2020年06月30日

藤井七段の勝負服

藤井七段きもの.jpg

 山の手のお嬢さんの勝負服は、大抵母親の選んでくれた「レースのワンピース」だった。髪にリボンをつけ、ウェスト・ベルトは後ろで大きな花結び。清楚、真面目がテーマだった。
 いまのお嬢さんはシースルーのスカートに、トップは見せるキャミソール。足も胸もそこはかとなく見せつける。なによりも勝負服は、セクシーでなければならない。
 いっときは、勝負服ならぬ勝負パンツというのが話題になったが、見せる文化が当たり前となり、少しばかり大胆な勝負パンツをみても、誰も何も言わなくなって女性たちの気分も高揚しなくなったのだろう。スーパーカットのレースパンツも、危ない紐パンツも、グラビア・アイドルの小道具程度の評価になってしまった。

 天才藤井聡太七段が地味なきもので、ヒューリック杯棋聖戦に登場した。黒の羽織、紺のきもの、グレーの仙台平の袴姿である。恐らく成人してから初めての着物姿であったことと推察したが、見事 王将、棋王の渡辺棋聖を破った。勝負服としてのきものは、藤井聡太七段に幸運をもたらしたのだ。
 きものという地味な勝負服が見事に役割をはたした。
 競馬の天皇賞や菊花賞で騎手のきる派手でペラペラのシャツがあるが、あんな勝負服より、地味なきものの勝負服のほうが遥かにいい。

 作家の向田邦子さんは、小説の追い込みになるといつも勝負服に着替えたという。彼女の勝負服はお出掛けの服よりもずつと金をかけた立派な服だった。人にみせるものではなく自己の仕事に勝負する心意気が、勝負服に充ちていたというエピソードが嬉しい。

 我が家の勝負服はシンプルなカフェ・エプロンと決めている。筆者は黒、デスクはワイン・カラーである。山ほどの資料に立ち向かい、パソコンの前の悪戦苦闘にはこのカフェ・エプロンがいちばんい。
 なによりもコスパに優れている。 
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: