰めたのも、みな東大出身者のイビツな生い立ちから来ている。


posted by Kazuhiko Hoshino at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: