2017年03月14日

さようなら、A5ランクの牛達

さようなら、A5ランクの牛達

 「肉はA5に限る」誰が言い出したのか知らないが、最近この表現に反発する勢力がでてきた。
 「A5の肉はいらない。脂過剰で決してうまい肉ではない。うちではA4等級以下で充分美味いすき焼きを提供します」宣言したのが、明治13年から雷門に店を構えるすき焼きの名店「ちんや」の社長である。

 「ちんや」は、東京風な割下でたくすき焼きで、値段ばかりが高いA5ランク信仰に我慢ならなかったのだろう。戦前は美味い肉は赤身だった。ヒレ肉の中心にあるシャトーブリアンは、ヨーロッパでも日本でも、香り、旨み、食感で最高とされてきたのだが、何時の頃からかサシばかりが過剰に入ったA5肉に人気が集まるようになった。
 食肉業者の戦略だったのだろうが、「当店の肉はA5ランクの最高級○○牛」と書きだした食堂・レストランだらけとなり、調理の腕も棚上げの宣伝合戦となった。

 「ちんや」では、霜降り肉といわず「適サシ肉」と表示するようになった。
 脂肪の量は4等級(そのほうが身体にもいい)で、なによりも脂肪の溶け方がよく、赤身の旨みと脂の甘みのバランスがとてもいい。香りも立ち、胃もたれもしない、いいとこずくめなのだ。
 サシの入り方が細い小サシと言われる状態は、加熱するとサシと赤身の境界から「和牛香」と言われる香りがでて、なんとも美味そうな食欲を促進する香りにみたされるという。時の流れとはいえ、バブリーなキャッチに踊らされ、脂身だらけの肉を食してきた我々自身の食に対する意識が問われている。

 「ちんや」では肉の適正化とともに、溶き卵の改良も発表している。
 名匠小津安二郎が好んだカレーオイル入りの卵と、酸味を加えたヨーグルト入り卵の二種である。
 溶き卵の革命と「ちんや」は云っているが、いずれの折に試食してみたい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

「カモフレ」いま話題の男女関係

「カモフレ」いま話題の男女関係

 「カモフレにならない」「カモフレならいいわよ」そんな会話が流行っているそうだ。
 カモフレとは、「カモフラージュ・フレンド」のこと。 恋人同士のフリをしあう男と女。恋人同士のように繊細な神経をつかう必要がない。気を使わないで、お互い都合のいいときにデートする関係であるらしい。
 無論恋人同士なのだから、手をつなぐこともあれば、キスすることもある。関係はそこまで。

 寂しい時には、恋人のフリをして寂しさをまぎらわしてくれる。
 少々のわがままは聞いてくれる。同性でどうしても満足できないとき、異性でもただのともだちでは充たされないとき、カモフレなら満足させてくれる。
 疑似恋愛、疑似デートに応じる心のゆとりがなければならない。
 恋愛ヒク嫉妬ヒク打算ヒクセックスイコール「カモフレ」 という公式が成り立つ。
 恋愛のわずらわしさがなく、ほど良い距離感でつきあう男と女のあいだに成り立っているのが「カモフレ」である。

 疑似夫婦からスタートした「逃げるは恥だが役に立つ」あたりから、主婦代行より疑似恋人のほうがいい、という意識が育ってきたという向きもある。「東京タラレバ娘」のごとくいちいち本気になったら疲れてしまう。「奪い愛、冬」のごとく、怨念で恋したらたまらない。もうすこしゆるく楽しく青春を楽しみたい人々には、なんとも有難く適切な人間関係、それが「カモフレ」である。

 結婚に憧れている人にはカモフレは無理だが、それまでの経過措置としての「カモフレ」はありかもしれない。既婚者でも不倫地獄に陥ることなく、家庭から解放され、固定化した男性観にすこし新しい風を吹き込むには、「カモフレ」の関係は絶妙である。
 新しい出会いに、恋人関係を選ぶか、「カモフレ」を選ぶかは貴女次第なのだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

神道教育は悪くない

神道教育は悪くない 神道教育は悪くない

 ようやく森友学園問題も、小学校設立申請の取り下げと、理事長辞任で落し処がみえてきた。
がここ何週間のあいだのメディアのはしゃぎようは、全く狂気の沙汰だった。

 はじめにメディアがくいついたのは民族教育、「君たちはなに人ですか」「日本人です」「日本民族です」
そのことがいかにも反社会的行為のごとく、新聞やテレビが騒ぎ立てた。
 そんなことは「中国」でも「韓国」でも「アメリカ」でもやっていることで、国家に殉ずる国民をつくることは、どこの国でも義務教育の基本になっている。マツカーサーに肝を抜かれた日本は、戦後ずっと義務教育から民族教育が抜け落ち、無国籍な自由平等教育こそが正しいという錯覚のまま今日を迎えた。それ故にディズニーランドこそ憧れの地で、尊敬する人物はウォルト・ディズニーなどという信じられない日本人が誕生してしまったのだ。
 野党を始め左翼知識人もそうした無国籍教育こそ正しいとして、無責任な声を上げてきた。

 女子のエリート学校には、キリスト教系が圧倒的に多い。男子には仏教系やら、新仏教系も多々あるなか、どうしたことか神道系の学校はすくない。皇學館、国学院ぐらいで、世が世なら学習院もそうであるはずなのが、敗戦後のにほんで占領軍に牙をぬかれ、ただのプチブル学校になってしまった。そうした意味から神道系の学校ができることは、歓迎すべきだったのに、今回は経営者の資質から挫折してしまった。

 国有地の払下げ問題もつつけばきりがない。朝日新聞は築地本社の国有地払下げで、時価の四分の一と言われる値段で入手している。大蔵省を巻き込んだ読売、サンケイの国有地払下げ騒動も八分の一の値段だった。それぞれの言い分はみな自己都合で、メディアは大見得をきれるような立場にない。
 もう少し頭を冷やして遊休地がいいのか、小学校がいいのか、それとも朝鮮学校なのか、中国へ売るのか、そちらを論じたほうがいいだろう。

posted by Kazuhiko Hoshino at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

メシの味より「飯盛り女」

メシの味より「飯盛り女」

 軽井沢の南、発地という田園地帯につぎつぎと新しいレストランが出来ている。
 美味いものは大歓迎なので、できたという情報に接すると、食い意地もいやしく早々に客となる。

 かって塩沢の入口近くの民家で、釜戸焚きのメシをうりものにしたレストランがあった。商業建築の安普請よりは民家のほうがましと思い、釜戸焚きのメシを目当てに足を向けた。メシはそこそこだったが、味噌汁の不味さに驚いた。そのうえ味噌汁の椀が安っぽいプラスティックだつたことに落胆し、そのレストランから遠ざかった。

 あのメシやが発地の大通りに立派な民家風をつくったという噂だった。
 あの時から味噌汁も反省して美味くなり、繁盛のすえの新築開店と合点して、スタッフとともに店を訪れた。
田園風景のなかの新築の佇まいは、魅力的な民家レストランに見えた。座敷に上がり、メニューをひらいた。目の前に広がるホタルの里、ご飯は釜戸炊き自慢のとろろ御膳と、福見鶏御膳を頼んだ。主菜はそれぞれにとろろと福見鳥だから、さぞやと期待したが、副菜の煮ものよりも少なく貧弱な鳥と、出汁でのばしたとろろをさらにお湯でのばしたような情けないとろろ汁がでてきた。
 器は民芸風な趣味のいいうつわを揃えているのだが、汁椀は相変わらずのプラスティック、食器の揃え方が出鱈目なのにはあきれた。その上ひどかったのは、肝心のメシが不味かったこと。「さとうのごはん」のチンにも劣る、メシさえ美味ければ玉子ひとつあれば食べられるのだが、これにはびっくり。煮物はうすい出汁で煮ているが、煮込みが中途半端でこれまた味が滲みてない。
 数日前、やはり発地に開店した食堂にいったが、ここもまたメシの不味さに辟易としたのだが、どうも軽井沢では美味いメシにありつくのは至難の業のようだ。

 その土地の民度と食のレベルは平行するといわれるが、中山道の宿場から今日を迎えた軽井沢は、食に関してはかなり恥ずかしいレベルだということを再認識した。 宿場時代の軽井沢は「飯盛り女」の色香で食べさせていたのかもしれない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

物忘れ外来の昨日今日

物忘れ外来の昨日今日

物忘れ 忘れたことを また忘れ
思い出す 三歩歩いて なんだっけ
久しぶり 顔はわかるが 名前がね
あれこれで 通じる妻が ありがたい
物忘れ 晩酌だけは わすれない

「物忘れ」という現象は誰のところにもやってくる。
 最近ではジュリーこと沢田研二が、途中で歌詞を忘れ3600人のファンの前で土下座したというニュースがあった。紅白歌合戦で歌詞を忘れたのは細川たかし、十八番の「浪花節だよ人生は」で二度も忘れている。大御所北島三郎も「根っこ」という曲の「忘れるな」というフレーズを忘れた。洒落のきつい物忘れだ。
 歌手の場合、つい気が緩んでというのと、レコーディング間もないので歌詞がまだちゃんと入っていない、というのがある。そのため新曲の場合は、マネージャーが大きなカンペを作って、カメラの横やらオケボックスに待機している。カンペの出し方の下手なマネージャーはいじめられ、カンペの上手いマネージャーは、のちに歌手となり、スターとなった例もある。

 我々庶民の物忘れは、加齢とともに進む脳の老化が圧倒的に多い。
 ストレスや、睡眠不足でも物忘れは発生する。寝ることによって人間の身体は再生し、回復するのだ。食生活の欧米化も原因に数えられている。肉をたべず、マグロ、サバ、など青魚を食べていれば、DHA、EPAなどが適度にとれ、脳の劣化を防いできた。それがいまでは肉食中心となり、脂質、コレステロール、飽和脂肪酸を発生させて物忘れ……つまり馬鹿が次々とふえつづけているそうだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

猿若祭のふたり桃太郎

猿若祭のふたり桃太郎

 江戸歌舞伎390年と謳い、猿若祭大歌舞伎と謳っている。
 ならば初幕のまえには、柿、白、黒、三色の引幕にして欲しかった。
  守田座方式の萌黄、柿、黒の定式幕では気分が盛り上がらない。
 物語のある柿、白、黒の幕にしてこそ、390年前の安宅丸による歌舞伎の江戸乗り込みを彷彿とさせる。
櫓拍子を揃えるために船の舳先に立ち、金の采配をふって江戸の港にはいってきた初代中村勘三郎の心意気が見える船覆いの幕こそが、柿、白、黒の三色に象徴されているのだ。

 猿若祭では勘太郎・長三郎の初披露もあったため、そちらの祝い幕を優先させたのだろうが、まずもって猿若座の気分こそ江戸っ子にとっては晴れがましく嬉しい。
 猿若という道化の役どころは、阿国歌舞伎とともに、出雲、京都、江戸に伝わった狂言回しとして、歌舞伎百般にまつわる名前なので、役者の家の名のうえにきて当たり前である。

 さて三代目中村勘太郎、二代目中村長三郎初舞台は恒例記者会見に始まった。
 同時に発表されたのが、「二人桃太郎記念田んぼアート」と題された田植えと稲刈りイベント。まず五月に松本の田んぼで田植え、秋には稲刈り、18世勘三郎の鏡獅子と日本一の幟をもったふたりの桃太郎が稲田にうかぶ。ひとつのイベントで三度宣伝に絡むイベントだった。
 次は桃太郎ゆかりの鬼ヶ島へ。鬼の洞窟のまえでの親子三人の見得写真。さらに岡山吉備津神社にまいり、鬼の首の埋まっている竈のうえの窯を炊き、鳴り響く音で吉凶を占う鳴窯神事、そして最後は浅草浅草寺における猿若祭お練り、と宣伝大車輪の興行だった。テレビ時代に呼応し、子供二人の一年間密着レポートと水も漏らさぬ中村屋ご家芸の宣伝戦だった。
 かくて歌舞伎座客席にはマスクをし、キャリーバックを引き、芝居中も平気で弁当をひろける無法者があふれたのだった。   ……目出度し、目出度し。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

伝統食おにぎりの改良

伝統食おにぎりの改良

 50年前、おにぎりの差入れを度々したことを思い出した。
 神楽坂の細い路地にその店はあった。
 おばあちゃんが一人でやっていたのだが、歌舞伎座でも新橋演舞場の楽屋でも届けてくれた。
忙しい舞台裏でポンと頬張って食べれるおにぎりは、意外に人気があった。
おばあちゃんのおにぎりは、醤油の香ばしい焼きおにぎりだった。
手のついた粋な篭に入れ、漬物を添え風呂敷に包んで届けてくれた。
名代の役者衆はともかく、お弟子さん、部屋子さん達に殊のほか喜ばれた。
 おばあちゃんの店はあるとき、火事をだし閉店してしまった。

 その頃から、コンビニのおにぎりが進出してきた。
テレビでは、どこのおにぎりがいちばん早くむけるか、などという競争を番組にしていた。
田中康夫が自慢げにおにぎりの皮をむいて、うんちくを語っていた。

 本家アメリカのコンビニにはなかったおにぎりの開発にはいろいろの問題があったのだろう。
 米と具とノリしか使わないメニューだが、お米の選択から具の選び方、鮭、梅、ツナマヨ、こんぶ、明太子
 それぞれに特徴がある。年間21億個も売れるいまのコンビニおにぎりは、日本人の味覚の集大成のようにも 思える。

 パリッとしたのりの感触を保つためにもいろいろの包み方が試みられた。
 レンジで少し温めると、抜群に美味くなるおこわシリーズ等、中高年には絶対的な人気だという。
 おこわのモチモチ感にフックラが加わって、たまらない美味さを演出している。
 なかでも「赤飯おこわおむすび(税込130円)」と、「鶏五目おこわおむすび」は永遠のベストセラーだと  か。
 ごはんにぎりは三角に、おこわにぎりは丸にしないと売れないという都市伝説もある。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

新天皇の「おひとりさま公務」

新天皇の「おひとりさま公務」

 天皇の引退、譲位のことが最終段階に入った。
 天皇の一番の悩みは、皇太子とその妻雅子妃殿下のことだと、報道にもれている。宮中祭祀にまったく興味を示さない雅子妃に対しての不安が、明日の天皇家の存在に影を落としていると悩まれている。
 国民の生活に寄り添い、いつも謙虚に祈ることが天皇家の役割と認識されて、それこそが天皇と美智子妃にとっての役割だった。
 ところが皇太子は雅子妃殿下の不安を包み込み、親子3人でのスキー旅行以外は、お一人様公務があたりまえになっている。
 札幌で開かれた冬季アジア大会開会式も「おひとりさま」公務だった。大会プログラムには、雅子妃殿下の名前があったにもかかわらず皇太子は「おひとりさま」で出掛けられた。
 新しい時代の公務の在り方として、皇太子自身がそれでいいと考えているとしたら、とても不幸なことだ。

 憲法学者は「憲法には世襲天皇の役割しか規定してありません。公的行為でも皇后のご同行は必須ではないのです」と説明しているが、国民は当然のごとくに天皇皇后お二人の出席を望んでいる。
 当日の朝まで出席予定だったのが、直前になって「本日皇后のお出ましはありません」で国民は納得するだろうか。
 皇室の国民軽視として、少しずつ心が離れ、挙句の果ては「皇室いらない」に、つながりかねない。
 雅子妃の身勝手が皇室の悲劇をまねき、2000年の歴史が壊されてしまうかも、と考えるのだ。。

 コミュニケーションの薄れた現代社会にあって、皇室のみならず一般女性達のあいだにも「おひとりさま思考」がふえている。 ひとりカフェ、ひとり映画、ひとりラーメン、ひとりカラオケ、ひとり居酒屋、辺りまではともかく「ひとり海外」「ひとりキャンプ」から遂に「ひとり高級フレンチ」「ひとり料亭」になると、4割以上の男性も引いているという結果がある。
 「ひとり天皇」も「ひとり熟女」も、時代を生き抜けるという保証はどこにもない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

毒殺! その時歴史は動いた

毒殺! その時歴史は動いた 毒殺! その時歴史は動いた

 金正男毒殺事件が、世界を騒がしている。が世界史をひもとけば、歴史の転換期にまま毒殺事件はおこつている。

 トランプのクラブのキング……となつた古代マケドニア王のアレキサンドロス大王は紀元前323年に毒殺されている。両性愛に生きた大王は華やかな宴席のさなか、癲癇状の発作を起こして殺された。彼のワインにはクリスマス・ローズの毒が盛られていたと伝わっている。

 1791年には天才モーツアルトが、わずか35才で夭折した。食事のポークカツに毒を盛られ、その毒が体内を駆け巡り、全身に毒が回って、身体が腫れ、ひどい苦しみと痛みのなかで死を迎えたといわれている。音楽上のライバル…宮廷作曲家サリエリが毒殺の犯人と疑がわれた。

 ナポレオンの毒殺は1821年、100年後、付添の看護婦の日記が発見され、英国グラスゴー大学が彼の遺髪から高濃度のヒ素が検出した。死亡前半年余りヒ素を飲まされていた、という暗黒の歴史が浮かび上がった。

 帝政ロシアの末期、権勢を誇った怪僧ラスプーチンにも、青酸カリによる毒殺未遂事件があった。ワインに盛った毒が効かず銃弾を撃ち込んでも復活、ついに凍った河に沈めて殺したと、犯人ユスポフ公爵が書き残している。

 日本でも徳川末期、13代将軍家定は34才の若さで没したが、遺体の状態からヒ素による毒殺といわれ、犯人は妻篤姫て゜はないかと言われてきた。最近のオーム真理教による地下鉄サリン事件、さらにアラファトPLO議長の高濃度放射性物質ポロニウム210検出事件、歴史の小道具としてつねに毒物は登場している。


posted by Kazuhiko Hoshino at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

品性にあふれた谷口愛子のショート・ヘア

品性にあふれた谷口愛子のショート・ヘア

 谷口愛子というヘア・デザイナーがいる。
 銀座四丁目、和光から少し有楽町よりのビルを見上げると、美容室谷口愛子の文字に出逢う。昔から新派の女優さん、歌舞伎俳優の奥様方に絶対的な信頼があった。ご本人の出目は知らないが、話をかわすとさっぱりとした江戸っ子気質でたいへんに気分のいい女性だった。
 付け焼刃で髪をいじるのではなく、歴史や芸能にふれ、民俗の気分をきっちりと髪型に表現するのだ。劇場に足を運び、田舎も海外も飛び回って、いつも眼を肥し、腕をみがいている。人間的にも優しい温かさをもち、超絶技巧をもちながら控えめな人柄が素晴らしい。数多くのイベントやプレスにもひっぱりだこで、この国のアップの第一人者である。 それ故美容界のレジェンドといわれたり、多くの学校に招聘されたり、とにかく日本一のヘア・デザイナーなのだ。

 いまを時めく小池百合子東京都知事も絶大な信頼を寄せ、当選の暁の断髪式から、日常のヘアまですべて彼女にまかせている。
 彼女のデザインでなによりも素敵なのは、つねに品のあるバランスとシルエットを保っていることだろう。
ショートを創っても生意気にならない。ひけらかす知性ではなく、エレガントなショートになる。ヘアにおけるラインとバランスは、すこし崩れると日本人ではなくなる。その微妙なところをしっかりと抑え、つねに品位をたもつというのは容易なテクニックではない。
 歌舞伎の奥様方が劇場の廊下に並んでご贔屓を迎えても、決して悪目立ちせず清潔感のある優雅な雰囲気を創っている。昨日今日でてきた原宿あたりの美容師とは全く異なる。
 「さりげなく個々に美しく」それが彼女のクリエイティブをささえている。

posted by Kazuhiko Hoshino at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする