2019年05月30日

松下政経塾の罪

img_0c70fafa8cd9728785da7dc60bf493f588415.jpg

 松下政経塾がやたら紙面を賑わしたことがあった。
 政経塾出身というのがブランド化し、出身政治家は志ある政治家のごとくに世間は錯覚し、その政治家に期待した。

 そもそも松下政経塾というのは、ナショナル創業者の松下幸之助が晩年政治に理想を描いて設立した学校だったが、幸之助が描いた政治を志す青年とは、青年の実態がまったく異なる青年だったという点に大きな問題点があった。
 しっかりした歴史教育をうけず、道徳教育も受けていない青年たちは、政治そのものへの理想が低く、簡単に自己保身や名誉欲に走る欠陥人間が多かった。そのうえ松下政経塾における給費制度は、青年を甘やかし、倫理観の低下に拍車をかけた。

 政経塾出身の最新スキャンダルは、丸山穂高議員だ。
 東大をで経済産業省につとめたのち、維新の会から代議士になった。多分本人は自民党にはいりたかったが、選挙区に空きがなかったためやむなく維新の会を選択したのだろう。
 元北方四島島民によるビザ無し訪問団に参加して国後島を訪問、戦争しないと取り戻せないと島民に訴え、即座に維新の会から追い出された。それだけならまだしも「女のいる飲み屋にいきたい」とわめいて品位を落とし、厄介者になった。俺は議員だから、不逮捕特権があると大声でさけんでいたそうだが、ここはロシアだということもわからなかったようだ。

 財務省しか知らずに総理大臣になった野田佳彦、民主党を潰した前原誠司、細川お殿様内閣、女房から見捨てられた菅直人内閣、韓国大好きの鳩山由紀夫内閣と暗黒の20年をささえたのが、多くの松下政経塾出身の政治家たちだった。

 松下幸之助が70億の私財を投じて描いた夢は儚い空想でしかなかった。
 廃塾するか休塾するか、これ以上社会に害を及ぼさないためには松下政経塾の看板を抹殺するしかない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: