2017年12月31日

お節料理は祈りの食文化

お節料理は祈りの食文化

 今年も有難く宅急便で「お節料理」が届いた。祇園町の名店川上さんの心尽しだ。京都のお節は関東に比べ、味が薄いので足がはやい。お重のうしろには、一月一日23時までにお召し上がりください、とある。我が家は老妻とふたりなので、4人前のお節をいただいても23時までには食べきれない。

 そこで近年「親戚のムスメ」と称する他人がやってくる。そのムスメとお神酒をかわし、川上のお節を楽しむ。およそ宗教心を感じない現代っ子であるムスメは、クラフトの全日本組織をたちあげ、世界をリードする日本の工芸の国際化という大層な目標に日々心を砕きながら、銀座4丁目のギャラリーで社長を務めている。
 今風にいえばキャリアのかたまりのようなムスメなのだが、気負い過ぎたところのまったくない率直で気持ちのいい人柄なのだ。たまに男の影もちらつくが、さっぱりと清算し、私いま独身だからと、けらけら笑っている。健康で知恵と豪胆さを兼ね備えた珍しい女性だ。

 すぐる年、佐久の鼻顔稲荷に初詣に出掛けた。ムスメはピンヒールを履いて雪と氷の軽井沢にきた。すっかり反省しあくる年からは低めのブーツやら、完全防寒であらわれるようになった。日本の中央 生島足島神社では、大地のご神体に祈りを捧げた。関東の一之宮富岡の貫前(ぬきさき)神社に参り、日光東照宮より社格が上の初詣をともにした。なんとはなしに初詣はこの「親戚のムスメ」とともにする通過儀礼になってしまった。さて次の初詣はどちらの社にしようかと思案中、善光寺まで足をのばすか、別所温泉北向観音あたりにするか、すべては元旦の「親戚のムスメ」の意向次第だ。

 ところで日本のお節は世界一の食文化ではないか。これほど祈りと結びついた食の習慣はなかなかにみつからない。子孫繁栄をカズノコに託し、片口いわしの田作りは五穀豊穣、黒豆は邪気を払い、紅白のカマボコには魔除けと清浄を願い、家の安全はタタキゴボウ、昆布巻きに喜び、チョロギは長寿のあかし、腰が曲がるまで共にの願いはアカエビに、いわば信仰食ともいうべき内容で、そのうえ女性を家事労働から解放するという、和食の思想をこれほど世界に発信できる行事食はほかにない。
 お節料理は日本の祈りの食であり、文化そのものであるともいえよう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

「純烈」の愛にしばられたい

「純烈」の愛にしばられたい

 勘違いの女子アナやアイドルもせわしなく走り回っている年の瀬である。レコード大賞やら紅白歌合戦の下馬評でアレヤコレヤの唄の世界だが、それとは全く別の世界でたしかな活動をしているグループがある。スーパー銭湯アイドル「純烈」である。

 純烈のメイン舞台は、スーパー銭湯であり、健康ランド、キャバレー、ときにプロレス、市民マラソンも彼らの演奏会場となる。従来の歌手やアイドル・グループが避けてきた場所こそが、彼らのもっとも得意とする舞台である。

 平均35歳オーバー、身長183センチ前後、ちょっとセクシーなイケメンで、5人中4名までがアニメ特撮番組でレギュラー出演をしていた経験がある。 4児の父、元力士、モデル、元ジャニーズ、そして理科大出身とかなりユニークなメンバーである。彼らは「志を変えず最後まで貫く」のテーマのもと、よそ見をしないでスーパー銭湯一筋に歌ってきた。目標は「親孝行」「紅白歌合戦」「全国47都道府県制覇」。 純粋培養のジャニーズ系やら、メディア総動員のAKBとは違い、芸能活動の崖っぷちからはいあがってきた。

 2010年に「涙の銀座線」でメジャー・デビュー、それから8枚目2017年の「幸福あそび」でオリコン演歌・歌謡曲第一位となり、最新作「愛でしばりたい」ではA、B、C、タイプ別CD販売に成功している。歌って踊れるムード歌謡として、オリジナル+昭和名曲カバーで人気を不動のものとし、客席との距離を徹底的につめて、触れるアイドルとしてお客さんを満足させている。

 2016年には、ムード歌謡の大御所マヒナスターズとジョイントし、ムード歌謡の継承者となった。2017年の大晦日には、三か所のスーパー銭湯で時間差のカウントダウンを開催する。18時半草加健康センター、21時半東名厚木健康センター、23時半相模健康センター、とメディアを無視してひたすらの健康センターまわりで、年越しをする。 「さあ、あなたを愛でしばります」ファンのお母さんは紅白も見ないで、純烈の愛にしばられたいと、追っかけに情熱を燃やす。



posted by Kazuhiko Hoshino at 15:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

ヨイトマケの唄 ふたたび

ヨイトマケの唄 ふたたび

 年の瀬も押しせまった12月28日、軽井沢にNHK-BSの取材でスタッフが現れた。
 美輪明宏さんの名曲「ヨイトマケの唄」の制作秘話を聞かせてほしい、というオーダーである。

 「ヨイトマケの唄」は筆者がテレビ朝日(当時はNETテレビ)に在職中、木島則夫モーニング・ショーの
芸能担当のプロデュースをしていた時に遡る。話題になるような音楽の出演者をさがしていた時、ふと思い出して美輪明宏さんに電話したのが、ことの始まりだった。
 昼下がりの絶対にいない時間に、どうしたことか美輪さんは自宅にいたのだ。

 電話に出られた美輪さんに、単刀直入に番組の趣旨をお話ししたところ、美輪さんはそれなら最近作った唄がある、是非聞いてほしい、という。新曲を聴くとなれば、持ち込まれたテープを視聴するか、どこかのスタジオにいって聞かねばならない。面倒なことと一瞬思っていたところ、美輪さんはいきなり電話口で歌い出した、〜 父ちゃんのためならエンヤコラ 母ちゃんのためならエンヤコラ もひとつおまけにエンヤコラ 〜

 その頃、街角から消えつつあったエンヤコラが、使い古された電話の受信口から流れてきた。楽器の伴奏もなくアカペラで歌い出した美輪さんに驚かされたが、歌い手本人がアカペラで歌ってプロデューサーに訴えることなどまず考えられない。普通マネージャーが視聴盤とリリースをもって局に売り込みにくるか、レコード会社のプロデューサーが歌手を伴って売り込みにくる、そんな時代の出来事だった。

 〜 ヨイトマケの子供 きたない子供と いじめぬかれて はやされて くやし涙に暮れながら
  泣いて帰った道すがら 母ちゃんの働くとこを見た 〜  美輪さんのアカペラ電話で心を射抜かれたがそれからが大変だった。曲は美輪明宏さんの母へのレクイエムといっても、当時の美輪さんのイメージは全然違った。強烈な化粧をして煌びやかに登場する美輪さんしか判ってもらえない。そのうえ、曲が長い。テレビにおける楽曲の寸法はほとんどが2分30秒以内、大物でようやく3分というのがお約束、歌って少しインタビューすれば最低でも8分はいる、スタッフの説得をし、社内を持ちまわって番組構成を変えなければ放映できなかった。

 放映直後から制作局の電話が夕方までつづいた。アンコールの葉書が数万通に及んだ。
 かくてあの名作「ヨイトマケの唄」が世に送りだされた。あれから51年、NHKは折にふれてこの曲をとりあげるが、テレビ朝日では一度も取り上げられていない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

トランプ大統領、ルノアールに騙される

トランプ大統領、ルノアールに騙される

 アメリカ2017年の流行語にトランプ大統領が頻発した「フェーク・ニュース」があった。
 ニューヨーク・タイムスからCNNにいたるあらかたのメディアは、大統領からあんた達はフェーク・ニュースの製造元だと指弾された。 そのことからトランプ対メディアの対立軸が明確になった。

 日本でも従軍慰安婦問題の、朝日新聞による記事捏造がひどいので、国益派から一斉に攻撃をうけた。さらに今年はモリカケ問題にたいする取材姿勢で、メディアの権力監視の立場が反安倍のヘイトニュースになっているというので、朝日、毎日、共同とテレビ・ワイドショーの報道が若者たちから背を向けられ、自民大勝に結び付いた。
 戦後左翼の反日運動にたいする右翼民族派の攻撃が、ネットを通じて本格化したということかもしれない。


 さてトランプ大統領のインタビュー映像の後ろにフェイク・アートがあったと話題になっている。よりによってルノアールの「二人の姉妹(テラスにて)」と広く知られた名画である。
 このインタビューの相手は作家のティム・オブライエン、彼はトランプの伝記執筆のため彼のプライベート・ジェットに招かれた。そのときトランプの後ろに掛けられていたのが、ルノアールの「二人の姉妹」ティムが、その絵について尋ねたところ、「これは本物だよ」とトランプ氏はなにげに説明、ティムは「違うよ。僕はシカゴ育ちだ。二人の姉妹はシカゴ美術館に掛けられている。だからこれはオリジナルじゃないよ。」その翌日も同じ言葉が交わされたが、トランプ氏は主張を変えなかったと伝えられている。
 このニュースに専門家たちもぞくぞくと参入、「あれは完全なコピーだ」「ルノアールは自分の作品のコピーはつくらなかった」とかしましい、ついにシカゴ美術館が「私たちのヴァージョンが本物であることに満足しています」の声明までだすはめとなった。

 ときに本物よりも本物に近い贋作やら、健全な贋作やら、美術の世界における贋作騒動はきりがないが、常日頃ヘイトに怒りまくっているトランプ大統領が、ヘイトなルノアールに騙されているのが面白い。

posted by Kazuhiko Hoshino at 14:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

私的墓碑銘/鈴木清順・野際陽子・はしだのりひこ

私的墓銘碑/鈴木清順・野際陽子・はしだのりひこ 私的墓銘碑/鈴木清順・野際陽子・はしだのりひこ 私的墓銘碑/鈴木清順・野際陽子・はしだのりひこ

 歳の暮れもせまり、あちこちで今年の墓碑銘を報じている。我が身を顧みず今年の私的墓碑銘を記してみる。

 演出を生業としてきた身として、鈴木清順の死は悲しかった。映像演出の師でもあった。
 絶望的なシチュエーションのなかで描く華やかな映像美は、他の追随を許さなかった。あえてあげれば、市川崑の美意識に迫る唯一の才能だつたともいえる。
 近頃の日本映画の貧困さにますます竿さしてしまう痛恨事が、鈴木清順の死だった。

 野際陽子さんの死も悲しかった。立教女学院時代の清楚で知的な若さを思い出す。
 いまのJKには全くと言っていいほどなくなってしまった規律のある美しさに満ちていた。バザーの時も、礼拝のクワイアーでも、真剣に美しかった。
 NHKのアナウンサーとしてもいつも向学心を秘め、ひたむきな姿勢で仕事をしていた。早々にNHKを止め、留学したときもさもありなんと納得させてくれた。
 媚びない姿勢でもくもくと仕事をしてきた野際陽子さんの死を悼む。

 はしだ のりひこも長い間パーキンソン病を患って人前に出ることはなかった。
 彼とは「帰ってきたヨッパライ」のころからの付合いだった。同志社大学の神学部をでた彼は、いわゆる芸能人とは全くことなる雰囲気をもっていた。
 フォーク・クルセダーズのあと、シューベルトでは「風」という名曲を作り、その後クライマックスでは「花嫁」を、エンドレスでは「嫁ぐ日」をと、グループの解散、結成ごとにいい曲をつくり、産み落としてきた。 「星野さん、一緒にカモガワ大音楽会をやろうよ」何度かの彼のプロポーズに結局答えられなかったが、はしだのりひこの魅力は心に焼き付いている。
 京都フォークのエースであり、レジェンドだった。鴨川のユリカモメを見ながら、語り合った時間は遠くへ行ってしまった。   合掌
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

アメリカ由来の大浅利

アメリカ由来の大浅利

 江戸っ子にとって、春の潮干狩りはきわめて大切な行事だった。
 東京湾がきれいな海だった時代、稲毛から幕張あたりの遠浅の海に江戸っ子はむらがって、浅利や蛤を採っていた。引き潮の2.3時間が勝負で、潮が充ちてくると三々五々浜に引き上げ、漁師小屋で酒蒸しや、天ぷらにして楽しんだ。
 戦前も戦中もあれほど綺麗な海だったのに、知らぬ間に東京湾は汚い海にかわってしまった。

 東京湾は何時の頃からか綺麗な海をとりもどしたが、在来種の蛤はずっと小さくなり、浅利の漁獲量も激減した。浅利を主役にした深川丼も貧弱なみすぼらしい丼となり、喜代村あたりが復活を見込んで養殖の大浅利を投入するようになって始めて深川丼の明日が見えてきた。

 在来種の貝が滅亡の路をたどるなか、1998年幕張の人工海岸で発見されたのが、「ホンビノス貝」アメリカの貝だった。1999年には京浜運河で、2000年には千葉港でと、ホンビノス貝がぞくぞくと発見されるようになった。聞けばアメリカ東海岸では、食用として歓迎されているという。ワイン蒸しに、クラムチャウダーに、ロードアイランドでは州の貝に指定され、晴れがましい貝だということがわかってきた。

 2012年に800dしか採れなかったのが、2016年には2500dとなり、浅利の海はホンビノスの海にかわった。爆発的な繁殖力をもつこの貝を、いつまでも放置しておくのは勿体ない、とこのほど千葉県が、ブラント水産物として大々的に販売宣伝していくことになった。

 深川丼プレミアムとして、大浅利に擬せられたホンビノス丼が登場するのにそんなに時間はかからないだろう。東京駅、品川駅、そして深川櫓下のあたり、近頃立派な浅利めしが噂になるのは間違いない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

ドライブスルーのお葬式

ドライブスルーのお葬式

 上田の愛昇殿にドライブ・スルーの葬儀所ができた。
 テレビでは賛成、反対と姦しい。巣鴨の地蔵通りでは賛成が多かった。原宿では反対が多かった。ドラブスルーを利用してまで、葬儀に行きたいと願う老人の気持ちは置いてけぼりになって、葬儀の形式にこだわるワイドショウのコメンテーターもいた。
 歩けない老人にとっては、身内の運転するマイカーで葬儀の場にいくことが、心のやすらぎになる。
 ドライブスルーという言い方に問題がある。いかにも簡単に手間をはぶいたかの印象がするのだ。歩行困難の参列者がいると、その補助のため最低でも3人のスタッフがいる。葬儀所も経費を抑えるために人手は極力へらし、ひとつの葬儀にひとりのスタッフしかいないところもある。受付ご案内は、近親者でお願いします、という現実をまえに途方にくれる親族もあるそうだ。ましてや車椅子の介助者は到底用意できない。
 核家族時代には、人手がいちばん困難になる。身体不自由な人の心と、人手不足の現実にどう対応していくかという問題なのだ。

 数年前、ラスベガスのドライブスルーの結婚式場について書いたことがある。
 ドルが踊り、カジノが回り、アルコールと女達の都ラスベガスのドライブスルー結婚式は、どうしても安易な結婚ゴッコとも思えるが、立会人もなく親族もいないインターナショナルなプー太郎と、刹那に生きる女達には、有り難いドライブスルーの式場だった。
 二人だけの結婚式をドライブスルーで挙げ、車の後ろにカンカラを数個つけて走り去る、見送りはジャスト・マリッジのネオンの点滅というのも、もの悲しい砂漠の情景だった。
 日本の高名な歌手も、メディアにはベガスで挙式といっていたが、実はドラブスルーの簡単便利の挙式だった。

 今年も年末が近ずいて、不幸があったので欠礼という葉書がすでに50枚ちかく届いている。社友会から届くメールの訃報も、葬儀は近親者のみであげました、という文面が圧倒的に多い。死ぬほうはそれぞれの事情で死ぬので、突然の死亡通知で葬儀はいつといわれても、生きているほうが対応できない。それ故さいごの付き合いは、近親者のみで皆には迷惑はかけないというのが、90パーセント近い家族葬になる。
 家族に不見識な思い込みがいると、突然の葬式で皆に迷惑をかける。死んでまで皆に迷惑をかけるなというのが、メディアの仲間たちの意識だ。
 葬式をイベント化して売名に使うのは、石原プロやら芸能人という名の人々だけである。

posted by Kazuhiko Hoshino at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

ハイブリット戦争に備える

ハイブリット戦争に備える

 ようやく安倍内閣が、国を守ることに正面から取り組み始めた。
 いままで、左翼陣営や反日エセ日本人に遠慮し、国防について語ることは極力控えてきた。が、ここへ来て、行動せざるを得なくなったのだ。北朝鮮の核とICBMの問題、中国のあからさまな尖閣、沖縄への領土野心を前に、対抗策をつくらなければならなくなった。

 陸軍、空軍、海軍といった古典的国防理論はまったく機能しなくなり、いまでは宇宙戦、サイバー戦争があたりまえに語られている。
 日本の国防はそうした分野に於いて決定的に遅れている。この遅れをすこしでもとりもどそうと、安倍内閣が立ち上がった。海は自衛艦隊、空は航空総隊、陸は陸上総隊と、現場を統括する上級部隊があるが、宇宙、サイバー、電子戦のすべてを束ねる上級部隊を作り、それを軸に新たな組織を作ろうというのだ。
 丸腰のお話合いは、まったく機能しないので、しっかりとした専門部隊をつくることで、強力に外交と国防をバックアップするという明確な目的をもっている。

 民生用の自動車さえ、自動運転のハイブリットに突入しようとしているのに、すべてを人力に頼った陸海空の国防軍は有名無実化している。 ましてや左翼リベラル政党のお砂場遊びのような国防論争にかまけている時間はまったくない。
 僅か100人しかいないサイバー兵力を一気に1000人規模に増やし、サイバー防衛隊を推進するのも、遅きに失した対策だ。ロシア、中国などのサイバー部隊が、世界の政治や局地戦をかく乱している事実について、もっと国民に知らしめないとますます日本人は井のなかの蛙になり、もっと透明性を、まず運用基準を、と戦争の現実を知らない井戸端会議の方向へ走ってしまう。

 周辺諸外国が、ハイブリット戦になったら、日本には歯がたたない。恐るべし日本のサイバー能力は凄い、と認識させないと、左翼の大好きな平和な日本はたもたれない。
 ICBMが飛んでこようが、サイバー攻撃をしかけられようが、それをはねかえし敵の中枢を徹底的に叩く能力こそが、専守防衛の切り札である。サイバー戦は日本人の能力にかかっている。憲法を守りたかったら、サイバー能力の飛躍的拡充、宇宙戦におけるキラー衛星の破壊能力を持たなければ意味がない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

NHK受信料合憲で、テレビは滅びる

yjimage.jpg

 NHK受信料は合憲である、という判断を最高裁がだした。これからはテレビ受信機を設置すると同時に受信料を払え、という判断だ。
 このニュースを聞いて、事務所のスタッフは、これでテレビは、ますます売れなくなりますね、ひょつとするとこれがきっかけでテレピ受信機の製作会社は倒産に追い込まれるかも、という答えをだしていた。
 この最高裁判決で、若者はますますテレビ受信機を買わなくなる。パソコン、スマホで充分だ、というのだ。
NHKは目先の裁判でかって、かえって足元をすくわれるという愚行に襲われたのではないか。現にうちの事務所にはテレビはおいてない。昼休みの耳と眼はネット・ニュース、それも既成テレビ局のような予定調和のない虎ノ門ニュースをパソコンで見ている。そこでは視聴率にも、スポンサーにも縛られない言論人達が、歯にころもを着せることなく自由にニュースをきりまくっている。ああいうネットニュースに慣れると、地上波の媚びいっぱいの番組をたまに覗くと腹が立ってくる。

 ところでNHK受信料の現状は、受信契約対象所帯 4600万世帯、うち未契約世帯 900万世帯、受信料滞納世態 100万世帯、つまり1000万世帯という膨大な数の聴取料が納入されていないということになる。勿論、携帯、スマホ、パソコンの視聴をどうするか、という問題が横たわっていて、そう簡単に結論は出せないだろうことは、容易に想像できる。ハードの進歩が速く、ソフトはそれについていけないという現実もある。
 フランスには、女性はズボンを穿いてはいけない、スカートを着用すべし、という法律が200年前から存在しているが、いまでは誰も守っていない、が法律は存在している。

 「特定の利益や視聴率に左右されず、公平公正、不偏不党の役割を果たす」のが、NHKの公共放送たる所以としているが、最高裁判決を忠実に実行にうつすには、まずその辺りのNHK番組編成から改めねばならない。
 まず民放的なスターシステムによる番組制作体制は根本から革むべきとかんがえる。
 数字本位の商業的編成からの脱却も当然のこと。
 ゆえに紅白歌合戦のような視聴率競争ありきな製作体制は完全に放逐する。
 ニュースは恣意選択ニュースは止め、政治ニュース。国際ニュース、経済ニュース、文化ニュース、スポーツニュース、教育ニュースなど、ファクトにもとずく報道に徹する。そのうえで一切の視聴率競争から脱退する。
 そのくらいの方向を示したら、「公共放送」のお墨付きをあたえてもいいだろう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

軽井沢のカーリング……20年

軽井沢のカーリング……20年

 20年前の長野オリンピック以来、町のスポーツと言い続けて、大変な税金をつぎ込んできた。
カーリングのこと。軽井沢のカーリングもようやく芽が出かかって、オリンピックへ行くところまで成長してきた。この20年支え続けてきたコーチの長岡はとみさんを始め、ご主人、西山、早野、尾崎さんらSCの皆さんの努力はさぞや大変だったことだろう。
 当初挨拶ひとつ満足にできなかった選手たちに、よく我慢してここまで付き合ってきたものだと感服のほかない。巷間スポーツ馬鹿とよくいわれるが、まったくスポーツのこと以外なにもわからず、態度だけが一流というスポーツ選手にまま出会うことがある。常識をわきまえたら、いい歳をして日々レッスンずけの暮らしはできないのかもしれない。
 町民みんなの税金で、立派なホールもできた。スタッフの協力で国際大会も開かれるようになった。
 チーム競技の名の元に、能力が落ちてもずっと選手でいられる。カーリングだけは別だから、という理屈には無理がある。チーム・スポーツは多々あるが、能力が落ちてきたらどんどん入れ替える。後輩の能力を育てるのも、スポーツの役目だ。頂点を極めて後輩に席をゆずるというのも、スポーツの美点のような気がする。

 堀辰雄の樹下で有名な追分泉洞寺に、ある時カーリング地蔵が建立された。
 カーリングという横文字スポーツと地蔵信仰にはどこか無理矢理の感もあったが、それほど檀家さんたちの興味があるということだろうと、得心していた。
 先日友人とともに、泉洞寺を尋ねた。友人は堀辰雄の同性愛への傾斜のなかでの文学について興味をもっていた。ふとカーリング地蔵に眼をやると、その隣に卓球地蔵が新しさを誇っている。卓球も近頃では、温泉場のピンポンから中国打倒のピンポンに変身して大変な人気だ。
 樹下の歯痛地蔵どころか、インスタ映えのピンポン地蔵やら、カーリング地蔵でちかごろの若者はシャメするのだそうだ。 お寺さんの有難みもどことなく薄れ、堀辰雄も遠くなったと追分に別れをつげた。 
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする