2020年05月10日

ヴェネチアの悲劇

ペストの医者.jpg

 「アドリア海の女王」という言い方に惹かれたし、「水の都ベニス」そんな呼び名にも惹かれて、数回のヴェネチア行があった。
ヘミングウェイの常宿でもあった五つ星+Lのグリッティパレスの朝食に憧れて、大運河からボートでチェックインしたこともあった。朝日に輝くサンタマリア デッラ サルーテ聖堂を前に、ゴンドラの行き交うキャナルを見ながらの朝の食事は、夢のまた夢のときだった。

 ある年の大晦日にはサンマルコの広場で、足の踏み場もないほどのシャンパンのボトルの破片の中で、新年のハグをかわした。無数の花火が新しい年の来復を告げていた。
 迷路のような狭い路地を訪ねて、カサノヴァのトランプを買いに行ったこともあった。亡き岩田糸子さんとゴンドラに揺られて島中を遊びあるいたこともあった。

 万華鏡のようなヴェネチアがもつとも輝くのはなんといっても二月のカーニバル、世界中のセレブが集まって美しいマスクをつけ、中世のドレスをきこんで島全体が何世紀の昔に帰る。仮面をつけ、時代衣装をまとえばだれでもが祭りの主人公になれる。
 昔貴族たちが美しい娘たちを手に入れるため、仕組まれた仮面舞踏会の作法がそのまま二月のマリア祭に持ち込まれたのだ。わくわくするような美しさに包まれた猥雑な行為に、人々みなが生きる命を謳歌しているようだった。

 ことしのカーニバルは、武漢コロナのおかげで途中打ち切りの憂き目にあつた。中国の一帯一路の甘言に乗った結果がこれだった。
 カーニバルのマスクの中にはかってのペストの経験から「ペストの医者」と呼ばれる鷲鼻のマスクもある。マスク工房の店は蠱惑的なマスクを店頭から引き揚げ、みなこの「ペストの医者」を飾ったが効果はなかった。
 ヴェネチアの全人口の一割ものひとびとが、あの世にたびだってしまった。 人影のきえたサンマルコの広場は悲しい。ペストの医者も悲しいけど、これが現実だ。
 ヴィスコンティの「ベニスに死す」が蘇ってきた。
posted by Kazuhiko Hoshino at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

五月の空に鯉のぼりがいない

鯉のぼり.jpg

 今日は端午の節句だ。
 事務所に多くのスタッフが出入りしていた頃には、この日は必ず鶴屋八幡の柏餅を積んでみんなに振舞っていた。
 事務所のベランダには小さな鯉のぼりを出して、男たちの仕事ぶりを祝っていた。六本木の空にも鯉のぼりがあがっていた。

 軽井沢は田舎だから当然鯉のぼりは上がっていると信じていたが、旧軽井沢にも中軽井沢にも追分にも鯉のぼりはない。男の子が生まれていないのか、それとも親は子供の健やかな育ちを念じないのか。
 三井の森にも鯉のぼりはいない。軽井沢の空に鯉のぼりはいない。

 愛する我が子が鯉のように逞しく、激しく流れ落ちる滝を登り、龍のように天を登っていくように、祈らないのは何故だろう。
 黒い真鯉は父と冬を、赤い緋鯉は母と夏を、青い稚鯉は春と成長を願って、風をのんで大空に浮かぶ景色は五月の空そのものだった。

 吹流しは家の魔除けになると祖父から贈られてきた。かってのよき日本の風景がどんどんなくなって行く。
 テレビでは家庭に閉じ込められた子供たちに、マスクの作り方やら手洗いの仕方やら一生懸命に教えているが、鯉のぼりの意味や作り方など教えてこの国の五月の空をとりもどすほうが、よほど素晴らしいとおもうが如何。
 ああ、鯉のぼりの上がった五月の青空を見たい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

テレワークに警告する

テレワーク.jpg

 テレワーク、テレワークと画面上でデータ通信したり、学習したりすることがさも正しいことのように喧伝されている。
 とんでもないことだ。テレワークなどというものは、人間から人間性を奪い、人間の可能性を拒否する悪魔の学習、または悪魔のコミュニケーションと心得るべきだ。
 いまは武漢コロナという緊急時だからとりあえずテレワークで我慢しようというスタンスでなければならない。

 今回の世界的パンデミックで経済的な利益をえたのは、GAFAといわれるアメリカIT企業にほかならない。
 アップル、アマゾン・コム、グーグル、フェイスブック、の全社が新型コロナウィルス感染拡大の悪影響をしのぎ、感染防止のために自宅ですごす人々の「巣ごもり消費」で圧倒的に売上高を伸ばし、全社増収を記録した。
 コロナウィルスの感染実態から利益をえたのは、中国の細菌戦参謀本部と世界のネット市場を支配するGAFAと呼ばれるIT産業にほかならない。
 経済までやられて出口がみえないと騒いでいる反面、しめしめとばかり札束を数えている産業もあるということだ。

 かって役者が下手になったと論じられた時があった。どこの家庭にもVIDEOが普及し、我が家でVIDEOを見ながら稽古をすればいいといった風潮が当たり前になった時のことだ。 役者同志がガチンコで稽古するのとテレビの前でひとり稽古をするのではまるで違う。VIDEOには相手役の呼吸はうつらないし、舞台を支配する空気も映らない。
 演劇の醍醐味はこの役者と観客が一体になった空気なのだ。若手役者が稽古をVIDEOに託し、バイトのテレビに精を出すようになっから、舞台上の面白さがどんどん減っていった。演劇がイベント化していったのだ。

 教育についても、近所付き合いも、みなテレワークで充分と考えるような風潮は厳につつしむべきではないだろうか。
 そんなものに頼っていたら結局人間の魅力を見失い、ロボットのいうように暮らすつまらない社会に堕ちてしまうだろう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

近江八幡の掘割りに想う

P4250642.jpg

 コロナ・ホームステイ週間のおかげで、奇跡に近い旅ができた。
 戦国時代の近江の国のありさまが手にとるように理解できたのだ。
 まず近江の入口に建つ佐和山城、秀吉三奉行のひとり石田三成がここに居城を定めた理由がもっともとわかった。東国と京、畿内の要衝にあり、喉元の防備に欠かせない位置をしめていることがジオラマを見る如くに理解できた。

 にほんの城郭建築の始まりといわれる安土桃山の城跡も琵琶湖を眼下に天下布武をとなえた織田信長にふさわしく、石墨にふれただけでも彼の人間のスケール観がよみとれる。幻の城が湖面に反射していた。

 不運の将軍秀次の造った近江八幡も、八幡山を背景にした琵琶湖水運と楽市楽座を中心に組み立てた都市構造の優秀さに眼をみはった。
 暗愚の将軍として秀吉に断罪された可哀そうな将軍ではなかった。琵琶湖の南の何もない葦の原に掘割を軸に南北に軍備と商業を並立させ、楽市楽座の法令をもちこんであきんど達に自由に交易をさせたあたり、なかなかの治世者だったことが伺える。

 こうした町の気風が、日本一の商人を育て、ヴォーリズなどの近江兄弟社を生み、菓子のたねやを育て、西川のふとん本家やら、かっての敷島紡績などの紡績業を産んだ所以なのだろう。
 料亭招福楼も官休庵やら表千家にちかく、禅と茶の趣味に傾倒したみごとな建物と料理に趣味人が集まっている。

 近江八幡に散在するヴォーリズの建築群、居宅、洋館、郵便局、ヴォーリズ学園、ヴォーリズ病院、近江兄弟社など廻って、初めて軽井沢では判らなかったヴォーリズの全貌に近ずいたような気がした。時代劇のロケに度々登場する掘割の表情も豊かで、倉敷などとてもかなわない。

 観光客が全くと言っていいほど居ず、町のたたずまいや歴史の時間が皮膚でかんじられた素晴らしいひとときであった。
 こんな充実した時間を下さった石寺真澄様と図師育代様に感謝である。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

小林麻耶と心中する新聞協会

小林麻耶.jpg

 日本新聞協会のエッセイ募集広告をみて、一瞬冗談かと思った。
 特別審査員としてテレビ界のカマトト娘として著名な小林麻耶のアップがのっている。
「新聞という病」「新聞の終りの始まり」と年々新聞への信頼が失われ、新聞をよまないことが若者のステータスになっているときに、新聞社のすべてが集まり大々的に公募するエッセイの審査員が「マヤカシ」のシンボル小林麻耶では、あまりにもお粗末ではないか。
 やっぱり新聞社ってのは没落の断末魔なのだと、みんなを説得するに充分なキャストである。新聞の知性がこの程度のものとみずから告白しているような特別審査員である。

 文学賞であれ、戯曲賞であれ、エッセイ賞であれ、文字ないし言葉をえらぶコンテストは数えきれないほどある。
 みなそれぞれのよって立つ背景と思想哲学を基盤に応募作品を選んでいるが、どの賞も真面目に運営されている。どんなに小さい賞でも言葉の達人、文章の達人に選考を依頼し、応募する人々の意にこたえられる人を選者としている。
 から騒ぎのカマトト、思わせぶりに人にせっするマヤカシの芸人を選者にするところなど、まず見当たらない。本当に日本新聞協会が主催する催事なのだろうか。
 新聞人を自他ともに許す人々が、審査を託するに値するタレントを認めたとすると、「新聞という病」はそうとうに重いと感じざるをえない。
朝日新聞のヘイトに騙される日本人は、そういつまでもいない。新聞に期待する知性は何処かへいってしまった。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

中国政府にコロナ賠償金を請求する

武漢ウィルス勝利記念切手.jpg

 世界中の国々が武漢コロナのおかげで苦しんでいるいま、こともあろうに中国政府が「武漢コロナ祝勝記念切手」を発行しようとしている。
 わが国人民の勇気と努力で完全にコロナを制圧したという記念切手である。
 世界中にコロナを垂れ流したという責任感は全くない。春節前に中国全土を封鎖し、海外旅行を止めれば今日の惨状はなかったと断言できる。
 国内に発生した感染症を把握していながら、世界中に中国人を放出した罪は大きい。まず習近平は世界に向かって「お詫びのメッセージ」をだすべきだろう。

 アメリカがまず怒った。
 "中国政府がコロナウィルスの感染の拡大や、殺傷性を意図的かつ組織的に隠蔽する工作を実行し、米国民と多大な人間に死をもたらした。
 米国議会は中国政府に対し、その工作が全世界に生んだ被害、損失、破壊への法的責任を取り、損害賠償金を支払うことを求める。
 米国議会は国際社会に対し、各国家が中国の行動で受けた損害を数量的、測定的に測定し、中国政府からの賠償金を受け取るための法的なメカニズムを創設することを提案する。

 上院ジョッシュ・ホーリー議員、下院エリス・ステファニク議員ほか10名の議員が、上下両院にに同じ内容の法案を提出した。
 さらに署名者のひとりジム・バンクス下院議員は中国からの賠償金の獲得方法を具体的に提案した。
 第一は中国が保有する米国政府債券の一部から取り立てる。第二に中国からの輸入品に特別関税をかけ、「コロナウィルス犠牲者賠償基金」として積み立てる。

 フロリダ、テキサス、ネバダの各州では、地元中小企業が団結して、コロナウィルスによる被害賠償を中国政府に求める大規模集団訴訟をおこしている。
 はたして日本の議会はどう動くのか見ものである。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

芸能界の骨肉の争い

女優あん.jpg

 娘を嘘つきと述べる母/
母をみづからの財産を奪う収奪者とのべる娘/
法廷という場で互いを罵りあう母と娘/
 父の度重なる不倫/
母の巨額の借金/
両親の離婚/
異国へいってしまった父/
 残された人気女優の娘/
娘の学校の同級生の親から借金をする母/
高校を中退する娘/
パリコレにでる娘/
女優デビュウの娘/
 娘と人気俳優との恋/
母の名前でホテルを予約、娘との共犯/
結婚3人の子供授かる/
父の不倫につぐ夫の不倫3年/
両親と同じ娘の離婚/
 水商売の母/
娘の事務所の社長になった母/
釈尊会という新宗教/
娘から給料を貰って社長になった母/
娘NHK朝ドラの主役務める/
 突如馘を言い渡される母/
娘を相手取って訴える母/
娘と実母との骨肉裁判/
果てしなくつづく法廷闘争……
posted by Kazuhiko Hoshino at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

非常事態緊急権を拒否する野党

コロナウィルス中国.jpg

 憲法審査会という組織がある。
 法治国家として最高の法律である憲法を絶えず考え、時代に適合しているか否かを審査する役割を背負っている。
 これまで幾度となく憲法審査会の開催を要望してきた自民党だったが、野党はがんとして応じてこなかった。
「不要とは言わないが、不急である。」意味不明の言葉遊びで憲法審査を拒否してきたのが、立憲民主をはじめとする共産党などの野党である。国民はかねがね馬鹿も休み休みにして、真面目に憲法論議をして欲しいと望んでいたが、今回の武漢コロナ戦争ですこし希望が持てるようになってきた。

 公明党の北側憲法調査会長が9日ようやく発言した。「 コロナ感染症の拡大がどう展開いくかわからない。緊急事態に関する憲法上の規定を議論するのはとても大事である。」 公明党が言い出せば、立憲民主も応じざるを得なくなるだろう。
 もし明日にも国会から感染者が出、ただちに議事堂閉鎖という事態になれば、議論なんかできない現実にぶつかるのだ。

 日本の野党は本当にアタマが悪い。
 念仏のごとく緊急事態条項が憲法にくわわれば、人権が制限されて戦争に連れていかれる。とまるで緊急事態は戦争を仕掛けることだと固く信じている。目の前の中国由来の細菌戦争にまきこまれても、まだ人権人権とお題目をとなえている。いい加減にせい、というところだ。

 ドイツもフランスもイタリアもアメリカも「国家非常事態緊急権」で戦っている。日本だけが憲法に非常事態緊急権がなく、首相からのお願いや、知事のカタカナ脅迫で対処している。国家緊急権と憲法はどこの国も一体なのだ。
 このコロナ戦争への安倍首相の脆弱さは、野党の憲法審査拒否が根本的原因であるといわれても反論できまい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

梅沢冨美男の転落・プレバト春光戦

梅沢冨美男.jpg 

 梅沢冨美男がとうとう転落した。
「この番組は俺で持っているんだ。なんだ、この野郎!」と豪語していた梅沢が、プレバト春光戦で最下位に転落した。そもそも彼には、さもしい地上波テレビに出演しているという自覚がない。モーニングショウの玉川や、松岡修造に共通する厚かましさと他人にたいする謙虚さが欠けている。
 夏木先生に対する礼儀もないし、他の出演者にたいする態度も、無礼をうりものにしている不愉快な芸風である。

 春光戦のお題は「不動産屋の貼り紙」
   第一席は東国原英夫の作品
   " まるでシンバル 移り来し街 余寒 "
   ・・・彼のの青春の寂しさがしみじみと伝わる。
   第二席は藤本敏夫の作品
   " 1 D K 八重桜まで 徒歩2分 "
    ・・・これも彼の実体験だという。
   第三席には中田喜子が入選した。
   " 若芝に大の字 身ひとつの移住 "
    ・・・彼女の喜びように思わず涙が流れた。

 プレバトを見ていると、芸人たちの教養の深浅がよく判り、意外な発見もある。お題に対する想像力の飛躍にそれぞれの可能性を感じることもある。
 馬鹿馬鹿しいお笑い芸や、偏ったニュース報道よりもはるかに有益で面白いプログラムなのだ。

 ちなみに梅沢冨美男最下位の句は、
 " 風呂なしの 四畳一間の 三葉芹 "
   ・・・三つ葉芹の生命力が伝わらない。自己陶酔の駄作である。
                 
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

ミサイルのないミサイル部隊

沖縄ミサイル部隊.jpg

 コロナを世界中にまき散らしている中国は、相変わらず尖閣諸島の領海侵犯を繰り返している。
 日本にとって尖閣諸島、与那国島、石田島、宮古島、沖縄本島など南西諸島防衛は必要不可欠の最重要課題だ。

 陸上自衛隊の宮古島駐屯地にミサイル部隊が配備されたことで、防衛強化は一歩前進したようにみえるが、実は絵にかいた餅のようなもので、実態はマンガなのだ。
 部隊はいるが、弾薬庫がない。沖縄県も地元行政も弾薬庫の建設に難癖をつけ、弾薬のない自衛隊になっている。  軍を配備するということは、同時に武器も弾薬も配備しなければ意味がないとは子供にも理解できる話だが、どうしたことか知事も町長も絶対反対なのだ。 弾薬のない自衛隊にどうして島々を守れというのか。喜んでいるのは隙あらば侵攻しようと狙っている敵国だろう。

 つねづね沖縄諸島も尖閣諸島も我が国の領土と主張する中国のしわざと考えるのが自然の成り行き。  県知事も、宮古島町長も、隣国からワイロでももらったのか中国の利益代表とかんがえるのがもっとも自然にいきつく結論である。
 そうでなければ、自衛隊に弾薬を持ってくるな、等というとんでもない発言はない。
 ミサイル部隊がいても肝心のミサイルがない、
 馬鹿もやすみやすみにして欲しい沖縄の最前線である。
posted by Kazuhiko Hoshino at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする