2019年12月06日

見逃していた亀戸升本の弁当

亀戸升本の弁当.jpg 
 江戸名物に大根ふたつあり。
 ずっと太くて長いものが練馬大根、根本がそこそこで直ぐに細くなるのが亀戸大根、江戸っ子はよほど大根が好きだったようだ。横丁には大根足がごろごろいたし、芝居町へ行けば大根役者が大見得をきっていた。
 その大根と深川沖のあさりを合わせて名物にしたのが、「亀戸大根あさり鍋」である。その大根あさり鍋を看板にしたのが亀戸升本だ。
 実はその升本がとてもいい仕事をしていた。

 膳まいの看板にかくれて気がつかなかった。膳まいは幾種類もの弁当をならべているが、特にどれというほどアピールしていない。並んだ弁当のガラスケースの三段目にあったので見逃していたのだ。三段目には、亀戸升本の弁当が遠慮がちにならんでいた。

 六角形のうつわに入った「すみだ川(あさり炊き込みご飯)」を買い求めたが、軽井沢まで持ち帰るほどの我慢がもたず新幹線に乗るや否や早速にひろげた。
 煮物は里芋、人参、椎茸などさして珍しくもないが、ひとつひとつのしっかりした味付け。箸休めのくらげ煮、木くらげ煮の食感、さらに鶏つくね、鰈漬焼、牛八幡巻、帆立煮、あさり煮、揚げ蒲鉾、合鴨煮と箸が進むに及んで、これほどしっかりと江戸の味付けをしている弁当に嬉しくなった。
 とうてい弁松あたりのおよぶところではない。昔ながらの弁当に心意気がこもっている。亀辛麹が中央にがんばっているのも自信のしるしか。かの東京駅名所 祭 にこの弁当がないのが不思議なくらいだ。てらいのないこうした弁当に、江戸っ子の味覚がある。

 弁当箱の裏に貼ってある商品ラベルをみると製造者(有)健康厨房(亀戸升本)とあったが、健康厨房はいただけない。まずい給食センターにあるような名前で信用できない。なぜ堂々と亀戸・升本と書かないのか、江戸っ子のいなせが許すのは、せいぜい亀戸ますもと迄と思う。
 いつか亀戸までいって「亀戸大根あさり鍋」の恩恵に浴したい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: