2018年09月17日

売れている「マスコミ偽善者列伝」

1598.jpg

 建て前を言いつのる人々……「マスコミ偽善者列伝」 加地伸行著(飛鳥新社) が静かに売れている、という噂をきいた。加地伸行は京大をでて、大阪大学名誉教授をつとめ政治評論にも独特の眼を持っている人である。

 同志社大学の浜矩子について、400字詰原稿用紙5枚分をつかって、安保関連法案の衆議院通過を否定しているが、そこにはなんの論拠もない。ただの感情論だと斬り捨てている。彼女の「どアホノミクス」という反安倍論についても、こんな下品な人間が大学にいること自体驚きだし、安倍政権の施策に対する全面否定だけで、ではどうするかといった具体的提案はなにもない。
 落ちぶれた旧社会党、いまの社民党のなんでも反対路線、裏返せばただの無能と同じこと、と斬り捨てる。
 安倍首相が「戦後レジームからの脱却」といえば、「それは戦前の大日本帝国へ戻ること、それ以外の解釈はできない」という恐るべき単細胞な大学教員である。浜某は己の思いこみだけの感情表白にすぎず、まったく論理性がなく、井戸端会議のペチャクチャの域をでていない、と論じている。

 池上彰、小池百合子、なかにし礼、寺島実郎、福島瑞穂、前川喜平、島田雅彦、小沢一郎、鳩山由紀夫、海江田万里、立憲民主党などなど、浜矩子についで「マスコミ偽善者列伝」に名前をつらね、みな建て前だけのマスコミ芸者と切り捨てられる。

 そうした絶滅寸前の左筋ジューナリトの論調は地上波テレビのキャスターやコメンテーターに受け継がれ、電波公害を垂れ流している。
 とくに女性たちに嫌われているのは、朝日、毎日、共同といった新聞系の解説者たちだ。かってのエリート意識から抜けきらず、コメントの口調は上から目線だし、いかにもの正論といった態度でもっともらしく左翼的解説をする。こうした偽善、独善コメンテーターを一掃しないかぎり、視聴者は地上波テレビのまえから逃げ続けるだろう。
 とくにテレビ局の看板をせおって、浅薄な論を大上段に発言するテレビ朝日の社員玉川徹などは、嫌われコメンテーターのベストテン。
 さらにスポーツ業界の癒着アナと書かれた宮嶋泰子など、なんの論拠もなしにスポーツ業界の幹部擁護を言いつのる、とんでもないスポーツ業界の寄生虫といえる存在である。
 所詮、地上波のコメンテーターなんて、情報番組の尺を薄めて伸ばす希釈剤にすぎないという冷静な見方もあるが、困ったことに地上波テレビを信じ、それに憧れる情報弱者が田舎にはいる、という現実もある。


posted by Kazuhiko Hoshino at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: