2017年09月05日

向日葵の咲かない夏

向日葵の咲かない夏

 今年の夏の異常気象には、とんでもなく振り回された。というのは「ひまわり」を撮影しなければならないという課題があったからである。
 北海道の美瑛には何度か通ったことがある。ラベンダーに限らずあまりにもいろいろな花があるため、壮大な花の絨毯に気をとられ、ついひまわりの花と真剣に向かい合ったことがなかった。必要に迫られ、今年はどうしてもひまわりの花の撮影を完了しなければならなかった。

 戦後少女雑誌の原点といわれているのが、雑誌「ひまわり」だった。戦いが終わった東京の町は防空壕や掘立小屋だらけ、そこに突如現れたロマンティックに彩られた雑誌がひまわりだった。中原淳一の美意識が隅々までいきとどいて10代の少女にはもったいない雑誌だった。大きな眼の淳一描く少女は、劇画ブームのいまの少女像の原点ともいえる。
 川端康成も筆をとっていたし、蕗谷虹児、高畠華宵、長澤節、岩田専太郎等そうそうたる画家たちが口絵や挿絵を描いていた。贅沢このうえない雑誌だった。

 さてひまわりの取材を何処にということになり、富士山の麓、北杜市のひまわり畑に対抗できるものはない、スタッフがとりあえずロケハンをかねて北杜市にいってきた。素晴らしいです、北海道まで行くことありません、という報告を受けた。ならば北杜へということになつてからがいけなかった。
 予定はすべて中央気象台に妨害された。集中豪雨、氾濫、落雷、台風、雨前線あらゆる天候不順に妨害されとうとう北杜市のひまわりは消えてしまった。
 それではというので群馬は中之条のひまわり畑へ参じたが、3日前まであったひまわりは雲散霧消、まんまと裏切られた。結局帰途、東御の雷電道の駅の近く、猫のひたいほどのひまわり畑で撮影し帰途についた。

 「向日葵は死のメッセージ」という山村美紗の短編があった。
 「向日葵の咲かない夏」という道尾秀介のミステリーもあった。
 「私はあなただけを見つめる」この花言葉には不幸の予感がある。
posted by Kazuhiko Hoshino at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

戦争のかたちが変わった

戦争のかたちが変わった

 戦争のかたちが全く変ってしまった。
 前世紀的な国家間における武力戦争は、広島・長崎への原爆投下で終わったのかもしれない。

 アフガニスタンやイラクにおいて、米軍と多国籍軍によってあれほど軍事力を投入したにもかかわらず、世界の安心・安全には一向に寄与していない。
 欧米先進国においては、ますますテロの脅威がまし、対話と圧力をくりかえし唱え続ける日本の空には、北朝鮮のミサイル乃至ICBMが飛び交っている。

 戦争学者クレフェルトによると、国民、政府、軍隊がひとつになった近代の三位一体の戦争とは異なる「非三位一体戦争」であると論じている。
 イギリス軍人のルパート・スミスは、国家間ではなく人と人のあいだで起こる争いがもとなので「人間戦争」であると書いている。
 ハード面からは「サイバー戦争」と呼び、最終兵器の認識で「核最終戦争」と呼ぶ人もいる。いずれにしても「新しい戦争」時代に突入したのは確かで、その表裏をみれば「多様化戦争」と呼んで間違いない。

 まず多様化戦争においては、戦闘員と非戦闘員の区別が困難なことだ。最近ではトラックの運転手が突如自爆テロの戦闘員と変わった。ウクライナ紛争ではロシアは正規軍をいっさい使わず、非正規の民兵により勝利を手にした。尖閣諸島においても、中国は圧倒的な数の漁船に、漁民のみならず民兵をのせて連日押し寄せている。 政府はこれに対し除去手段を講じて排除することができず、放水だけが唯一の防衛となっている。

 こうした新しい戦争形態に対応する法整備を早急に進めないと取り返しのつかないことになる。
 核配備など夢のまた夢であれば、徹底したサイバー国家を作るしか方法はない。国土を十重二重のサイバーで包み、あらゆる核兵器も即座にサイバー破壊をする「超超高度なサイバー国家」を作るしか国民、国土の安全は保たれない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

池田満寿夫も石原裕次郎も

池田満寿夫も石原裕次郎も

 20年に渡って松代の地で頑張って来た池田満寿夫美術館が閉館した。
 池田満寿夫は長野出身の版画家であり、芥川賞作家でもあった。小布施の竹風堂という栗菓子の名店が、池田の作品に惚れコレクションしたのが、美術館設立の動機だった。
 栗おこわのプロデュースでは万全の竹風堂だったが、美術館の運営については失敗したのだ。とくにここ数年、池田満寿夫美術館から風を起こしたアートな話題は、皆無だったように思う。
 有り余る才能で、池田満寿夫は銅版画にとどまらず、油彩、コラージュ、彫刻、陶芸、映像、映画、文学と
作品の分野がひろかったから、池田満寿夫の世界から発するイベントはかなり自由に企画できた筈だ。何故もっとイケダワールドをベースに暴れなかったのか、不思議である。
 美術作品が美術館のなかに鎮座して観客が来る時代は、もうとっくに終わっている。

 国立版画美術館でもあれば、世界的な価値をもつ江戸浮世絵歌麿、北斎からから池田満寿夫まで収蔵展示して、日本の文化として伝承していけるが、そうした美術館もないことが残念である。
 文部省は岩盤規制をひいて、あれも駄目、これも駄目といって加計学園をいじめるまえに、美術行政の穴を
埋めるべきだろう。

 小樽にあった石原裕次郎記念館も閉館した。一時はあれほどきた裕次郎ファンも年老いたということだろう。
 映画スターの記念館というのは、名作映画が沢山あるというのが必要条件なのだ。スターのカリスマ性と時代が生んだ名作がだぶってこその記念館だ。
 足が長くてカッコ良かっただけでは映画愛好家はこない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

ダブダブ・ルックの源流

ダブダブ・ルックの源流

 足より細いタイツをはいていた女性にタイツといって叱られ、レギンスよと言われレギンスと言い直し、日本には昔からももひきというアイテムがあって同じだな、とウンチクして嫌われたことがあった。
 とにかくカラダの線を出さなければファッションに非ずというのが、ここ数年の傾向だったが、アラブ難民の拡散とともにダブダブが流行ってきた。ヨーロッパでの最大の嫌われ者、イラン、イラクからの難民は皆ダブダブ・ルック、目ざといファッション業界がこれに眼をつけた。

 身体の線に自信のある白人たちは、チャンスさえあればカラダを露出したがるが、プロポーションに恵まれない東洋人はすこしでも隠そうとする。その意味からもイスラム教徒のヒジャブやブルカは日本人向きなのだが、アメリカ人と勘違いしている日本人は、イスラム・ファッションを軽蔑してフレンチ伝来でないと納得しない。
 そこで今年のファッション傾向なるものが、ダブダブでナチュラルだからとてもいいの、と急速に町を彩り始めた。表参道も銀座もだぶだぶ女が颯爽と歩いている。
 フッションの背景にあるのはときの世界情勢という認識が皆無の大和撫子にとって流行という紋所さえあればすべてよしなのだろう。

 スキニーパンツは棄てて、トロンとしたワイドパンツを手に入れる。
 パンツが嫌ならスカートでもいい。パラシュート・スカート、或いはバレリーナ・スカート、ロングスカート、いずれにしても長くてダブダブ感100パーセントなのがいい。少し遅いけれどウェストには布地のリボン括りなどあってもいい。
 トップスはレースのジレなど重ねて、そこはかとなくオシャレなブラの存在を知らしめる、というのもかなりの高等戦術である。
 見る人の目線をなるべく下にもってきてナチュラルに着こなせれば、まず第一ステップは成功。履物はペタンコがバランス良く、ブランドもののスニーカーやサンダルが意外に良くうつる。仕上げはやや大ぶりのアクセサリーや、w使いのネックチェーンで完成する。

 今シーズンのダブダブルックも、EUを悩ませた難民問題の解決とともに、やがて忘れ去られていく運命にある。
posted by Kazuhiko Hoshino at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

鮎とミサイル

鮎とミサイル

 2017年……この夏はとても変な夏だった。
 台風は思わぬ方からきたり、熱帯夜が続いたり、軽井沢も御多分にもれずリゾートとはいえない不愉快な夏だった。このままけじめも無く、秋になるのはどうも気持ち悪い。夏の終わりの何かをしようということになって、真田丸のそろそろ落ち着いた上田をめざした。

 鯉のぼりの泳ぐ千曲川の岸辺である。鯉のぼりは5月5日の印ではなく、このあたりは簗場の印になっている。落ち鮎を楽しんで夏の終わりのけじめにしようという魂胆だ。河原の仮設小屋である簗場は基本よしず張りである。だから当然のごとくに暑い。川風のさわやかに恵まれる時もあれば、河原の石の反射にやられる時もある。祈るような気持ちで河原に降り立った。
 鯉西の簗場の軒には雨が降っていた。まわりの真夏の日差しにたいし、簗場の屋根から水を流して涼を演出していたのだ。客はときおり屋根を伝う水音に気をとられながらも、簗場の心尽くしに満足している。

 塩焼き、刺身と順をおって登場する。太った鮎のさしみは歯ごたえもよくしっかりとした味が好評だった。透明な身は南アルプスの水の玲瓏を伝え、川魚の感触を超えている。そして田楽、田楽は豆腐と決めつけている相方は鮎の丸ごとの田楽に少々たじろいでいた。そして天ぷら、さしみのおろした骨もから揚げになり登場した。

 今朝は北朝鮮のミサイル発射に起こされた。よく判らないJアラートなる警報が鳴りつづけていた。北海道から長野まで東日本のほとんどで警報がなった。ピンポイント攻撃の時代にこんな大雑把な警報で大丈夫かいな、あらためて日本という国のノウテンキな様を知らされた。

               ミサイルが 飛べど千曲の 鮎よろし

posted by Kazuhiko Hoshino at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

野田総務大臣の大陰謀

野田総務大臣の大陰謀

 野田聖子総務大臣が何かにつけて、テレビ画面に登場するようになつた。
 総務大臣拝命直後「私は次の総裁選挙に立候補します」と宣言し、一部政界から入閣したばかりで、なんといやらしい女と顰蹙をかったが、実は狙いは外にあった。

 総務大臣は放送局の許認可権を一手にし、監督する立場にある。前任の高市早苗元総務大臣は安倍首相に近く骨っぽかったが、放送と通信の融合という課題にたいしては、本音と建前を使い分け、NHKと民放をあしらってきた。

 が2020東京五輪を前に、放送と通信の融合という課題は目の前に迫っている。テレビ番組をインターネツトで24時間いつでも見られるようにするという、放送法の改正課題である。
 NHKは積極的で、今までの据置テレビからスマホにいたるまで、なんらかの方法で視聴料金を徴収し、収入につなげようと画策してきた。
 民放側もここで、あっさり放送法を改正され、インターネツトに門戸開放されては収入基盤が無くなるだけではなく、いままでネットに投資してきた何千億という金の意味が無くなってしまう。
 テレビ朝日などでも、AMEBA-TVに対しての投資は、まったく無駄だつたという結果に陥る。経営者の面子も丸つぶれになるのが、放送法改正という総務大臣の切札である。

 なんとか民放の立場を、いやNHKの立場をと熾烈な裏工作をつづけているのが、総務大臣を中心にしたメディアロビーなのだ。スケジュール上2020五輪に間に合わせるためには、来年の通常国会に上程されなければならない。 民放に匕首をつきつけているのが、放送法改定という宝刀であり、同時にNHKの経営システムの変更につながる重要課題でもある。
 野田総務大臣はどのようにこの問題を裁くか、今メディア界は息を潜めて待っている。
posted by Kazuhiko Hoshino at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

地震学者という名の大嘘つき

地震学者という名の大嘘つき

 子供のころ、尊敬する人のことを「先生」と呼んだ。
 先生を批判することはなく、先生の言うことは少しばかりおかしいと思っても、絶対的な存在だった。だからかかりつけのお医者様は先生だったし、学校の先生も先生だった。

 が何時の頃からか、先生の存在が疑わしい存在になってきた。
 国旗を掲揚させない、国歌を歌わせない、だからオリンピックにいっても国歌を歌えない変な日本人が出てきた。教育の名のもとに、日本を貶める反日歴史教育をする。日教組という反日左翼思想に凝り固まった先生による日本破壊工作がじわじわと広がって来たのだ。
 先生とよばれている医者も、ついこの間までお薬ですと処方されてきたものに、最近はあれは飲まない方がよろしい、と平気でいっている。
 手術に際しても、AとBがあります、どちらを選びますか、と患者に慇懃に尋ねる。分かる訳ないだろう、患者は医術について素人だし、判るようなら自分でやるよ、と言いたくなる。その上手術の方法が決まれば、患者に印鑑をおさせて、あとで文句は言いませんと、どこまでも責任を逃れる。クレーマーと呼ばれる変な患者が横行しているという側面もあると思うが、医者が聖職者から労働者になってしまった現実も見逃せない。

 原子力委員会の先生もひどかった。

 最近呆れたのは、地震学者の先生方だ。政府中央防災会議に雁首並べて、地震予知は可能であると1978年から40年もの間、東海地震も東南海地震も予知可能として、発生以前の対応を提案してきた。毎年地震予知研究のための予算も莫大に獲得し大学研究室も潤ってきた。
 ところがここへ来て、予知は不可能だと言い出した。地下にはいろいろな事象があり、どれが大地震に結びつくのかよく判らないというのだ。地震は予知防災から減災へ方針を見直すべきというのだが、そんなこと素人でも言えることだ。
 初めから地球内部にいろいろな事象があることは判りきったことだし、ここへきて専門家の口にすべきことではない。半世紀近く国民は地震学者という先生に、騙されてきたということだろう。


posted by Kazuhiko Hoshino at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

盆踊り・真夏のミステリー

盆踊り・真夏のミステリー

 盆踊りの季節もおわり、残された問題は騒音問題だそうだ。
 戦後、モーター社会の朝ぼらけと共に町中を支配したのは、クルマの警笛だった。そこらじゅうでクルマの警笛が鳴らされ、人間は虫けらのごとくに追い払われた。街角でも駅前でも街頭スピーカーが、たえずマーケットやら映画上映の宣伝放送をしていた。電車に乗っても次駅の案内、終点の告知、はたまた乗客の座席への座り方まで口煩く指導された。

 銀座4丁目できく街の音と、六本木一丁目の街の音は明らかに異なる。日比谷公園の音と井の頭公園の音も全然違う。はい、ここはパリのシャンゼリゼーと音響効果マンに告げれば、彼らは即座にシャンゼリゼーの街角らしい音揃えをして、スタジオにきた。実況録音ではなく、想像上の音を組み合わせて街角の音をつくってきたのだ。効果マンのもつイメージによって、街角は微妙に変わった。それ故、使える効果マンと使えない効果マンができ、イメージゆたかなスタッフが育ったと思っている。
 効果音の堕落は、なんでもかんでも現場へいって、デンスケとよばれていた録音機で獲る様になってからだ。イメージの優劣ではなく、録音技術の優劣になってしまった。犯人はソニーかもしれない。そんな状況のなかでラジオ・ドラマも没落していった。

 さて盆踊りの騒音問題は、盆踊りを楽しみに浴衣を揃え夏を楽しんでいる人からは絶対にでない。盆踊りをご先祖様の供養と心得ている人からも苦情はでない。いわば社会の落ちこぼれや、斜に構えて自己主張する変人からしか、クレームは出ないだろう。
 そうした人々のクレームを優先させるようなオバカな社会を民主社会と誤認した日教組あたりに、責任があるのかもしれない。盆踊りの音楽より、シールズのシュプレヒコールのほうがよほど煩い。羽鳥モーニングの玉川なにがしのほうが煩い、と感じる人もいるだろう。

 愛知県東海市では、各自イヤホーンをつけて踊る「無音の盆踊り」をやっているという報道に接した。怖い風景としかいいようがない。
 年に一度の除夜の鐘が煩いからヤメロとねじこんだ近隣住民がいて、お寺は除夜ならぬ除昼の鐘に変更したというバカバカしい話もあった。
 最近では近所の家の庭の「鹿おどし」がうるさいと騒音騒動になっていると報じられた。日本人の暮らしが殺伐としてきたアカシでもある。
 片方でオモテナシとか言いつつ、こんな体たらくではあきれてものも云えない。親和性のない無教養、無知について指弾するようなメディアはないのだろうか。モリカケ問題よりはるかにそちらのほうが有意義と思う。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

道具としてのマイ・カメラ

道具としてのマイ・カメラ

 学生時代、カメラはWELLというどこが作ったかも判らないカメラをつかっていた。
 カメラ仲間のボスは、ライカをもっていた先輩である。ライカは憧れだったが、手が届かなかったので、ライカの持ち主はごく自然にボスの地位に就いた。集まるとみんなで先輩のライカに触って満足していた。
 コンタックスを使っていた友人は、女子校生と恋に落ち自殺してしまった。
 うんちくに五月蠅い仲間はパーレットという蛇腹式のカメラで単玉レンズの味を主張していた。二眼レンズのローライフレックスを持っていた友は、ポートレイトは二眼の6×6版フィルムに限るといつも自慢げに発言していた。女性を映したら4枚構成のテッサーレンズに優るものなしと豪語していた。
 女性とレンズの相性とはそんなに難しいものかと、感心もし疑問をもちながら、テッサーで撮った彼女の写真を見せられていた。

 現像も引伸ばしも全部自分でした。勉強部屋の押し入れを改造し、畳一畳の狭い空間を現像室と称し、バットを並べて一液、二液、三液、そして定着をこなし、赤いランプのもとでフィルムを乾燥していた。プリンターは忘れてしまったが、引伸ばしはハンザの引伸ばし機だった。温度管理もできない押し入れ現像室では、半分ちかく現像の失敗があった。引伸ばしもせいぜい四つ切ぐらいまでで、展覧会の出品作は先輩の広い現像室を借りた。

 初めてのパリには、キャノンで広角、標準、望遠のレンズを携えていった。ドイツのカメラに対してようやく日本のカメラが認められてきた頃だった。がキャノンのシャッターの調子が悪く、二、三回の修理ののち売ってしまった。キャノンは日本で買った値段の倍近くの高値でうれた。
 かわりにローライフレックスの露出計付きを手にいれた。二眼レフでみたベネチィア夕景の揺れるゴンドラが忘れられない。

 帰国後、ニコンを手にいれたが、お祭りに足しげく通い、フィルムの枚数の少なさにストレスを感じるようになった。一時はオリンパス・ハーフという倍の枚数がきれるカメラを重宝につかっていた。いつも冷蔵ケースに1ダースのフィルムを入れ絶えずフィルムの温度と数を頭に入れて撮影旅行していた。
 デジタルのいま、撮影はほんとうに楽になった。小さなメディアで1000カットも2000カットも撮れる。高齢になった今は、ミラーレスの軽さが圧倒的にシアワセである。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

尖閣諸島を死守せよ!

尖閣諸島を死守せよ!

 中国の領土的野心が止まらない。
 南沙諸島においてはすでに7つの人工島をつくり軍事基地化しているが、マレーシア沖マラッカ海峡の入口に新しい島を作り始めた。500ヘクタール規模の人工島で、軍港機能と空軍基地が併設できる中国による侵略のシンボルのような人工島なのだ。
 マラッカ海峡というのは、スエズ運河、パナマ運河に次ぐ世界の三大交通要衝に数えられるほど重要な海だ。ここを抑えれば東アジアに於ける交易をコントロールでき、アジアの覇権を確立することが出来る。
 一帯一路戦略の要に当たる場所である。国連における領土審判で南シナ海は中国の領土ではない、という判決がでたにもかかわらず、中国はあんなものは紙くずだ、我々にはわれわれのルールがあると、一顧だにしない無法者なのだ。

 尖閣諸島においても、すでに領海内に公船が毎日のように侵犯し、接続水域には毎日数百隻に及ぶ漁船がきて、海を荒らし回る。石垣島の漁民はまったく尖閣周辺に近寄れず、もはや尖閣諸島は中国の実効支配状態に陥っている。
 日本政府に石垣島民が訴えても、尖閣上陸禁止、尖閣周辺の漁業もするなと、政府はまるで中国政府のようなことを言っている。

 政府は外交ルートを通じて抗議をする、と訳の分からないことばかりいっている。なんの役にも立たない抗議ごっこだ。国際社会に訴えても、中国は写真を見せて、この通り尖閣諸島は中国が実効支配が確立していると主張されたら全く歯がたたない。
 この無法者にたいして、憲法9条があっても、平和憲法があっても、まったく役にたたない。ましてや話し合いなど歯牙にもかけない乱暴者が中国なのだ。このまま尖閣が中国の支配下にはいってもアメリカはなにもしないだろう。実効支配されたのは、日本の責任でそんなことは知りません、といわれるのが眼に見えてる。
 島嶼防衛にたいしてニホンはより積極的な防衛策を講じなければ、国土はやせほそっていくばかりだ。

 北朝鮮のミサイル対策には慌ててイージス・アショアを二基購入すると発表したが、尖閣防衛については無策のままだ。一刻も早く決定的な防衛策を講じて、国土を死守してほしい。
 左翼も戦争反対、オスプレー反対、安倍退陣のお念仏のまえに、国土防衛を叫ぶべきだろう。 
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする