2019年11月04日

軽井沢が騙されたマーラーの指揮者

ベニスに死す.jpg

 ……疫病コレラによって死の都となったヴェニス、炎と消毒液にまみれたヴェニスの裏道をアッシェンバッハが彷徨う。
 彼は過ぎし時、ヴェニスの浜で出会った少年タッジォのまばゆいほどの美しさに、惹かれていた。少年の肉体をかりた美の極致に惚れた宿命の恋だった。 ……背景にはいつもマーラーの交響曲5番第4楽章アダージエットがなっている。
 ルキノ・ビスコンティによる映画「ヴェニスに死す」は僕の人生にとってもっとも衝撃をうけた映画だった。

 テレビからたまたまマーラーがきこえてきた。ハープと弦楽器群による4楽章のアダージエットからハープが抜け落ちている。画面にはときにハープがフラッシュして入ってくるから、音量を上げてみた、それでもハープは聴こえず弦楽群だけが聴こえてくる。音声スタッフのミスはあきらかだった。
 パーヴォ・ヤルヴィの指揮は繊細にして哲学的だったが、N響は重く3楽章のスケルツォにいたっては、棒についていくのがやっとのありさまだった。軽妙にカルカチュアされた粋な部分がN響にはなかった。

 マーラーと聞くともうひとりの指揮者を思い出す。イギリス人のダニエル・ハーディングだ。マーラー・チェンバー・オーケストラの指揮者を13年つとめた彼は、マーラーの名声とともに軽井沢に乗り込んできた。
 すっかり舞い上がった町は彼を大賀ホールの芸術監督に迎えた。さあ、世界一流のマーラーが聞けると期待したが、ついに彼はいちどもマーラーを聞かせてくれなかった。指揮したのはタンホイザーの序曲だつたり、ベートーベンの7番、あるいは新世界、軽井沢は完全に馬鹿にされ、なめられたのだ。 日本の田舎町にはこの程度の曲で充分と考えたのはたしかだった。
 町は恥をかかされ、捻出した何百万円かの契約金はドブに棄てた。騙された軽井沢がわるいのか、騙したハーディングが悪いのか。
 イギリス人の芸術家にはこんなひどい奴もいる、という見本だった。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ベートーベン生誕250年のカツラ

ベートーベン.jpg

 2020のオリンピックはすでに耳たこだが、2020はベートーベン生誕250年の記念年でもある。
 すでにクラシック業界では、ベートーベンにかこつけた企画が目白押しだ。
ベートーベン三大交響曲の夕べ、 ピアノとヴァイオリンによる2大協奏曲、あるいはベートーベンによるピアノソナタ全曲シリーズ等々、楽聖ベートーベンの尻馬にのって金儲けを企む文化商人が張り切っている。

 ところが思わぬところでベートーベン生誕をチャンスに、商売の大拡張をねらっている業界があった。カツラ業界である。
 教科書で慣れ親しんできた、モーツアルトも、バッハも、ベートーベンもみんなカツラだった。このさい、ハゲのおじさんも、薄毛のおばさんも、みんなカツラをつけたらいい。
 カツラを恥ずかしいものとせず、お洒落の一部として堂々と流行らすには絶好のチャンスではないか。メーカーと代理店がひそかに企んでいる。

 17世紀から18世紀にかけてのカツラ・ブームは毛じらみが原因だったといわれているが、そうしたリアルを超えて、フランスでは成人したら自毛で外出してはいけないという行儀作法の領域までカツラがはいりこんだ。
 平安期のお姫様が優雅に顔をかくす檜扇も、じつは口臭を相手にかけないための作法だったが、口臭予防の垣根をこえてアートなアクセサリーに昇格した。
 森山良子と清水ミチコがはしゃぐ列車旅よりは、ベートーベンのカツラ・スタイルを宣伝したほうがよほどカツラのステージもあがるという訳だ。 嵐やら台風がカツラをかぶって馬鹿さわぎしたら、ひょっとして流行の表舞台に登城してくるかもしれない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

諏訪内晶子のいま

諏訪内晶子.jpg

 学生時代、女神といえば映画スターでもなければ、新劇女優でもなかった。
 ミューズはクラシックのヴァイオリン奏者と決まっていた。それ故、第二次世界大戦の戦乱を潜り抜け、ドイツの英雄ゲッペルスから名器ストラドバリウスを贈られた伝説の美少女「諏訪根自子」は絶対的ミューズだった。凛とした美貌に溢れる清冽な空気は、演奏まえのステージに充ち、ヴァイオリンをかまえたとき、その佇まいの美しさに胸をしめつけられた。
 そしてもうひとり、男眉のキリッとした「巌本真理」がいた。戦後の廃墟に立ち向かうかのような巌本メリーエステルもまたミューズにふさわしい知性と美貌を供え、犯しがたい雰囲気があった。

 その後数多くのヴァイオリニストが輩出したが、どれもこれも中途半端で心を揺さぶられなかった。器用に弾きこなすだけで心ゆさぶられる世界が聴こえてこない。いみじくもフランスの大統領が評したソニーのトランジスターのような演奏ばかりなのだ。

 久しぶりに感動したのが「諏訪内晶子」だった。チャイコフスキー記念音楽コンクールに最年少で優勝したにもかかわらず、コロンビア大学で政治思想史を学び、音楽の言語化という課題に挑戦した。
 名指揮者シャルル・デュトアとの不倫騒動も彼女の人生観あってこそのアバンチュールであった。桐朋女子高、ジュリアード音楽院で学び、世界のコンクールで栄冠をかちとってきた彼女は、いまいろいろなことに煩わされることなく音楽と向かい合っているといっているが、果たしてそうだろうか。
 「国際音楽祭NIPPON」の芸術監督は、彼女の演奏にとってプラスなのかどうか疑問が残る。優れた演奏家である彼女がプロデューサーやマスタークラスの教育者になってしまっては、エネルギーを吸い取られてしまうのではないか。
 「ある程度、ストイックな生活をしなければ、いい演奏はできない」と断言する彼女の演奏に曇りが生じたら悲しい。東日本大震災のチャリティは後輩にまかせ、戦後日本最大の孤高のヴァイオリニストとしての完成を期待したい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

AIの家来になった若者たち

マッチングアプリ.jpg

 人間は間もなくAIの下邊になるだろう。AIというご主人様の思うように生きていかねばならないのが、10年後20年後の人間のすがたである。と、訳知りに解説しているご仁もいられるが、若い人たちはいまや雪崩を打ってAIの支配下にはいっている。

 人間と話すのがうっとうしく、AIの言うとおりに恋をしたり、結婚をしたりするほうが、ずっと安全だし安心と信じている。
 いわゆる「マッチング・アプリ」と呼ばれるシステムだが、「恋活」「婚活」「再婚」「出会い」という人間の一生にとってもっとも重大なチャンスをすべてAIの指示に従うという人が、40パーセントの多きにのぼっている。
 今すぐかんたん無料登録! 1000万人突破! 国内最大 利用率No.1 誰にもばれずに婚活したいなら! 無料で相手をシュミレーション! スマホとパソコンしか友人のいない若者にとって、こんな魅力的なキャッチ・フレーズはない。そしてそうしたマッチング・アプリがネット上に溢れている。

 男性は有料だが、女性は無料がたてまえ、登録時の面談、独身証明書、年収証明書、学歴証明書つき、そのほかもろもろの条件が登録され、そのうえ両親の職業、資産状況、趣味、趣向まであらかじめ判るとすれば、女性にとってこんな便利なアプリはない。
 1対1での落ち着いた「ラウンド・トーク」、月6名まで紹介してくれる「データ・マッチング」、そのうえ写真による寸法と雰囲気の「写真検索」、渋谷道玄坂や代官山の出逢いを超えた出逢いが待っている。
 職場でうっかり女性を口説いてセクハラで大恥をかくより安全、と考えたら、マッチングアプリの言うとおりに「イイネ」をつけておくほうが、当世の若者にとっては楽なのかもしれない。

 街コンに行ったけど軽い人ばかり、婚活パーティでもいい人見付らない、控えめの性格だから自己アピールできない、そんな女性たちにとっても秘密厳守のマッチング・アプリ、「検索」し、「イイネ」を押して、マッチングしたら「メッセージ」、かくしてAIの思い通りの人生が待っているのだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

人形町「かつ好」を食べる

人形町かつ好.jpg

 石寺真澄さんから食事のお誘いをうけた。
 小伝馬町の顔役なので、即座に下町は人形町でとお返事したところ、なら「かつ好」あたりはどうかしら、という答えが返ってきた。このところ上野あたりの豚カツの堕落に遭遇しているので、人形町なら暖簾をまもって、しっかりしたかつが期待できそうだ。
 選び抜かれた豚に豚コレラなどあろうはずもない。期待とともに人形町にタクシーを飛ばした。小路を入ったところにひっそりとある「かつ好」は狭い間口にしっかりと時代を感じさせる大戸が構え、豚カツのお店とはとても思えない風格が漂っていた。

 下町っ子の粋な石寺さんは、当然の如くに一階のカウンターを予約して下さっていた。ざっくりとした焼杉とピカピカに手入れされた銅の鈍いひかりに思わず生唾をのみこんでご主人の仕事に対座した。
「肉を見る」「粉を見る」「油を見る」絶好の席で下町の午餐がはじまった。
 観音さんの帰り道、水天宮さんの帰り道、縁起をかついで「かつ」を食べた江戸っ子の心意気が生きている。銀座あたりの洋食屋で、フランス渡りのコートレットが起源ですといわれるより、江戸っ子のゲン担ぎで、宮参りのあとに必ず食べたもんです、と言われた方がはるかに気分がいい。

 お客さんお好みはどっちで、と言われればロースに決まっている。女性の好むヒレではたよりない。車エビもしゃぶ巻きもあります。牡蠣は来月からです。110g、150g、200g、250g、お腹の具合はどうですか。歯医者の帰りなので110g、それと車海老も一匹、玉ねぎサラダも美味しいわよ、の半畳にひっぱられ、目の前の銅の大鍋の油の美しさに魅せられて、食べきれずおみやを作っていただく破目になった。
 御主人の立派な鱧切り包丁で、サクッと仕上げた豚カツの見事さが、瞼と胃袋に焼き付いた。


posted by Kazuhiko Hoshino at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

またしても小池百合子のジコチュウ

オリンピックサッポロ.jpg

 小池百合子都知事がまたぞろ駄々をこねている。築地市場をいじり倒し、オリンピック道路を不可能にし、豊洲市場の開場を遅らせただけではまだご不満のようだ。 決定の中心に小池百合子がいないことが、不満の主たる原因だろう。

 IOC国際オリンピック委員会とIOC技術調整委員会はひどいショックを受けたと発表している。
 9月末から10月にかけて開催された中東ドーハに於ける世界陸上選手権のマラソンについてだ。高温多湿はあらかじめわかっていたが、これほど棄権者が続出するとはおもってもいなかった。ドーハと東京の気象条件は近年ほとんどかわりがない。これでは選手にとってなんのオリンピックかわからない。過酷な気象条件をおらかじめ避け、より選手にとってのよき環境を準備するのがIOCの責務とばかり、急遽IOC理事会と大会組織委員会はマラソン並びに競歩の札幌開催を決めた、というのだ。

 すでに札幌では毎年北海道マラソンを実施しているので、運営のノウハウと地政学上の知見もあり、IOCとしても安心して選択できたというのだ。

 小池百合子はやけくそで、そんなに凉しいところが良ければ北方領土でやったらいいなどと、発言しているが、アスリート第一で考えたらどうみても札幌開催のIOC側に分があると思われる。
 この際へんな意地をはらずに、札幌にゆずることで小池百合子も少しは大人になったと受け取られた方がいいのではないか。

 オリンピックを頂点とした世界のスポーツ貴族の力をみくびったらいけない。世界のスポーツを支配しているのは、実はひとにぎりのスポーツ貴族だ。
 数年前、フランス検察庁が花火を揚げて、オリンピックのスキャンダル撲滅を掲げ調査を開始したその結果をみればわかる。遠いアジアの日本のIOC竹田会長が責任を負ってやめたくらいで、暗躍した代理店もIOC役員にも検察の手は届かなかった。それこそがオリンピックの権力構造なのだ。
 小池百合子は、築地や豊洲とはことなる巨大なオリンピック構造をもっと勉強すべきである。



posted by Kazuhiko Hoshino at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

STAS Revue 花やしきに引っ越す

スタス.jpg

 浅草花屋敷のなかにちいさな劇場ができた。花劇場という。奥行がないので、恐らく演芸的なものをイメージした劇場なのだろう。
 舞台を張り出し更に突き出しをつけて、STAS REVUE が挑戦している。
「2019秋のおどり」を見た。相変わらず三人のレビュウ狂は、構成・演出・振付・衣裳まで担当してご苦労様である。

 劇場が花屋敷というので、どんな風に変わったか楽しみに拝見したが、ほとんど変わっていなかった。
 というより更に硬質になって少しばかり疲れた。頑張って選曲しているのは判るが、息の抜き場所がすくない。後半になってお得意のラインダンスなど登場したが、前半に緊張から抜け出して楽しめるナンバーがない。
 SKD時代の遺産を守りながら、もうひとつエンターテイメントなレパートリー、例えばカンカンみたいなものでも良いからなにか観客の感情を解放できるナンバーをもつべきだろう。
 スタスならあの踊りが見たいという作品を充実すべきだ。

 衣裳は予算のタイトな中でご苦労様だが、シャンソンを歌う女のスパンコール付きマーメード・ドレスはあまりにも古すぎる。
 シンプルなイブニング、例えばちいさなアンダー・ドレスとシースルーなカバー・ガウンなどで充分だし、クラシック・バレーも大時代のチュチュでは突然ふるくなる。ロシアンバレエのあの趣味は、いま時代から取り残された象徴になっている。

 このレビューを更に良くしていくのは、ひとえにスタッフの勉強にかかっている。構成への工夫、類型的振付からの脱出、衣裳センスのみがき……  STAS Revue の目指すものについて、もうそろそろはっきりした目標をもつべではないだろうか。
 いつまでも国際の小型化では飽きられる。
posted by Kazuhiko Hoshino at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

「脱ダム宣言」という犯罪

千曲川決壊.jpg

 何年かまえ…「コンクリートから人へ」「脱ダム宣言」などと得意気に演説していた変な県知事がいた。
 その人は税金は過疎の村に収めたいとかいって、県内の不便な村へ住居を変えて県庁まで何時間もかかる村へ自宅を移したり、どうでもいい会議は県庁の玄関にシースルーの会議室をつくって、はい私の県政は透明です、とみせそやし、重要な会議は階上の密室でやっていた。
 今回の千曲川決壊の箇所でも、千曲川への犀川、浅川合流の近くなので、堤防のスーパー化や遊水地の重要性について論んじられていたが、知事はひたすら公共事業費をけずり、景観大切、スーパー堤防はスーパー無駄、という訳で今日の惨事を招いた。

 田中康夫は頭を丸め、千曲川の土手に座って洪水の被害難民にお詫びすべきだ。

 軽井沢の北隣に長野原町がある。1949年戦後まもなくから計画された一億トン級の巨大ダム計画があった。
 利根川水系の吾妻川にあり、川原湯温泉など昔からの湯治場も水没するのたが、洪水防止と新たな利水という観点から国と流域6都県の知事が共同事業者となって進めていた。8割方できていたところに民主党政権が誕生した。
 政権のマニフェストには脱ダムが高らかに謳われ、国土交通大臣に就任した前原誠司は新聞記者を引き連れて現地に乗り込み、ダム工事中止を宣言した。時の鳩山由紀夫首相も「八ッ場ダム」中止を高らかに発表。すでに転居した住民も温泉場の業者もボー然とした。幸い自民党政権の復活でダム工事は進められ、今回の未曾有の台風による洪水被害から利根川流域の人々を救った。

 前原誠司、鳩山由紀夫は頭を丸め、吾妻渓谷の山頂から水没に甘んじた農民にお詫びすべきだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

それでも秋篠宮家は皇族なのか。

秋篠宮家.jpg

 秋篠宮家はメディアを賑わし、この国の天皇制に対する批判を更に助長させている。
 宮家の噂話は、皇族としてはたしてどうか、という一点に絞られている。天皇家に於いて次世代第一のポジションにある秋篠宮家に、はたして皇族たる認識はあるのか、検証してみたい。

 御当主たるヒゲの殿下は、先日のブータン訪問の際、政府専用機は嫌だという訳で、民間機を利用されスケジュールの変更で、相手国に多大の迷惑をかけた。このことは衆知のことだが、日本の顔として外国訪問をするさいの覚悟と状況がまったくよめていない。個人的な生活信条をもちこまれては、相手国に対して限りなく失礼になるということがわかっていない。

 3人のお子様に対する教育方針にも疑問がわく。二人の娘を国際基督教大学に入学させた。天皇家は神道の家元、神道の家元一族ががキリスト教教義の学校へ子弟をいれることに疑問をもたないのかがまず不思議だ。
 皇族教育のためにある学習院を否定したら、自己否定につながるということが判らない脳みそなのだ。将来天皇になることが約束されている悠仁さまについての教育もおかしい、お茶の水女子大付属とは。女子教育の最高をめざしたお茶の水には、天皇教育の目的は爪の先ほどもない。
 紀子妃殿下は自己の学習院時代の経験から学習院を嫌っているのかもしれないが、将来の天皇である倅の役割にたいして自覚がない。秋篠宮夫妻には皇族のみならず、祖国への国家観がないと言われても抗弁できない。

 ふたりの娘の教育にも見事失敗した。メディアでは宮家の方針として、自由にお育てになったと寝言のようなことをいっている。
 長女の眞子さまには、人間を見る目が無い。小室圭の経歴をたどればどれだけインチキな男性かわかるが、彼女の眼は節穴なのだ。それに母親の行動をみたら、まともな人間でないことが理解できる筈だが、金銭にまつわる母親の怪しげさも眼にはいらない。これでは常識以下といわれても致し方あるまい。

 次女の佳子さまも困りものだ。フィギュアスケートをしていた当時は良かったが、基督教大学の後半からは全く皇族を忘れ、厄介な存在になってしまった。皇族に生まれたという宿命について教育をおこたってきたことが、如実に現れた。結婚は姉個人の希望が叶うように、と発言したり、日常はダンスにこっている。立場上皇族として日本の踊りに凝るのなら納得もするが、アメリカ最下層の踊りであるヒップホップに入りびたりではあまりにも悲しい。日本の顔をつとめる秋篠宮家の娘としてあるまじき選択なのだ。

 普通の家庭であれば、親が涙してとめるようなことを秋篠宮家ではなにもできていない。父親は知らん顔、母親はヒステリー、娘たちは勝手放題、これでは良識ある皇太子が育つとはとうていおもえない。
 宮内庁の無責任と人材不足が輪をかけ、秋篠宮家への国民不信が増幅してる。
posted by Kazuhiko Hoshino at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

停電と倒木

D台風ブログ倒木4.jpg

 「こちらご高齢ですから、町の避難所にお移り下さい。」「はい、有難うございます。でも、うちは大丈夫ですから。」
 「町からの指示がありまして、風越の体育館に避難所が開設されています。是非そちらへお移り下さい。」「有難うございます。あとは自己責任で頑張りますので、どうぞご放念ください。」そんなやりとりを繰り返し、覚悟をきめて自宅にいた。
 崖のうえの我が家は庭の土地が崩れたら終わりだが、川からは遠く洪水の恐れはない。裏山が崩れるとか、目の前の斜面が崩れなければ安全である。何の根拠もないが、祭の取材で遠山郷などに出掛けた時、まま徹夜になると近所の公民館が解放される。徹夜の祭りのなかで仮眠をとるが、公民館の板の間はバツゲームに近い。毛布一枚で板の上に寝ると、あと三日間は身体じゅうが痛む。その痛さを知っているのでどうしても避難所は避ける。

 相方は遠くの知人やら、お弟子さんの電話でホテルを勧められ、その気になっていたが、ホテルも先の見えない天災では備蓄も少なく、簡単には泊めてくれない。町内のレストランも暖簾を降ろして休んでいる。停電と断水に襲われては、カフェも開店休業。美容院もボイラーが焚けないのでお休み。予約してあった寿司やのママから、「どうしましょう、命を守る様にと言われているときに、お寿司でもないでしょう。うちは構いませんのでキャンセルになさいますか」有難い電話である。

 間もなく紅葉を迎える森のヤマウルシ、ナナカマド、シラカンバ、そしてイロハモミジ……紅葉狩りにくる友人に時を合わせて紅葉で迎えられるか、と見上げる不安に、「停電なのでスマホの充電にソケット貸して」という現実にハタと近所の倒木に想いが戻される。
 雪に弱い軽井沢に、近頃では台風に弱い軽井沢がくわわった。森のあちこちに異常に樹木の好きな都会人がいて、倒木の迷惑や折れた木の電線切断もかまわず権利を主張する。困った風潮だが行政も手がでない。遠くの都会から木の好きな住人がベンツで戻るまで、中電も町の責任者も待つしかない。そのうえ、この倒木は最愛の木だから、知らない業者には切らせない、そんな別荘族がいると聴いてはなんともやるせない。

 中国、ロシア、北朝鮮、周りから核ミサイルを向けられていても、国防軍を認めないオバカな日本人と、双璧をなすオバカな都会人である。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする