2017年05月26日

嵯峨平野屋の鮎たより

嵯峨平野屋の鮎たより 嵯峨平野屋の鮎たより

 例年のごとく5月の半ば過ぎると、都の西、奥嵯峨鳥居本から送られてくる。
 十五段の可愛い小田原提灯である。しばらくの間伺っていないので、もう今年は来ないだろうと思っていると、律儀に送られてくる。提灯の腹には、嵯峨の赤鳥居と平野屋、平成二十九年、そして「鮎便り申し上げます」とある。今年も無事に鮎がきました。是非鮎を食べに嵯峨鳥居本の平野屋へお越しください。というメッセージが込められている。奥嵯峨の虫の音と水の流れを聞きながら、鮎の料理に舌鼓をうつと、ああ生きててよかった、あと何回この鮎の美味さに出会えることかとしみじみ思う。

 鮎の塩焼きには、あちこちで出会ってきた。
 長じて記憶にのこっているのは、宮崎高千穂峡の帰り道、五ヶ瀬川の河原で食べた鮎だった。天岩戸にお参りし、岩戸神楽に徹夜し、悠久の歴史と遊んだ後だったので、河原の鮎には殊のほかリアリティがあった。
 軽井沢の夏は千曲川の鮎宿が定番になっている。佐久大橋から上田、上山田のあたりまで鮎の簗場とともによしずの鮎宿が十数軒ある。ご贔屓なのは、上田の河原にある鯉西の鮎宿だ。すぐ目の前で、串に刺された鮎の数十匹が炭火に煽られて焼きあがるのはなんとも嬉しい。鮎飯もことのほか美味い。千曲川の川風と鮎の焼ける香りがディエットで襲ってくる。
 軽井沢の帰途、いつも立ち寄ったのは、高崎に近く碓氷川の鮎宿だった。少し苦みのある鮎の塩焼きはいくらでも食べられる。
 夏の庶民のご馳走は、京都も信州も鮎にとどめを刺す。

嵯峨平野屋の鮎は、千曲川の鮎にくらべれば格段に高い。いえばコスパに劣るということだが、芸妓さんといっても恥ずかしくなく充分に季節のぜいたくを味わえる。離れの座敷から三味線のさんざめきが聞こえることもある。古い廊下の傾いているのも趣きがある。
 祇園祭のあと、平野屋の鮎を楽しみに車を走らせるのは、老境の青春でもある。
 平野屋のご挨拶の提灯に思いを託して、夏の気分にひたっている。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

スニーカー二足の恋試し

スニーカー二足の恋試し

 スニーカーを始めて穿いたのは、いくつの頃だったか良くおぼえていない。
 それまで、靴はニューヨークへ行くたびごとに一足ずつ買い求めていた。理由はニューヨークの五番街にあったバリーの靴屋の店員さんによる。どうしたことか、ホテルの裏口からバリーの靴屋さんがつながっていた。
 店を訪れ、ソファに腰かけ靴をぬぐと、店員は無言で足をみつめた。その間、約2秒、にっこりと微笑んで奥へはいり、持ってきた靴が寸分たがわず足にフィットした。
 だからニューヨーク行はいつもくたびれた靴で出発し、新しい靴に履き替えて成田に帰ってきた。

 そんなバリーの短靴が何時の頃からか銀座ヨシノヤに変わった。パリの石畳をあきるほど歩いても、決してくたびれず、しっかりと石畳の凸凹を吸収してくれる靴が、銀座ヨシノヤのウォーキング・シューズだった。
 しかしここ10年パリへの撮影行では、ヨシノヤの靴でも重く、スニーカーの機能をさがしもとめるようになった。

 日曜日にはオペラ座を覗きたい。1回か2回かは、正しいフレンチ・レストランにもいきたい。となると如何にものスニーカーではまずい。
 一見正しい靴にみえて、実はスニーカーなみの機能性を備えた靴でなければならない。そのためにはひも付きのスポーツタイプはまずい。派手なパッチワークのあるスニーカーもまずい。機能面からは絶対的にスリップオンがいい。長い間演出の仕事をしてきたので、舞台に駆け上がって駄目出しをするにも、スタディオのセットで演出するのも、いちいち紐のついたものでは非常に不便なのだ。スリップオンに優るものはない。
 が自身の足が間抜けの小足のため、男性用の靴ではみあたらない。甲が低く、幅は狭く、つまり女性用の靴でなければ足にフィットしない。
 黒かグレイの色を主体に探し回る。いっときスケッチャーズの靴がいいようにおもい、履いてみたが靴底からダイレクトに衝撃がつたわり、とても疲れる。メレルも重たい。ヨネックスもむだに重い。アディダスはあまりスリップオンに興味はなさそうだ。

 いつものことながら悩んでいると、スタッフがつれてってくれるという。突然の靴探しだ。
 いきなりのリーボック、2017春夏の新作でスカイスケープなるシリーズ、軽量ふわふわな履き心地、シンプルな黒グレイのツートンでなんとも足に優しい着脱楽ちんなスリップオン、街歩きから旅行通勤のセカンド・シューズ向きとある。
 念のためもう一軒と連れていかれたのが、アキレスのコンフォートシューズ、3E、24.5のアッパーに二本の偽シワのある脱ぎ履き簡単の旅先電車ないでもラクチン踵機能のついたイミテーションレザーの黒い靴、なかなかのフィット感に惚れた。
 しばらくの間、この二足を履いて、恋女房に成れるや否や試みてみよう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

サラリーマン川柳の堕落

サラリーマン川柳の堕落

 第一生命サラリーマン川柳コンクール第30回ベストテンが発表された。
 全国から55.067句寄せられ、ファン約11万4000人の投票によって決められたものだそうだ。ファン投票というのは一見よさそうにみえるが、実際にはよくない場合が多い。広く一般の人の趣向で選ぶと、概ね毒のあるユニークな作品は消えてしまう。つまらない平凡な作品に落ち着くことが多い。川柳というアイテムに一般投票はなじむかと問われれば、否と答えるしかない。
 川柳そのものの表現からいっても、時代を風刺したり、人間関係をパロディするのだから、鋭い眼をもっていてこその審査なのだ。

 上位10位に選ばれた作品はあまり刺さらなかった、というのが正直なところだ。
 一席の「ゆとりでしょ? そう言うあなたはバブルでしょ?」世代間の意識ギャップは散々にいわれてきているので、あまり刺さらない。類型的にすぎる作品なのだ。
 二席「久しぶり! 聞くに聞けない 君の名は」、四席「同窓会 みんなニコニコ 名前出ず」いずれも高齢化社会の入り口の作品で、突っ込みが足りない。
 三席「ありのまま スッピンみせたら 君の名は?」この句も新鮮味はない。アメソンのさわりと映画の題名をもってきただけの昔からあるパターンだ。

 六席の「君の名は ゆとり世代の 名が読めず」キラキラネーム以後、「たまひよ 赤ちゃんのしあわせ名前辞典」の影響がすさまじい。名前は文字よりも響きを大切にし、従来の日本語ではないイメージ中心の名前をつける。女の赤ちゃんでは、美しくしなやかに、大地にしっかり根を張るように生きて欲しい、ということで…。
 華・はな 陽葵・ひまり 結衣・ゆい 心春・こはる 芽依・めい 澪・みお 莉央・りお 陽菜・ひな 穂花・ほのか 結愛・ゆあ 美結・みゆ 一花・いちか 結月・ゆずき 沙菜・さな 咲希・さき 詩織・しおり  … 等々 しあわせ名前辞典では、あなただけのWeb鑑定サービスもついている。
 古い世代から見るとキャバレーの源氏名にしかみえないが、母親たちは読めなくとも一向にかまわない。一生自分の名前の読み方を、説明し続けるわが子の不幸は想像外なのだろう。

 九席に至ってようやくスタッフに受けた。 「オレのボス ヤフーでググれと 無理をいう」 なるほどというテクニックがある。
 ヤフーとグーグルの違いがわからない老人には、若い世代からの痛烈な一矢である。


posted by Kazuhiko Hoshino at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

日本を守るレールガン、レーザー兵器、電磁パルス兵器 

日本を守るレールガン、レーザー兵器、電磁パルス兵器

 北朝鮮から日本に一斉にミサイルを打ってきた時、日本はどうしたら防衛できるのか。
 尖閣領海内に毎日侵犯してきている中国公船が上陸してきた時、日本はどうすべきなのか。

 日本には憲法9条がありますから、なにもできません。  
 日本は世界でただひとつの被爆国ですから、話し合いで解決すべきである。…という人々がかなりいる。
 平和ぼけ、または 国家国民を守るということに対し、無責任な楽天主義者たちである。

 周辺の国々に領土拡張主義者や、核武装至上主義者がいる以上、それに対する防衛策は必要不可欠なことだ。

 そこで政府は大学など研究機関に対して、安全保障技術研究推進制度なるものを打ちだした。従来6億円程度だった予算を大幅に増額し110億円もの予算を組んだ。

 早速「大学の軍事研究に反対する会」が結成された。神戸大、名古屋大、新潟大、東京理科大、大阪市大、豊橋科学技術大などの先生が集まって反対の狼煙をあげ、みんなで抗議のメールを送ろうと決議した。
 反対メールの作例をつけて、ぜひともこの文例で送ってください。大学の先生ともあろうものが、真実自分の意見ならば作例などつけられたら失礼と怒るかと思いきやそうでもなさそうだ。
 軍事用が民生化し、民生用が軍事に転嫁している現代の科学技術もわかっていない先生たちでは、学生達が可哀そうだ。

 いま宇宙からとんでくる核兵器にたいする最終防衛兵器は、電磁加速砲ともいわれるレール・ガンや、レーザー兵器、またはEMPと呼ばれる電磁パルス兵器しかない。レールガンはミサイルの50分のTの予算で出来るし、レーザー兵器は一発1ドルしかかからないコスパに最も優れた最終防衛兵器といわれている。
 こうした先進兵器による国土防衛こそが、周辺の好戦国家にたいする最大の防備になる、ということがわからない大学のボンクラ教授や平和教条主義者たちは、国民を守るべき義務についてなんと心得ているのだろうか。
 科学こそが国土を守る最後のトリデ、いっこくも早くイスラエルを凌駕するレーザー兵器を完成させて欲しい。

  
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

アン・シネの神対応に

アン・シネの神対応に

 「紳士のスポーツ」と呼ばれているスポーツがいくつかある。ゴルフ、カーリング、馬術… 等など、しかしこうした紳士のスポーツも音を立てて崩れている。馬術は孤塁を守っているが、ゴルフにはその面影すらなくなった。
 ワールドレディース・サロンパスカップ2017 茨城つくばみらい市小島新田まで、4万1千484人が押し掛けた。このゴルフクラブ始まって以来の混雑だつたと伝えられる。共に回った日本選手はギャラリーが多くてシアワセだつたけど、みんなプレイは見ないで、オッパイとオシリばかり見ていたみたいと、自嘲気味に笑っていた。

 そのオッパイとオシリを見せつけたのが、韓国で「フェアウエイの女神」と呼ばれている、アン・シネ選手だった。1990年12月18日生まれ、5歳のときから父の経営するゴルフ場でクラブを振っていた。建国大学を卒業するころには、身長165p、バスト90p、ウェスト56p、ヒップ85センチ、Gカップの見事な女性になっていた。若干の整形はしたが、顔は美人だし脚線美もそなえたセクシークィーンとして、2008年韓国のゴルフ界に登場した。

 人気と成績のバランスはなかなか取れず、いつも人気だけが先行して彼女を悩ませた。衣裳には本来競技に勝つための機能と、ファンに注目されるファッション性が必要だが、彼女が選ぶウェアはいつも機能よりファッションが優先していた。成績はいまいちだつたが、超ミニスカと美しい脚の人気は衰えなかった。
 母は幼い時から「心を寄せてくれる人には心で返しなさい」とアン・シネに繰り返し繰り返しいつてきた。競技が終わった後、押し寄せるファンに対し、一人一人丁寧にサインと笑顔を返す神対応はそんなところからもきているのだろう。
 観客は袋とじを見に行っているのではない。競技をみにいっている筈なのだ。
      いつか悩殺パンチラより、スコアの注目される選手に育つことを祈っている。
posted by Kazuhiko Hoshino at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

一帯一路のトリック

一帯一路のトリック

 一帯一路というスローガンのもと、北京に130カ国あまりの首脳が集まった。
 中国から中央アジア、ヨーロッパを結ぶ鉄道網、道路網、陸のシルクロードと海のシルクロウドを作り、一大経済圏を完成させて、ウィンウィンの平和の道をつくろうという、大変結構な構想なのだ。
 が習近平のいうように、そうした構想がスムーズにいくのだろうか、誰でもが首をかしげている。金のある強大な中国にノーというより、ここはとりあえず円満にお話を聞きましょうという、建前で集まっている国もかなり混ざっているようだ。

 日本からいえば、一方的に九段線なるものを設定され、尖閣の領土権を宣言し、公船を毎日のように領海侵犯させるのみならず、空にまで戦闘機を飛ばしてくる領土拡張の現実を見せられては、とても中国は信用できない。
 トンガ王国は首相官邸まで中国に建設してもらったが、建設作業員はすべて中国人でトンガ人は全く採用されず、中国から貸し付けられたお金もすべて中国人によって持ち去られてしまった。中国によって作られた道路もわずか一年でダメになり、ポヒバァ首相は、数年後にはトンガは中国に乗っ取られると悲鳴をあげている。
 スリランカでは、中国のカネで開発し完成した港が、借金を棒引きするから港を貸せといわれ、中国の軍港になってしまった。 中国の植民地化政策にまんまとはめられてしまったと、なげいている。

 「世界経済を支配したい」という野望、さらに「領土的野心」、ひろげているシルクロードには44億人の人口があり、GDP は21億ドルの市場に眼をつけた習近平という中国人に、世界の運命をまかせていいのか、今世界に突き付けられている課題なのだ。

 「危機に瀕している中国経済の救済」を隠し、「アメリカから覇権を奪取」しようとする中国が本当に誠実で嘘のない国ならば、まず国内の経済格差をなくし、科学技術をより振興し、さらに「中華思想の破棄」を宣言しなければ、先進国はどこも信用しないだろう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

祇園の「冨美代」200年を祝う

祇園の「冨美代」200年を祝う

 四条通りをまっすぐ八坂神社に向かっていくと、やがて右側に一力さんの紅殻塀が見えてくる。花見小路と呼ばれているその路地をまがれば、一力、廣島屋、多麻さんはじめ多くのお茶屋さんがある。いわゆる祇園町南側と呼ばれている地域だ。
 四条通りを挟んで反対側は祇園町北側である。そこには祇園のロケに必ず登場する辰巳稲荷や、家元井上八千代師の教場がある。南の一力亭にたいして北の大店といえば冨美代さんである。富永町にどうどうとした店構えでその暖簾の立派さに、花街しらずのお上りさんでもただならぬ風情をよみとる。
 現在祇園町を束ねる総務さんは、冨美代の女将八代目太田紀美さんである。かってイギリスのバージン航空のモデルに引っ張り出されたこともある、いかにも祇園の女将らしい知性と美貌にはんなりがつく熟女なのだ。

 その冨美代さんが創業200年を迎えた。東京では200年はほとんど考えられないが、京都ではそんなに珍しいことではない。なにしろ日頃1000年の都というのが口癖になっている町なので、200年といってそんなに晴れがましいことではない。

 冨美代の女将太田紀美さんは、今風な配りものをするより、創業150年のときに七代目の先代が配った祇園研究家熊谷康次郎さんのつづりを復刻しようと思いついた。どうぞこの文章に、五十を足してよんでいただければうれしゅうございます、とある。

 祇園のお茶屋は一現の客は相手にしない。宿坊としょうして行きつけの家はがきまっている。そこは店の延長であり、接待所である。お客の種類にしたがって程度を心得たものである。お茶屋は御店やお客のためを思うて無駄を戒めて、臨機応変である。そして家庭とも往来して奥様ともすぐ心安くなる。春の都をどり、秋の温習会、諸々の舞の会、顔見世などの切符の世話から、弁当の世話まで、おちょぼや仲居が付き切りでする。こうしてお得意と御茶屋の関係は幾年も幾代もつづくのが例である。またこうした御得意を数軒守ってしく尻さえせねば御茶屋の方も幾代でも伝統を守ってつづくのである。
 これが祇園の御茶屋の昔からのあり方である。ひょつとしたら、冨美代のことを語っていられるのではないかと錯覚するぐらい、余りにも冨美代にびったり当てはまる。冨美代はこんな御茶屋である。

posted by Kazuhiko Hoshino at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

真子さま・菊川怜・神田沙也加・阿川佐和子・いずれ時がきましたら…

真子さま・菊川怜・神田沙也加・阿川佐和子・いずれ時がきましたら… 真子さま・菊川怜・神田沙也加・阿川佐和子・いずれ時がきましたら…

 5月になっていろいろの結婚報道の洪水に、真打が登場した。
「いずれ時がきましたときにお答えさせていただきます」「それも時がきましたら」「それも時がきましたら」さぞや厳重に口止めされていることと推察できる秋篠宮真子さまと小室圭の「時がきましたら婚」、日本国民の大好きな皇室の慶事である。

 直近には、フジテレビの朝のキャスター、少しゆるい東大出の菊川怜(39歳)の結婚が報じられた。相手はその道で著名なIT企業家、カカク・ドットコムやらクックパッド社長の穐田誉輝氏(48歳)、なるほど流行の金持ち婚と思われたが、穐田氏側の過剰な情報統制に反発した群小メディアからつぎつぎとスキャンダルが報じられた。同棲、重婚のすえ3人の婚外子がいるという現実、さらに4人目の子供もみつかったという事実、とんでもないIT長者だったという報道だ。
 新郎は「みんなのウェディング」会長でもあり、冷静にかんがえるとただの淫行常習犯だったというお話、番組上に露呈している菊川怜のゆるさに輪をかけた結婚話だった。

 その少し前に報じられたのは、神田正輝と松田聖子の娘、神田沙也加と村田充の結婚報道。神田正輝は素直におめでとうといったようだが、母聖子は許さなかった。聖子の男性趣味とあまりにも離れていたと週刊誌に書かれている。
 なにしろ日本の歌謡界で聖子ほど男を渡り歩いた例はない。生まれ変わったら一緒になろうと誓った郷ひろみに始まり、真田広之、近藤真彦、そして沙也加という子をなした神田正輝、マネージャーのK氏から、ビビビときた歯医者の波多野浩之、アメリカでの乱脈ぶりを手記でばらされたジェフ・ニコル、アランリードと華麗な性欲主義者の道を歩いてきた。こうした母の背を見て育った沙也加は、まったく反対のBilly、小池徹平、田代万里生、山崎育三郎と渡り歩き、母と娘は真逆な男性観をもってこんにちに至ったのだ。

 そこに今更婚ともいうべき、阿川佐和子の結婚報道が飛び込んできた。……もし街中で私たち二人が手に手を取って歩いている姿を見つけても、「ヨッ新婚メ!」などとからかわないでくださいませ。手を繋いでいるのは、時空を超えた愛ゆえ、すなわち、互いに転ばないためなのですから。
 阿川佐和子63歳、お相手69歳 お見事な熟年婚である。

 あれもこれも、「いずれ時がきましたら」の皇室婚ですべて吹っ飛んでしまった。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

カン違いの「やすらぎの郷」

カン違いの「やすらぎの郷」

 「テレビを今のような下らないものにしたのは、テレビ局そのものだからだ」といって、親友のテレビ・ディレクターの入居を拒否する豪華な老人ホーム、それが「やすらぎの郷」と称する老人ホームだ。
 作家倉本聰の怨念がそこにこもっているといわれるが、はたしてそうだろうか。
 テレビというメディアは初めからいささかの皮肉をこめて電気紙芝居と呼ばれてきた。当初こそもの珍しさも加わって、報道をはじめ教養、娯楽、スポーツあらゆるジャンルからテレビに乱入した。

 伝統ある映画界の眼は、テレビを軽蔑することから始まった。民放が始まった頃、映画スターとよばれた俳優たちはテレビにはでない、というプライドに支えられていた。が始まって5年もたたないうちに、日本映画界始まって一世紀分のギャランティが俳優に支払われた。その頃から、映画スター達はぞくぞくとテレビに出演するようになった。
 筆者も石原裕次郎初めてのテレビ出演の演出をし、森繁久彌テレビ出演の演出もした。もうそのころにはテレビを見下すどころか、なんとかテレビから多くの金品をえようと、日本映画界はテレビのハイエナになっていたのだ。

 今日、日本映画の宣伝といえばほぼ90パーセントが、あれほど軽蔑していたテレビでのタイアップ宣伝になってしまった。製作委員会という製作システムでも、テレビ局を如何にとりこむか、その一点こそが映画製作の成否をきめている。
 流行りの番宣でも、プログラムの内容にそぐわない俳優がゲストで登場すると、きまって映画の宣伝である。
番宣なれした視聴者にすべてを見透かされ、さっさとテレビは消されてしまう。テレビの没落も始まっているのだ。

 こうしたテレビの終わりを招いた責任の一端には、利益一辺倒の資本に大きな責任はあるものの、テレビ・メディアに食いついて、視聴者に媚びた脚本を書き続けた脚本家にも責任の一端はある。殺人ドラマばかりにしてしまったのは、文芸ドラマや恋愛ドラマを大衆から遊離したストーリー仕立てにして、茶の間に相手にされなくなった脚本家達に大きな責任がある。
 そもそも昔芸能界で名をなした老醜の女優や男優が集まった環境に興味をもつ視聴者はまずいない。そこには気持ち悪いメークと、大時代な演技ばかりが目立つ化け物屋敷があるだけだ。そのテレビ人専用老人ホームで昔風ソープオペラのような事件がおこっても誰も興味をもたない。ましてやかっての芸能プロダクションの金持ちがつくった贅沢な施設とあれば、ますます反感を呼ぶだけである。
 倉本聰も焼きが回って、世間が見えなくなっているとしか思えない。
 「やすらぎの郷」ではなく「やすらげない郷」なのだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

サイバー戦争が始まった。 

サイバー戦争が始まった。 

 去る5月12日未明、突如としてサイバー戦争が始まった。
 全世界150か国が攻撃され、20万件に上る被害が出た。ノー天気な日本人は、この事実を戦争だと思っていないようだが、全世界に向けての新しい戦争のひとつのカタチ、それこそがサイバー攻撃という電子戦争にほかならい。

 今回の攻撃は、アメリカ国家安全保障局NSAのスパイ活動に使用されていたハッキング゙ツールを盗み出した何者かによって実行されたと、そこまでは追跡できたが、その先がわからない。これほどの大量攻撃であれば、そうとうの大きな組織でなければ不可能だと言われている。
 現在大規模なサイバー組織を持っているところといえば、トランプ大統領誕生に一役買ったと噂されているロシア、一帯一路を掲げなんとしても世界の雄にならんとする中国、そして北朝鮮、イスラエル、世界中への監視プログラムをもち毎年30億jの金を使ってXkeyscoreの改変をつづけるアメリカ位しか考えられない。
 ハッカー集団シャドー・ブローカーズから今年3月にインターネット上に放出されたソフトが使われたという説もあるが、シャドー・ブローカーズそのものの実態がつかめていない。

 イギリスでは国民保険を扱っていた全病院のシステムがダウンした。 フランスではルノーの工場がやられた。 スペインでは大手通信社のネットがダウンした。 日本では日立の全コンピューターが使用不能におちいった。 アメリカでは大手物流会社フェデックスがねらわれた。 ロシアでは内務省が攻撃された。 攻撃目標が多岐にわたり、目的が判然としない。

 サイバー戦争の目標がはっきりしない。まさかマイクロソフト自身による脆弱部分の確認ではなかろう。
サイバー戦争には国境がないため、誰がなんのために攻撃しているのかもわからない。世界をまたにかけた愉快犯だとしても、そのサイバー隊員を揃えるのは並大抵のことではない。事業としてなりたたなければ、犯人は国家と考えるしかない。インテリジェンスのある成熟した国ばかりならいいが、国際常識の通用しない特殊な国の組織がやっているとなれば、慰安婦像どころではなく、とんでもない被害が世界中に及ぶのだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする