2020年06月24日

都知事選挙に絶望する

赤いレインボーブリッジ.jpg

 東京在住の友人から電話がかかってきた。
 「ねぇ、東京都知事だけど誰がいいと思う」「うーん、困った質問だなぁ…」「意見があるでしょ、教えてよ。」「そりゃ意見はあるけど、都知事に関しては本当に困るんだよ」「どうして、誰か近親者でも立候補してんの」「とんでもない、誰か知人が立候補していれば、忖度して投票するけど…誰もいないから困っているんだよ」 「誰もいないって?沢山立候補してんじゃない」「だから困るんだよ。東京には人がいないのかなぁ。ゴミ捨場みたいなとんでもない人しか立候補してないじゃない。もっと東京の明日を託せるような、賢人に立候補してもらはないと、アフター・コロナの東京に希望が持てなくなってしまうね。」

 小池知事はなにかというとヨコモジを持ち出して大衆を幻惑する手品師みたいなもので、なにひとつ公約を実行しないという珍しい人柄だし、……。築地は守る! 豊洲は活かす! と言った後、築地は「食のテーマパーク」にすると再開発を約束、舌の根も乾かないうちに築地には「国際会議場」を建設すると発言、その時々の風次第であっさりと前言を翻す水商売の女のようでもあるし、選挙の時の公約「七つのゼロ」もなにひとつ実行されていない。
 満員電車ゼロ、電柱ゼロ、残業ゼロ、待機児童ゼロ、ペット殺処分ゼロ、介護離職ゼロ、多摩格差ゼロ、辛うじてペット処分ゼロだけが達成している。
 オリンピックの会場問題も騒ぎ立て、宮城、埼玉、神奈川とあちこちに期待を持たせただけで、結局すべてはもとの鞘に収まってなにひとつ変更はなかった。 要するにこの人は目立ちたいだけのパフォーマーなのだろう。

 コロナ対策もアメリカの疾病対策センターを真似してCDC東京版を創設するといっているが、東京大改革も結局はレンボーブリッジを真っ赤にしたかっただけのタレント上がりなのだろう。 本当に都政の明日をたくするに相応しい賢人よ出てこい、といいたい。

posted by Kazuhiko Hoshino at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: