2019年05月01日

宮古島が危ない

宮古島.jpg

  宮古島の人々は頭がおかしくなったというニュースだ。。
南西諸島防衛の要として新設された陸上自衛隊から、聞いてないと言って弾薬を撤去させた。
自衛であれ何であれ弾薬がなければ兵隊はたたかえない。事が起こった時、弾薬を取り寄せるなどということは、常人には考えにくい。うがった見方をすれば、中国共産党の工作がきいて、いつか宮古島を中国の属領として差し出そうという魂胆かもしれない。

 岩屋防衛大臣という人もおかしい。市長と工作反対派の声におびえて、あっさりと弾薬を撤去した。
 国土を守るためそれだけはのめない。弾薬を持ち込ませないなどという理不尽に対して、国土への愛着がないから直ぐに妥協したのだろう。こんな防衛大臣は即刻首にしなければ、日本が危ない。
 喜んでいるのは中国共産党の輩だ。宮古島を占拠し、海上民兵の拠点として太平洋への出口にしようという計画にとって絶好の処置だった。
日本という国は、反対工作さえすれば、国土の守りもあっさり放棄する国だということが知れ渡った。 

 防衛体制について重大な穴があいた。
 中距離誘導ミサイルや迫撃砲は、敵艦艇の上陸にそなえ、いつでも発射できるようにしてこそ抑止力の一部となる。南西諸島は中国にとって喉から手がでたくなるほど欲しい領土なのだ。
 翌日には早速、中国海軍の艦艇3隻が沖縄本島と宮古島の間を、航行していった。中国は戦わずして着々と南西諸島を手にいれつつある。

 沖縄タイムスは、やっと日本防衛庁の隠蔽体質が暴露されたと自慢げだが、何処の国でも防衛装備は最高の秘密に属するし、武器弾薬まで明らかにしている国はない。
 普通の国の防衛感覚まで失っている日本人は、今こそ周辺国家の野心に気がつき、強固な国土防衛意識を持つべきだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: