2019年05月07日

津やまと抱きつき作戦

2000036106_l.jpg

 赤坂に「津やま」という料亭がある。
 小泉純一郎の台所といわれた超高級居酒屋で、ひっそりとして佇まいは政治家のひそひそ話にもぴったりの料理やである。最近この料亭を軸に騒がしさが発生している。

 アメリカ・トランプ大統領のアメリカ・ファーストに因んで、都民ファーストの会を立ち上げたものの、目先の売名に走り完全に権威失墜した小池百合子の動きが原因である。
 「安全であるが安心ではない」と訳の分からない論理をもちだして、無駄ずかいの限りをつくし、「豊洲を生かし、築地も生かす」と当初の築地売却を破棄して「食のテーマパーク」を作ると宣言して都民に目くらましをくわせたあげく、二階幹事長を介し、かっての親分小泉純一郎にすがり自民党への回帰を策して動き回っている。
 すべてはもう一期、東京都知事への執念に原因がある。

 津やまを舞台に小池百合子の「抱きつき作戦」が展開している。
 タレント時代のくせか、権力者に抱きつくのはとてもお上手。小泉総理のときには、ネギを背負って官邸に通ったと揶揄され、次々と話題にとびつき劇場型の政界人として都知事に席を得た。
 コケにしたドン内田茂との復縁、幹事長二階俊博を介しての安倍さんへの抱きつき、そして二階幹事長の築地国際会議場建設にあたっての予算措置など、いまのところ小池百合子の抱きつき作戦は成功しているやにみえるが、果たしてそうだろうか。

 維新あたりが橋本徹をかついで都議選に登場すれば、他候補はみな蹴散らされるかもしれないが、今のところそうした気配もない。
 このところの都知事はみんなオカシカッタ。週三日しか出勤しない作家だったり、正月に千葉のホテルで家族だけの会議をひらいたり、鞄に札束がはいらなかったり、都民はヒトに恵まれず、いつもとんでもない有名人に騙されてきた。
  津やまも安全だが安心できない。なにしろ会談予定のスケジュールがダダモレなのだから。
 真打は小池百合子の呼び声高いが、はたして今度はどんなキャッチ・フレーズで登場してくるか、騙される喜びもまたひとしおである。


posted by Kazuhiko Hoshino at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: