2017年08月03日

盆提灯は人間のために

盆提灯は人間のために

 軽井沢に住んでいると、盆行事のこと忘れがちになる。
 観光客や避暑客の接遇に追われ、みずからの祖霊にたいする供養の心が薄れる。わずかに幼稚園の裏に櫓を組んで盆踊りをする、ぐらいのことか。
 避暑と一緒にキリスト教が入ってきたため、仏教系の行事は弾圧されたという歴史もある。近年はすべて経済至上主義で、忙しい真夏に盆行事どころではない、という情けない状態なのだ。

 信州には善光寺があるので、長野まで行けば盛大すぎる盆踊りもあるし、盆花の市もたつ。
 小諸、上田、松本それぞれの盆踊りがある。戦後は誰の入り知恵か知らないが、市民祭などという意味不明のタイトルを付けたので、ただの踊る阿呆と見る阿呆のイベントになってしまい残念なことだ。

 ペットロスのために盆提灯を、という名目でペット屋の店頭に盆提灯が並んでいる、というニュースに接し、日本人の自己喪失もここまできたか、と驚いた。ペットを人間なみに扱うという美名にかくれ、人間としての尊厳を失なっているのだ。倫理も哲学もない。所有欲のヴァリエーションでしかないペットに、盆提灯という発想は、人間喪失のなによりの証しともいえよう。ペットに盆行事を求めるあなたは病んでいる。

 お盆が来ると、奥三河の遠州大念仏を思い出す。かつて武田、徳川の三方ヶ原の合戦の死者の供養に始まったと伝えられるが、いまでもそれぞれの大念仏團を組織し、新盆の供養に駆け回る。歩いて回る念仏團、リヤカーに太鼓や双盤をのせて周る念仏團、あるいはバスを貸し切って周る念仏團、といまでも30近い遠州大念仏團がでる。
 お盆の奥三河は祖霊供養の鉦や太鼓の音に充たされる。盆提灯も日本一立派なものが飾られて、死者も迷うことなく返ってくる。
posted by Kazuhiko Hoshino at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

井村シンクロのセンスの悪さ

井村シンクロのセンスの悪さ

 日本のシンクロ・チームは何故金メダルをとれないのか。
 中国へいっていた井村コーチを呼び戻し、チームを再編成して世界に望んだが、成果はご覧の通り、やっぱり金はとれない。メディアは井村コーチと選手たちのスパルタ練習風景を取り上げるが、問題の本質はそこにはない。
 作品の完成度がイマイチなので何度挑戦してもメダルには届かない。コーチがヒステリックに声を上げるのは、揃わない技術レベルの不揃いだが、そんなことは作品以前のことでそうした選手が出場することが問題なので、テクニツクは揃ってあたり前、レベル以前の選手は出場させてはいけないのだ。
 本選当日、サイドの練習用プールでヒステリツクな声を上げるなど、卒業運動会のレベルといわれても抗弁できない。

 ロシア、中国には歯が立たないが、ウクライナには勝ちたいとキャスターは騒いでいたが、観客の眼で冷静に見てみるとその差は歴然としていた。
 シンクロのルールが変わり団体表現が中心になって以来、チームのテクニックは無論のこと、作品構成の巧みさやセンスが問われるようになった。ギリシャなどのドラマティックな作品、或はサーカスのピエロに託したメキシコ・チーム、アメリカ・チームのショウアップな表現、フランス風なウィットにとんだ作品、ウクライナの巧みな構成力、テクニックの見せ方、圧倒的な作品力が日本チームの上をいっていた。

 スタッフ力が問われている。衣裳のセンス、振付の上手い下手が作品の品質を決定ずけている。肉体的な条件に劣る日本チームにおいては、振付の良し悪しと衣裳のセンスが決定的な要素となってくる。
 まずコーチがもっと勉強しなければ駄目だ。この先は井村コーチの脳みそがどれだけインターナショナルなレベルを突き抜けることが出来るか、否かにかかっている。
 衣裳のセンスも甚だしく悪い。太鼓紋をつけて原色をあしらっても一向にお洒落にならない。白黒だけのジオメトリックなウクライナの衣裳などをみても刺激されないというあたり、センスの悪さに絶望する。
 日本のシンクロはスタッフの勉強にすべてがかかつている。選手を怒鳴るまえに自分を怒鳴れ!!!





posted by Kazuhiko Hoshino at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

鰻が美味すぎる

鰻が美味すぎる

 あまりに暑いので鰻のことを書く。
 鰻といえば、歌人斎藤茂吉にとどめをさす。茂吉の一生は鰻とともにあった。
「うなぎ時代」「うなぎ・鰻時代」「鰻時代」「うなぎ・鰻・ウナギ時代」「ウナギ時代」作品表記によって茂吉のウナギとの関わりが理解できる。それほどに茂吉はウナギを愛し、ウナギを食した。
 元旦早々にうなぎを食べ、三ケ日毎日うなぎを食した年もあった。回診して疲れたら鰻、映画を見て鰻、日米開戦のニュースを聞いて鰻、茂吉の毎日は鰻でなりたっていた。

 少年の頃、客人とともに鰻はあった。客によって仕出しの鰻はどんぶりだったり、重箱だつたりした。ごくまれに肝焼きがついてきた。
 長じて鰻懐石を覚えたのは、赤坂山王神社の境内にある「山の茶屋」だった。このうなぎ屋は大磯の吉田茂さんの家まで届けていると聞いてびっくりしたことを覚えている。その頃の「山の茶屋」は一座敷に一客しかとらず、いつ訪れても静かな森の静かさが迎えてくれた。

 「竹葉亭本店」に凝っていた時もあった。離れの座敷の文人風が好きだった。竹葉亭のふっくらとした鰻の香りと部屋の空気がこんなに合う店はなかった。業界の粋人が集まって句会を開いていたこともあった。

 パリのファッション街、フブサントノーレ通りの一角には麻布野田岩のパリ支店がある。パリへ行くと一度は「野田岩」に顔を出す。男性のフランス人フロアはいいのだが、着物姿の日本人女性の尊大な態度が気になる。なにかカン違いしているのだ。たかがウナギ、されどウナギなのだ。

 近頃はスーパーの鰻もだいぶレベルが上がってきた。酒に浸し、チンするとそれなりに美味い。さとうのごはんの「つや姫」に載せてたべると結構楽しめる。
 がやっぱり、赤坂「重箱」のうなぎを忘れることはできない。庭も座敷もすべてがうなぎなのだ。




posted by Kazuhiko Hoshino at 15:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

「ツルヤ」派? 「デリシア」派?

「ツルヤ」派? 「デリシア」派? 「ツルヤ」派? 「デリシア」派?

 軽井沢のスーパー・マーケットといえば、30年前位から「ツルヤ」と決まっていた。
 その前には紀伊国屋もあったし、明治屋もあった。ジャスコが新興勢力として登場したこともあった。地元の小さなスーパーもいくつかあったが、みなサービス競争で敗れ去った。
 別荘族のお母さんたちは、夏の終わり都会へ帰るとき、ベンツの後に野菜をしこたま仕入れて、帰って行った。遊びにきた友人たちも、「ツルヤ」からお土産のジャムやらレタースやらを送っていた。
 地元の魚屋さんに発したツルヤは、経験的に魚の仕入れにすぐれ、地元のキノコ類などでも半端なく多品種を仕入れ他店の追随を許さなかった。が、例にもれずここ数年の急速な県内出店に伴い、ショップパワーに陰りが見えてきた。つまり商品構成がマンネリ化してきたのだ。利幅の取れる自社ブランドの商品がふえ、食品の味覚追及に甘さが目立ってきた。

 そこにこの春から東軽井沢に登場したのが「デリシア」である。
「デリシア」は松本を中心に中南信地方を地盤としてきたスーパーである。商品の構成が細やかで消費者のライフスタイルに寄り添った展示になっている。
 ツルヤのごとく大量に商品を置いておくのではなく、少量多品種できめ細かい。すでに食生活のスタイルが確立しているオバサンたちには、ツルヤで充分なのだが、まだ若い世代で食のスタイルが固定化していない人達にとっては、圧倒的にデリシアが親切なのだ。
 惣菜類や弁当などの種類も多く、共働きの夫婦にとっては重宝きわまりない。消費者のライフ・スタイルについて考えていることが如実にわかる。

 君は「ツルヤ」派? それとも「デリシア」派? 
 それによってライフ・スタイルの新旧がはっきりとわかる。
posted by Kazuhiko Hoshino at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

欠陥女性議員 夏の揃い踏み

欠陥女性議員 夏の揃い踏み

 右翼のホープ、稲田朋美防衛大臣が、とうとう辞表を出した。彼女の国家論に感動して大臣にまで引き上げた安倍晋三総理はさぞかし落胆していることだろう。
 流行のリボンのついたスカートを履き、鯖江の眼鏡をかけ、アミタイツを履いてがんばってみたけど、結局自衛隊制服組に嫌われてあえない最後であった。

 蓮舫民進党代表が辞任した。民進党再建の切り札の筈が、崩壊のきっかけをつくってしまった。二重国籍問題が最後まで尾をひき、今頃になって日本人になりましたと、見得をきったが、これからは国籍で戸籍を開示させるようなヘイトな行動を慎んでほしいと、まるで見当ちがいなことを発言したため、蓮舫には国家というものがわかっていないと、猛烈な反発をうけた。占領下でもあるまいし、外国人に国家の政治をあずける国など、どこにもない。

 おかげで今井絵理子議員の新幹線手つなぎ睡眠など何処かへ飛んで行ってしまった。
「このハゲッーーーーーー!!」入院中の豊田真由子議員もさぞかし安堵していることだろう。
 女性議員は概して肉食系が多くようやくこの国もフランス並みになったかと喜んでいたが、選挙民のほうがまだまだついていけない。愛欲不倫騒動は選挙区の女性たちから、シカトされ次の選挙は絶望的になる。

 女子アナ上がりの畑恵議員は、政界のプリンスだった船田元議員を泥沼に引っ張り込み政界失楽園と揶揄されたし、「あなたとベットを共にしたい」と500通のメールを送り続けた佐藤ゆかり議員、年下議員に路上チュウをねだった中川郁子議員、親分の小沢一郎が派遣した秘書をたべてしまったヤワラちゃんこと谷亮子議員、民主党のハニートラップと言われた林久美子議員は世耕弘成官房副長官を強奪不倫、議員宿舎を不倫の巣にしたと言われた西村まさみ議員は、結局夫と娘を棄てて9歳年下の山下剛正議員と宿舎同棲を始めた。

 政治を志す女性が愛欲至上主義でもいっこうに構わないと思うが、それらの議員が提起した法律がひとつも聞こえてこないのは真に残念の極み。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

テレワークは働き方改革にならない。

テレワークは働き方改革にならない。

 小池百合子が例のグリーンスタイルで、吠えていた。
 働き方改革をしよう。今日のこの日をテレワーク第一歩の記念日にしよう。私は2020までに、テレワークを定着させたい。 というのだが、はたしてそれでいいのだろうか。

 おりしもアメリカから、テレワーク廃止の報がとどいた。それもITの本家とも言えるIBMとヤフーである。
 テレワークの弊害が目立ってきたので、全面的に休止するというのだ。つい20年前まで憧れの働き方だった。テレワークでは、会社がもたないと、いうのだ。
 会社と離れたところで自由に家族の都合にそって仕事をするのは、一見よさそうだが、会社にとってよくない。なによりも職場の一体感が失われる。日常顔をあわせないことからお互いに無関心になり、仕事に情熱をもたなくなる。従って会社へのロイヤリティがなくなる。
 個々に自由になりすぎて型通りの仕事しかしない。だからテレワークは良くないという結論なのだ。

 今話題になっている四国今治の寒村では、テレワークを村の中心事業にしようと、空家を整備し、ITの環境をととのえて都会からの企業誘致をはかり、当初こそメディアに取り上げられ話題になったが、そこにくる若者たちには人生に対する哲学はなく、飽きたら皆都会にかえってしまったという悲しい現実しか残らなかった。

 働き方改革というのは、結局自己都合だけで、社会改革につながらないお題目なのだ。
 テレワークに慣れた若者は、バソコンにしか興味をもたない人間不在の疑似人間になる。相手の顔をみて議論せず、この場で考えず、会議は全員パソコンだけを覗いて、粛々と議事が進む、気持ちのわるい会議になってしまうのだ。




posted by Kazuhiko Hoshino at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

平尾昌晃とふたりの女

平尾昌晃とふたりの女

 平尾昌晃が逝った。ロカビリー三人男として、満天下の子女を熱狂させたあの日劇の舞台が懐かしい。初めて日劇の舞台にトイレのロールが飛んだ。舞台に少女たちが殺到して平尾のズボンに手をかけ、ひっぱってぬげそうになったこともあった。日劇ウェスタン・カーニバルは戦後日本の音楽風景をガラリとかえた。
 ミッキーカーチス、山下敬二郎、そして平尾昌晃だった。この三人に眼をつけたのは、渡辺美佐さんだった。マネージメントという言葉をメジャーにしたのは、渡辺美佐さんだ。日本女子大をでたのち、父親の影響から音楽プロモーターの道に入ったのだが、いち早くアメリカのマネーメントシステムを日本に導入した先駆者だった。

 平尾昌晃にとっての第一の女性こそ渡辺美佐その人だった。渡辺美佐はロカビリー三人男のなかから平尾昌晃をもっとも愛していた。
 柳家金語楼の息子に生まれた柄のわるい山下敬二郎、金と女にだらしなかったミッキー・カーチス、に比べはるかに育ちのよかった平尾昌晃に惚れたのだ。
 ワタナベプロの新人たちはつぎつぎと平尾の楽曲でマイクの前にたった。
 梓みちよは「渚のセニョリーナ」、伊東ゆかりは「恋のしずく」、小柳ルミ子は「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」、園マリは「泣きぬれて」、中尾エミは「花のさだめ」、布施明は「霧の摩周湖」、沢田研二は「あなただけでいい」、天地真理は「ふたりの日曜日」、最後にはドリフターズまでが、平尾のヒット曲「ミヨちゃん」を唄った。 渡辺美佐さんは心から平尾昌晃の才能に惚れていた。

 1968年平尾昌晃は肺結核をわずらった。長野県岡谷塩嶺病院で療養生活を送り、肋骨6本をとる大手術で復活した。そして出会ったのが銀座のママ山口洋子だつた。山口洋子の詩は平尾の心をゆさぶった。
 「よこはま・たそがれ」によって五木ひろしを復活させた。「長崎から船にのって」「夜空」「別れの鐘の音」とつづき、平尾の作曲の幅がさらに広がった。平尾昌晃+山口洋子のゴールデン・コンビは日本歌謡界に新たな風をもたらした。
 必殺仕事人シリーズの印象的な劇音楽、宝塚歌劇団ベルバラの劇中歌なども彼の新しい才能の分野だった。そして平尾の初心が蘇ったのが「平尾昌晃音楽学校」の開校だった。全国各地に分校をつくり、音楽人口の裾野をひろげた。慶応高校在学のころ、日本ジャズ学校に学んだ彼の青春がよみがえった。

 隣りのクルマから降りてきて、「 …先生お元気ですか。」人なつこい表情で話しかけてきた平尾昌晃の笑顔が浮かぶ。          合掌
posted by Kazuhiko Hoshino at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

浅草のスタス・レビュー

浅草のスタス・レビュー

 浅草ROXビルにある「ゆめまち劇場」は不思議な小屋だ。客席はクラブ形式なのだが、ステージまわりはアングラ小劇場風という変った造りになっている。
 ラスベガスにはこうしたラウンジ・シアターと呼ばれる小屋が沢山あったが、いまではスポーツ・カジノにとって代られ、姿を消した。パリのモンマルトルにはいくつかこの規模のクラブ・シアターは残っている。ただ舞台まわりは、ゆめまち劇場ほど不愛想ではない。シルバーやゴールドの幕、無論ブラック・カーテンはあるのだが、自由に出入りできるスリツトカーテンや、鏡のホリゾントが用意されている。大道具がなくても充分に演出できるステージになっている。ゆめまちの楽屋の不自由さや、そっけない上下の舞台袖には、上演舞台が想像できない。

 そのゆめまち劇場でSKD・og・STASが、夏のおどりをやっていた。
 高城美輝、明石薫、銀ひ乃で 三人を中心に20人ほどのレビュウ狂を集め、懲りずに時代に逆らっている。がここまで執念深いと頭が下がる。浅草を愛し、レビュウが大好きという彼女たちは、そろそろ無形文化財にちかい。

 ショーが始まってしばらくは戸惑いを隠せなかった。クラブ形式の劇場なので、踊り手は度々眼前にやってくる。メークアップが大劇場風なのだ。突如オーバーメイクの踊り子が目の前に現れると、観客は戸惑うのだ。このような小空間で美しく見えるメークはあると思うのだが、そこそこに美女も多いのだから、そのへんをもう少し研究してくれると有難い。
 品のいいキレイに見えるメークは絶対にある。そうすることで旅回りの小芝居やゲイバーのアトラクションと差別化でき、文化庁の芸術振興補助にふさわしい舞台になると思うが如何。

 ショウはJ-ボンドの辺りから俄然よくなった。山鹿灯篭のリリックな美しさ、芹なづなと瀧園子の稗つき節からハイヤまで、さすがSKDの血を引いていると安心して見られた。 後半のダンスナンバーも安定した振付と表情で楽しませてくれた。
 主犯三人のエネルギーがどこまで持つか不安もあるが、こうしたアンチームなショウ・チームは貴重な存在だと認識した。10月には芸術祭に参加してパワーアップするとのことである。
posted by Kazuhiko Hoshino at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

斎藤由貴・無欲の勝利

斎藤由貴・無欲の勝利

 50歳を迎えた斎藤由貴が、いま再びブームになっている。
 無欲の勝利といおうか、映画、テレビ、舞台、アイドル、女優、歌手、詩作、イラスト、ナレーター、これだけ雑多な仕事をしてきたにもかかわらず、業界のアカがついていない。1984年第一回の東宝シンデレラ・オーディションの出身だが、不思議なことに東宝箱入り娘のイメージをいまだに保持している。

 個人的には、1989年彼女が迷惑そうな表情で唄った「夢の中へ」でハートを揺さぶられた。
井上陽水のコンテンポラリーな音を、全く異なるハウス・ミュージック風なアレンジで都会の歌に変換した。
 媚びない彼女から、探し物は何ですか?と問いかけられると、ほつといてくれ、といいたくなるが、彼女のB型、乙女座の故か否応なしにオトナのイマジネーションに引っ張り込まれた。
 夢の中へ、夢の中へ、行ってみたくなってしまうのだ。

 尾崎豊との恋の破局を迎え、珍しく彼女が落ち込んでいた時、斎藤由貴の母は、自分で選んだことだから「正々堂々と不幸になりなさい。」と彼女に言い放ったというが、この母にして今日の斉藤由貴があったのだと感心させられる。

 彼女の芝居をみていると、引きずり込まれるのは彼女のリアクションだ。多くの女優達が類型的なリアクションを演じるなかで、斉藤由貴のリアクションはきわめて個性的なのだ。会話の間合いも微妙なところで個性化する。泥水に溺れず、よくここまできたと感心するばかりだ。
 無欲とリアクションの勝利、それが50歳の斉藤由貴である。
posted by Kazuhiko Hoshino at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

都心回帰の大学は生き残れるか

都心回帰の大学は生き残れるか

 高度成長期に次々と郊外にでていった大学キャンパスが、都心帰りの様相をみせている。
 一二年の教養は郊外で、三四年の専門教育は都心でといった大学キャンパスの棲み分けがくずれつつある。

 一番の原因は人口問題、1990年に18歳人口200万人だったのが、2010年には120万人まで落ち込み、2030年には18歳人口は100万人になると予想され、2050年には70万人まで落ち込むと予想されている。生き残るためには、大学はありとあらゆる方策をうたないと廃校においこまれるのだ。
 少子化の影響をもろにかぶっている大学にとっては、アクセスがよく、身近に繁華街をひかえたキャンパスこそが、学生獲得のキャッチになる。
 現に日野キャンパスから渋谷に戻った実践女子大学の応募者数は30パーセント増になったといわれているし、青山学院大学も文系7学部の渋谷復帰で応募者数が増えているそうだ。田舎育ちのボンクラ娘にとって、シブヤという街に近い、それだけで魅力なのだろう。 大学も劇場型になって教授や教育内容よりも応募者の志向に媚びなければならない時代になってきたのだ。

 名門中央大学も八王子の多摩キャンパスに移して40年になるが、この40年は失われた40年とさえいわれている。イギリス法律学校に源をもつ法科の中央が、この40年間ずるずると落ちてきた。かって東大より優秀だった法科系卒業生が東大に負け、早稲田に負け、慶応の後塵をあびて、かっての輝きを失ってしまった。はたして後楽園キャンパスに移して栄光をとりもどすことができるだろうか。
 今 共立女子大、立正大学、拓殖大学、跡見学園大学とぞくぞく都心回帰が始まっているが、いたずらに学生に媚びて建学の精神を失ったら元も子もない。

 情報過多で思考不能に陥っているわかものを覚醒させる方法はないだろうか。渋谷や池袋に近いからと、進学を希望する馬鹿者たち、君たちに大学教育はいらない。
   

posted by Kazuhiko Hoshino at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする