2018年09月05日

浅間山を仰ぎ、リュートを聴く

412212583988426.jpg

 台風一過…思わぬ友人から思わぬご招待をうけた。
 リュートの演奏会を自宅でひらくので、お出掛けになりませんか。軽井沢ではこうしたプライベートなサロン・コンサートがまま開かれ、大賀ホールで開かれる鳴り物入りのアーティストよりも、はるかに優れた演奏に接することができる。
 伺った別荘も天井が空に向かって弧をえがいて、音楽を聴くためにしつらえたような素敵なお宅だった。

 リュートという楽器については、30年ほど前、カテリーナ古楽合奏団のレパートリーで接したことがあった。古楽器による音楽劇風な展開で、審査員の立場だったので、細かいディティールよりテーマ展開に気をとられ、リュートについては洋梨を半分にしてネックを折り曲げた楽器ね、ぐらいの認識だった。

 リュートに再会したのは数年前、パリのオペラ座だった。ヘンデルのオペラでクレオパトラが登場した。舞台のつくりは大胆で意表をつく演出だったが、音楽は実に典雅でバロックそのものの演奏に酔った。そのアリアのなかで突然伴奏が古楽器にかわった。リュートとヴィオラ・ダ・ガンバだったが、おそらくスコアにはない演出だったような気がした。アバンギャルドな展開のなかに時代背景をくっきりと描いた楽器の登場だった。

 演奏者の名前もしっかりと伺わずにでかけたが、あとで検索して驚いた。リュートの世界の第一人者、佐藤豊彦さんだった。
 オランダ・ハーグ王立音楽院の教授もされていて、リュートは「余韻の美学、無の美学」に通じると発言されている。「無には無限の価値がある」そんなコンサート・タイトルもつけていられる辺り、茶掛けの円相にも似た哲学をもっていられる。

 「リュート奏者は楽器に向かう時間の半分をチューニングに使い、残った時間で演奏する」と揶揄されているが、今日もずっと調弦に時間を費やしていた。
 素人にはどこまでが調弦で、どこから演奏なのか、うっかりしていると判らなくなるぐらいチューニングにこだわっている。繊細でナーバスな名器なのだろうとおもわれたが、リュートのそもそもは吟遊詩人の唄の伴奏に使われたのが始まりというから、即興性にとんだ民衆楽器だったにちがいない。 歴史の時間のなかで何時の頃からか、名人上手にしか扱えない微妙さを身につけたのだろう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

軽井沢のラウンド・アバウト

img_1.jpg

 凱旋門の広場(いまのシャルル・ドゴール広場)に初めてたった時、中央にそそり立つ凱旋門の周りを幾重にも重なったクルマが、警笛ひとつ鳴らさずに回っているさまに圧倒された。気が付くと幾台かのクルマはその輪から離れてそれぞれの道に別れていく。アベニュー・ホッシュに、アベニュー・シャルル・ドゴールに、あるいはアベニュー・ド・シャンゼリゼーに、そこにあつまっている10本の道をそれぞれに選択して走り去る。そして広場にはいつの間にか次々とクルマが流入して、凱旋門の廻りを走っている。
 信号もなく、警笛も聴こえない静かな大ラウンド・アバウトだった。

 椿姫がパリ社交界の華だった頃、彼女が颯爽とオープン馬車にのってシャンゼリセーの大通りを行くのを、若者たちは何時かは俺があの馬車にと羨望のまなざしで見送っていた。そしてあの夢の馬車の行く道を妨害してはいけないと、ラウンド・アバウトを考えたと伝えられている。 椿姫の乗った馬車を足踏みさせてはいけない、という心の優しさからあの環状道路はできあがったのだ。

 ノルマンディーを走ったとき、その村には信号がひとつもなかった。交差点はすべてラウンド・アバウト、当然のごとく信号はひとつもないのだから、設置費、メンテ、電気代、すべて無料の金いらずなので、予算もだいぶ助かっていたことだろう。その上、十字交差道路の時代よりも圧倒的に交通事故も少なくなったと、自慢された。
 いまフランスには18000か所のラウンド・アバウトがあるという。

 さて軽井沢にもラウンド・アバウトが出来たと、過ぐる年報じられた。行ってみてびっくりした。ボアの森にある児童遊園のラウンドアバウト位のささやかなものだ。
 かって軽井沢中興の祖といわれる野沢源次郎が作った六本辻を、わざわざ壊して作ったオモチャのラウンド・アバウトだった。軽井沢駅前や旧道銀座通りの入口を整理してのラウンドアバウトだつたら少しは誇れるが、六本辻の狭苦しいところをクルクルまわっていてもあまり感心しない。

 この秋には、ラウンド・アバウト サミットィン軽井沢 とのポスターを見た。
 この町はどうしたことかプリンスホテルの片隅でやる会議が大好きで、前にはG7交通大臣会合、来年はG20エネルギー関係閣僚会合、お国の仕事に首をつっこんで、コマーシャルやら電飾看板に金をつかつている。
 より地に脚のついた会合もあると思うが、メディアによほど名前をだすのが好きなのか、世界の事情に貢献していると錯覚しているのか、いずれかなのだろう。
 ラウンド・アバウトサミットも結構だが、踊ったのは会議だけては田舎喜劇にもならない。

posted by Kazuhiko Hoshino at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

あす死ぬる いのちも知らず 秋刀魚焼く

4b356444ed6485b039134a27555ff7ed.jpg

 中国、韓国の漁船やら台湾の大型船が来て根こそぎ獲っていってしまうので、今年は秋刀魚が期待できないと伝えられ、がっかりしていたところ、突然に根室、花咲港で秋刀魚の豊漁が知らされ、とにかく嬉しい。
 港の保冷庫が満杯でどうにもならず、花咲の街ではスーパーでも魚やでも、秋刀魚を無料で配って突然の秋刀魚景気に湧いている。

 秋刀魚は冬から春にかけて餌を求めて北上し、秋になると栄養を蓄えたっぷりと太って産卵のため南下する。その通り道が北海道道東沖なので、ここで水揚げされる秋刀魚は日本一といわれている。
 この日本一の秋刀魚…高鮮度生サンマが通販で手にはいる有難い時代だ。刺身にも塩焼きにもなるピカピカの生サンマ、眼も白くくちばしの先は黄色の獲れ立て1.9s、13尾から14尾が通常6.400円のところ、大漁サービス4.780円で、クロネコ便で送られてくる。

 サンマに含まれるエイコサペンタエン酸というのが脳梗塞、心筋梗塞の予防に効くし、さらにドコサヘキサエン酸なる含有物が脳の回転をよくしてくれるというので、相方にサンマの夕食をせっつぐもなかなかに実現しない。
 妄想だけが目黒のサンマになってすこし悲しい日々なのだ。

 「煙また 味のひとつや 初秋刀魚」(狩行)
 七輪をパタパタしてのサンマの煙たさも忘れがたい。
 近頃では若い女性がテレビで、フライパンなら煙も出ないで美味しく焼けます、等ととんでもない料理自慢をしている。煙がなくてなんの秋刀魚ぞ、といいたいが、都会のマンション暮らしでは煙を楽しむこともできないのだろう。
 秋刀魚の煙も知らずになった料理人には、鬼おろしの大根の美味さも判るまい。 結局パリの日本人向け短期講習で勉強した中途半端なフレンチしかできないのだ。

 剛力彩芽のIT狂いに怒った明石家さんまも、彼女からもらったプレゼントをすべて投げ捨てたと、発言していた。
 「さんま苦いか塩っぱいか、そが上に熱き涙をしたたらせ、さんまを食うは いづこの里のならひぞや」  別れも告げず去っていった剛力の後姿にさんまは涙したのだろう。

 「あす死ぬる いのちも知らず 秋刀魚焼く」(鷹女) 
      焼くときにサンマの脂に引火することがあるので、火事にご注意を(消防庁)、おおきなお世話である。


posted by Kazuhiko Hoshino at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

スポーツは国を亡ぼす

c1b6c94274dbbb0a0a82e5eeaf8a06c43ccf8373b5bee6bcc5ad7f803b8beeed60a22c2723de97667c0b3e48b675a6af6701e52d4679ac6cd966e11f76f42d9e.jpg

 2018・2020まであと2年
 1月……カヌー・国内トップ選手鈴木康大(32)、代表を争う相手選手のドリンクに筋肉     増強剤メタンジエノンを混入。
 2月……スピード・スケート・平昌オリンピック代表斎藤慧()、ドーピング抜打ち検査に     てアセタソラミド陽性反応。
   ……女子レスリング・強化本部長栄和人(57)による伊調整選手へのパワハラで解任     される。至学館大学の闇明るみに。
 4月……バドミントン・再春館製薬監督今井彰宏()、賞金使い込みばれる。
 5月……競泳男子・日本代表50メートル背泳ぎ金メダル古賀淳也(30)ドーピング検査     陽性反応。
   ……アメリカン・フットボール・日大チーム、対関西学院大にて危険タックル指     示、内田正人監督並びに井上奨前コーチ除名処分。
 7月……アマ・ボクシング・ もてなし強要、不法審判、暴力団との付きあいにて、終     身会長山根明(78)やむなく退任。
 8月……剣道・居合道最終最高段位八段審査において、数百万円の接待・現金収受の悪     習ばれる。
   ……体操・塚原千恵子(71)技術強化本部長、塚原光男(75)体操協会副会長夫妻による     パワハラに対し、宮川紗江(18)訴える。朝日生命広告塔への反旗か。
   ……バスケット・アジア大会派遣永吉佑也、橋本拓哉、佐藤卓磨、今村佳太、街中     での売春行為にて資格剥奪、逮捕前に団長と共にジャカルタ脱出。
   ……京都ハンナリーズ 坂本拓 窃盗容疑にて逮捕される。

 アスリートの犯罪、表に出ただけでも毎月こんなにある。裏に隠された不祥事を重ねればこの何倍もあるだろう。権力の座にすわっている上の人達から、末端の選手に至るまで、不祥事の種はつきない。
 それでも旗振り役は「アスリート・ファースト」を叫び、モラル再興の声はまったくきこえてこない。こんなことでは、反対派に「スポーツは国を潰す」とか「スポーツは国家を堕落させる」と難詰されても致し方ないだろう。

 だれか見識あるしかるべき人が、スポーツ・マンの「モラル・ルネッサンス」を掲げなければ、国民に見放されてしまうだろう。
 スポーツ界は全員ミソシルで顔ならぬゼンシンを洗って、出直せ、と言いたい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

戦後派・尾上流の真髄

無題.png

 まだ戦争の廃墟が東京中を覆っていた昭和23年の6月創流された、いわば日本舞踊界の戦後派・尾上流の舞台に接した。
 宗家である尾上菊五郎、そして尾上菊之助、家元の尾上墨雪、尾上菊之丞に流派の新進、さらに新橋、先斗町の芸妓をくわえて、尾上流の存在を充分に発揮した国立劇場での公演だった。

 まず義太夫の「式三番」に始まった。菊之丞、菊之助の二人三番だったが、初代宗家の「役者と振付は本来別物」と言った言葉を彷彿とさせ、振付師としての菊之丞と、役者としての菊之助の輝きが四つに組んで見応えのある式三番になっていた。圧倒的な菊之助の品格に対し、菊之丞の才気がハーモニーをつくって見応えがあった。10年たって菊之丞の世界観、がさらに深く変わった時、もういちどこの式三番を振付してほしいと願っている。。

 長唄「雨の四季」やはり菊之丞の振付だったが、広重の雨の隅田川を彷彿とさせる粋な作品だった。近年の異常豪雨や天候不順からは到底生まれることのない江戸っ子のいなせが生きて楽しませてくれた。 
 音もなくけぶる春雨にはじまり、夏の夕立、夏祭り、日本橋川やお濠にかかる橋尽くし、秋雨にけぶる木更津船が行き交い、冬景色のなか静かに旅立つ老人の風景……先代家元の墨雪と東西花街新橋・先斗町の名妓たちが象徴する雨のたたずまい、表現に江戸っ子ならではの気分があり、べたついた日本舞踊の印象から抜け出した爽快でモダーンな作品になっていた。
 こうした江戸の雨もふたたびまみえることのない昔話になりつつある今が悲しい。

 帰りの新幹線のなかでゆっくりとプログラムを見た。芸の真髄制作委員会とNHKの主催。「芸の真髄」とはよくぞ云ったものだ。こうした上から目線の言い方はNHKの得意とするところ、官僚体質と権威主義に固まった数人の人たちによって運営されている。こうした権威の振り回しに、民間の「芸の真髄」はつぎつぎと殺されていくのだ。

posted by Kazuhiko Hoshino at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

陀羅尼助丸か、それとも百草丸か

s_hyakusougan1.jpg 51QvzZ5RxXL__SX466_.jpg

 我が家の相棒は、和漢薬と呼ばれている昔のくすりが大好きである。西洋渡りのカタカナ薬は信用していない。
それ故、小生のアメリカ行きでも、フランス行きのときでも、トランクのどこかに和漢薬が忍ばせてある。「○○毒消し丸」「○○陀羅尼助」のたぐいだ。
 不思議なもので、サン・ジェルマンの裏窓で胸やけしたとき、昔ながらの「和漢胃腸薬陀羅尼助丸」という墨の文字をみただけで、胸やけが消滅したような気分になる。

 そもそも「陀羅尼助丸」という名前は不思議だが、いままで調べたこともなかった。身体の調子が悪く、だらだらしていたとき尼御前があらわれて直してくれたので、すなはち「陀羅尼助丸」ぐらいに思っていたらとんでもないことだった。
 「陀羅尼助丸」は1300年前役行者が、疫病退散のため、大峰山中に自生していた黄檗の樹液を中心に作られた生薬だと文献にあった。奈良吉野を中心にした修験道から派生した薬であり、高野山の陀羅尼助丸は、陀羅尼経をとなえるときの眠気覚ましから作られたと、伝えられている。

 現在、「陀羅尼助丸」と呼ばれている薬の製造元は四つある。
 奈良吉野山に「フジイ陀羅尼助丸」、大峰山に「陀羅尼助丸」、和歌山高野山に「大師陀羅尼助・大師陀羅尼錠」、愛媛石鎚山の「石鎚山陀羅尼丸」、いずれも修験の山麓にあるが、ホボおなじ成分にもかかわらず、異なる名前で発売しているものがある。
 長野御岳山の麓にある「御岳百草丸」であり、「御嶽山日野百草丸」である。セクト好きの長野県人は、長野県製薬の「御岳百草丸」か、それとも日野製薬の「御嶽山日野百草丸」、ふたつの派閥に別れる。同じ成分ながら、効く・効かないに割れる辺り、実に長野県民らしい。

 共産党、立憲民主党、国民民主党、ホボいずれもがリベラル左翼にしてアンチ・アベ、憲法アンタッチャブルにもかかわらず、互いの縄張りを主張して争うあたり、陀羅尼助にたいし、百草丸をかかげる長野県人らしい。とそんな雑なまとめ方では、陀羅尼助丸にも、百草丸にも、立憲民主にも、失礼なふるまいということになるのだろう。


posted by Kazuhiko Hoshino at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

一帯一路という侵略戦争の実相

jfir180717-top-thumb-720xauto.jpg

 領土欲に燃える習近平政権の「一帯一路」のメッキが剥げかかっている。東南アジア、南アジア、中東、欧州など60ヶ国以上の国・地域で、道路、鉄道、港湾、空港、通信網などへの投資をすすめ、インフラ整備を計るという崇高な目的のために、先進各国に投資を勧誘した。イギリスを始め多くの国々が共鳴し、乗らなかったのは日本とアメリカだけだった。ところが今、後進国の経済成長を助けるといったスローガンの実態は、植民地政策だったという非難が起こっている。

 93才のマレーシア首相マハティールが老体に鞭打って北京に出掛け、「一帯一路」の主要事業であったマレーシア東海岸鉄道の計画中止を申し入れた。貸付予算810億リンギット(円換算約2兆1800億円)だが、さらに膨張の見込み、同時に40億リンギットのガス・パイプ事業の中止ももうしいれた。対中国の借金がふくらみ、ほおっておくとマレーシアの倒産を予測し、危ないところで防いだのだ。

この事件には前段階でのスリランカの例がある。スリランカでは首都コロンボの250キロ南に位置する漁村ハンバントタ巨大な港わつくることになった。一帯一路の名のもとに13億jを融資、港は2010年に完成したが、港からジャングルを抜けて幹線道路に接続する道路がなく、運用できない。そこで道路建設を中国側に要求したところ、年6.3パーセントの高利を要求され、初めてカラクリに気がついたが、間にあわない。港には2012年には12隻しか訪れずれなかった。さらに一帯一路の計画は1日一便しか飛ばない空港建設にも及んだ。2億jをかけて建設されたラジャパクサ国際空港は利用客は1日10人程、飛行機の格納庫は穀物格納庫に転用され、地元では「世界一寂しい空港」と呼ばれている。親中政権のおかげで債務は膨れ上がり、今年の元利支払額は28億4千万jにのぼる。新政権は中国に対し、債務再編を要求したが、北京は認めず、金利を支払うために更に中国の銀行カラローンをうけるという負のスパイラルに陥った。
 結局、スリランカはハンバントタ港の使用権を中国への借金の片として明け渡した。中国はインド洋進出のあしがかりとしてスリランカの港を手にいれたのだ。

 さらにパキスタンでは、一帯一路の結果、債務危機に陥っている。中央銀行の外貨準備は90億jしかないが、今年の外貨支払は127億ドル、困ったパキスタン政府はIMFに救済をもとめたが、IMF最大の出資国アメリカは「中国や中国の債権者のために資金を使う根拠はない」と冷たい。パキスタンはいま、丸ごと中国になるか、属国になって生き延びるか、いずれにしても亡国に直面している。

 「世界を支配するには二つの方法がある。ひとつは剣をもって支配する。もう一つは、負債を負わせて支配する。」アメリカ独立の父、ジョン・アダムスの言葉だ。南シナ海に巨大な基地を建設した中国はいまインド洋に進出すべく、あらゆる手をうっているが、あまりにあこぎな植民地政策、領土的野心に沿岸諸国はみなあきれ果て、「一帯一路」の欺瞞から飛び降りようとしてる。
posted by Kazuhiko Hoshino at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

陸自のオスプレイから着陸料をとる?

OFFI2059.jpg

 「オスプレイ配備受け入れ・着陸料100億円」という新聞の見出しが飛び込んできた。
 あたりまえのように佐賀知事表明とある。記事を読むと、自衛隊はじめての輸送機となるオスプレイだそうだが、中国が領有権を主張する沖縄、尖閣諸島を巡る緊張を背景に、長崎陸自駐屯地に新設される陸自相浦駐屯地に新設された離島防衛専門部隊「水陸機動団」の隊員輸送を担う、と書かれている。

 自国を守るために必要なヘリの着陸料をとる。どう考えてもへんだ。
 この国を守るために、命を差し出している自衛隊の輸送用ヘリから着陸料をとるなんで、まるで民間の悪徳商取引のようだ。これでは自衛隊の士気もさがり、やってられないという気分になって当たり前だ。この国はいつからこんな情けない国になってしまったのだろう。 国防はなにもしなくていい、無手勝流でお話合いが最高の国防などと寝言をいっている無知なる国民が大手を振って歩いている。
 100億払うならと、ようやく県知事が同意した、とんでもない県知事でこの人は中国の工作員かといいたくなる。中国のミサイルも北朝鮮の核兵器もロシアのそれにも見事に関心がない。恐らくオスプレイ反対だけがきこえているのだろう。

 軍用機材としてのオスプレイには、恐らく改良の余地があるだろう。がそんなことはすべての機材にいえることで、実際に運用しながら改良を加えていくのは常識で、軍用に限らず民生用でも当たり前のことである。尖閣諸島は日々中国に侵犯されているし、北朝鮮の核ミサイル問題も一向に進展していない。
 イージス艦とイージス・アショアでとりあえずの空中戦をふせぎ、さらに敵国の離島上陸があれば、ただちに兵員を送り込んで、守りを固めなければならない。こうした日本の置かれている国際環境にたいして認識の低い人があまりにも多すぎる。憲法改正反対、オスプレイ反対、を誰よりも喜んでいるのは、ほかならぬ中国だ。
 重ねて陸自のオスプレイから、着陸料を徴収する、こんな恥ずかしい行為はただちにやめるべきだ。佐賀県知事山口祥義は日本人ではない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

桃李不言下自成蹊

img_1d0f7045367ffc56285facbad224d1bc7511.jpg

 軽井沢から15分程南に走ると「桃源郷」と呼ばれている地域がある。
 なだらかな里山にそって桃の木が見渡す限りある。春、桃の花が開いたころ、「桃源郷」に相応しい景色があらわれる。桃の花の色付きははんなりとやさしく、控えめで美しい。
 観光地ではなく、地元の農家の果樹栽培なので、落ち着いた花の実りを楽しみながら、散歩するにはとてもいい山里である。春になるとアルマーニのスタイリストがあらわれ桜は見飽きたから、桃の畑に連れていけと命じられ、度々おともをしたこともあった。

 日頃お世話になっている岡村さんが、見事な桃をとどけてくださった。岡村さんは「桃源郷」の近くに住んでいるから本物にちがいない。
じっと桃を見つめていたら、学生の頃を思い出した。

「桃李不言 下自成蹊」 桃李もの言わざれども、した自ら蹊を成す  桃もスモモも黙って美しい花を咲かせ美味しい実をつける。桃李は人格者の例えで、徳があれば自然と人が集まり、小路ができる。
 成蹊学園建学の精神で、校章にも桃の実が登場する。キャンパスにも、中村春二先生の書碑がふたつあるし、ケンブリッジ以来の仲間であった三菱の岩崎小弥太、今村銀行の今村繁三とともに9万坪のキャンパスをみまもっている。
 桃は成蹊で学んだ人間にとって特別の意味をもっている。筆者のみならず安倍晋三首相においておや、「桃李不言下自成蹊」の教えは生きていると信じたい。

 オトモダチ内閣とまま、メディア・リンチに会っている安倍さんだが、成蹊学園の誕生こそ、中村、岩崎、今村のオトモダチなしには出来なかったことを考えればけだし当然のことで、品性の陶冶や国会における凝念の時など、成蹊の教育理念が色濃くでているのが、安倍晋三という政治家なのだろう。
  
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

築地のネズミは何処へ

6mkczf4kDZROF87YIom.jpg

 田舎のネズミが、うっかりして都会行のトラックに乗ってしまい、着いたところが東京の真ん中中央区築地市場、歓びいさんでコンテナーから青空のもとへ。単調だった田舎の暮らしから解放され、いよいよ大都会の暮らしが始まる。と思いきや、都会の棲み分けルールは厳しく、親方のところへ挨拶にいって許しを得なければ、餌の豊かな市場内には棲めない。
 お百度を踏んでも許しは出ず、田舎のネズミはやむなく隅田川対岸の勝どきあたり佃煮やに居をさだめた。

 その頃、築地ではとんでもない事件が起こっていた。都の女主人公が「豊洲を生かし、築地も生かす」と発言していたので、ネズミ達一同すっかり安心していたのに、ここへ来て突如10月から築地の解体工事を始めると発表された。
 水産卸売り、仲卸し市場に棲みついているドブネズミ一同、青果仲卸しに棲んでいるクマネズミ一家、引っ越さなければならない。いい部屋ネットや、アパマン・ショップにかけこんでも、歓迎されない。パリのように巨大な下水道が地下を縦横にはしっていれば、とりあえずのスマイはなんとかなるが、築地辺りの下水道では口径もちいさく、ネズミの住まいとして適当ではない。思案投首、あれやこれやと議論しているあいだに、東京都は次々と手を打ってきた。

 築地市場場内、場外すべてをトタンで囲み、ネズミをせん滅するというのだ。去年は1200匹の仲間が命を落とした。ネズミ族全体からすればわずかだが、こうした人間の行動を許しておけばますますつけあがる。トタンの包囲網が出来上がる前に引っ越しするか、それともトタンの壁の出来上がりを横目に専用地下道からゆうゆうと脱出するか、二つに一つの道がある。どうせ近頃の人間は間の抜けたのが多いから、そんなにあわてることもなく、お出入りのコンテナーに分乗してそれぞれの田舎をめざすのもいい。
「俺はフグが好きだから下関へいくぜ」「キンメ好きは下田港がいいんじゃない」「この際大間のマグロをたらふく齧ってみたいから青森行」それぞれに夢をふくらまし、産地帰りのコンテナーをチェックしている。

 ネズミは感染症の媒介をするし、電線を齧って火事も起こすから危険だっていうが、俺たちネズミの能力は人間様のあしもとにも及ばない。
 人間様の媒体能力はネズミの数万倍だし、電線をかじらなくとも毎日どこかで火事を起こしている。それなのにネズミ、ネズミと目の仇にするのは、パワハラ、セクハラのとばっちりじやないのか。エッ人間様。
 ネズミがゆっくり住める贅沢な下水道でも作ってから、ネズミに矛先をむけてもいいんじゃない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 14:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする