2018年10月12日

築地の水神様、波除稲荷はどうなる?

6520cbfb0bbf36d38489b8c05c7dca62.jpg

 築地でしか見ることのないターレが、陸続として環状2号線の橋を渡っていく。
 2100台にも及ぶターレが、通行禁止の国道を橋を渡っていくさまは映画のロケのような光景である。ターレの時速はせいぜい15キロ、日常の走行速度は10キロと言われているから亀の競争のような異様なスピードではある。
 いまどきバックギャアのない自動車があるのは不思議だが、この小型特殊自動車を日本で初めてつくった会社はとっくに倒産していまはない。郵便局や駅構内、市場内で重宝がられているターレを作っているのは、スバルや三菱といったメーカーである。
 築地ではガソリン・ターレもLPG・ターレも走っていたが、こんどの豊洲では電気ターレのみ使用許可なので問屋、仲卸の皆さんは電気ターレのための出費も必要になる。

 戦後、街中には美味い寿司やは少なく、美味い寿司を食べたいときには築地の場外にかよった。学生のふところには負担が大きかったので築地へいくのは清水の舞台から飛び降りるような気分だった。のちに場内にも行くようになり、美味い寿司をいつまでもたべられるように、波除神社のすし塚にもお参りして、初めて築地の寿司詣でが完成した。
 波除神社は場外、場外にまたがっているのでこんどの引越しでどうなっているのだろうか。少し心配である。なにしろ活魚塚、アンコウ塚、海老塚、たまご塚、こんぶ塚、吉野家塚まであり、なによりも四代将軍家綱公の築地埋め立ての困難を救った波除稲荷の縁起にもとずくご神体であり、魚河岸の歴史証人でもある貴重な文化財である。
 神田明神の別社である魚河岸水神社は御霊抜きをしてとりあえず神田明神へお返ししていると聞いている。

 いまどきの役人に水神様のはなしや、波除稲荷のはなしは理解不能だろうから、豊洲にまず水神社を勧請してから開場などということは夢のまた夢かもしれないが、こうした民俗遺産こそが、貴重な観光遺産にもなるということを自覚してほしい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

中国という監視社会

5aa608a0c6e980ca338b4622.png

 中国の空港に降り立って税関を通るとき、かたわらのちいさな台に黒眼鏡の人が立っていたら、その人は情報監視員と思わなければならない。少し厚い黒メガネには、視界に入ったすべての人の公安データが即座にうつしだされ、危険分子は連行される。
 中国の情報技術の向上と、北京政府の蓄積してきた14億人分の膨大なデータが、こうした監視社会のシステムを可能にしている。国内に住む中国人だけでなく海外の人々のデータも、情報をハッキングして大量に保有していると伝えられる。
 犯罪の防止、犯罪人の追跡に120パーセントの効果を発揮するのみならず、共産主義社会にとって不都合な人々の出入国も黒メガネひとつで簡単に発見・拘束できるという恐ろしいネット監視網である。

 中国最高の美人人気女優ファン・ビンビンさんが、突然今年6月から消息不明になった。
 自身の芸能学校を持ち、ドラマ制作会社を経営し、カナダにはマンションを持ち、国内には二軒の自宅と二軒の別荘、そして青島には高級マンションを所有しているという、中国映画界最大の稼ぎ頭だといわれる。なるほど写真をみれば堂々としてイブニング姿は、並みいるハリウッド女優に負けない。
 世界中どこの芸能界にもある表契約と裏契約がばれたともいわれ、本人からのお詫びが公表されたが、この話にはさらに裏があり、習近平の側近の愛人であったため、不興をかって挙げられたのだという情報もある。

 さらに恐ろしいのは、国際刑事警察機構I.C.P.O通称インターポールの総裁が突如行方不明になった事件だ。中国を代表する警察官僚としてインターポールのトップの座につき、世界中の国際犯罪を取り締まっていたにも関わらず、本人があっさりとどこかに連れ去られた。
 中国にたびたび問い合わせた結果、このほどようやく北京政府から不審な行為があったので拘束中という答えがきた。不審な行為の内容は知らされていない。習近平にとって不都合なのか、それとも中国共産党にとって不審な行為なのか、まったくわからない。

 共産社会は一見秩序正しく理想社会にみえるが、実態は徹底的な管理監視システムにより、人間としての尊厳や人間性が否定される。粛清があり、発禁があり、没収がある暗黒社会である。そもそもはユートピアを目指した筈のシステムが、いつのまにか暗黒のディストピアになってしまった。これでも資本主義社会と仲良くやっていけるのだろうか。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

慶祝国慶節・イン・軽井沢

pixta_13759295_L.jpg

 軽井沢には巨大なアウトレットがある。
 中山道由来の軽井沢よりも、この軽井沢プリンス・ショッピング・プラザのほうが軽井沢の顔になってしまった今日この頃だ。都会から友人がくると、女子供はまずこのアウトレットに行きたがる。明治以来の宿場の遺跡や、沢山ある文学碑、数々の美術館よりも、まず行きたがるのがアウトレットだ。こんな物欲まみれの日本人を育てたのは……などと云うとウザイと反発され、故なく嫌われるので、いってらっしゃいと笑顔で送り出す。

 となりのホテルに所要があり、時間の都合でアウトレットを覗いて驚いた。
 そこは日本ではなく中国だった。いかにも中国風な花飾りに巨大な慶祝国慶節のモニュマンが鎮座している。はてここは横浜中華街かと錯覚した。いやアウトレットは中国資本に売られてしまったのかと一瞬不安がよぎった。中国人の観光客が大声でわめきながら記念写真の撮影大会をしている。ショップでも国慶節の祝いやら、国慶節の割引が掲げられている。中国版大型連休をあてこんで、共産党万歳のモニュマンを飾っているのだ。

 日本でありながら、にほんの祝日に幟をたてたり、花飾りをしている光景を軽井沢ではついぞみたことがない。
 たまに駅にある飾りは、G7まであと何日と表示するカウントダウン・ボードやら、カーリングが勝ったとか、国の祝日を祝うという意識はまつたくない。
 さきの戦争で負けるまでは、どこの家でも祝日には国旗をだし赤飯を炊いたものだが、敗戦とともに国旗を忘れ、国家の祝日はただのイベントデーのごとく片隅においやられてしまった。反日日本人の左翼の罠に落ちてしまったのが、こんにちの日本人の実態なのだ。自分が生まれ暮らしている国を、愛することを忘れた悲しい日本人が圧倒的に多くなった。

 アウトレットの巨大な慶祝国慶節は商人たちのさもしい根性、毛沢東の国慶節を祝ってもいいが、その目的は金儲け、共産革命を祝う気持ちなどすこしも無いのに旅人の懐をねらう、かっての軽井沢宿飯盛り女にも似た悲しいゼニゲバぶりである。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

赤ん坊・飴だま・次はなに?

yjimage.jpg

 この国は昔から「礼法」の国といわれ、「礼儀」ということばは、教育の基本だったし、社会生活の常識だつた。
 ヨーロッパの先進国が、日本を評価したのも日本人の礼儀とか、親切にたいする尊敬の念からだった。後進のアジアにあってジパングはどこか違う。芸術も民度もほかの有色人種とはことなるところが、素晴らしいと、評価されてきた。

 市会議員がわるびれもせず赤ん坊を抱いて議場に入ってくる。人の迷惑を考えない。市の将来を論じ、考え、議論することより、わが赤ん坊の方が大事だという堂々とした主張だった。議会場も一瞬にして権威を失い、ベテラン議員は右往左往、熊本市議会は混乱した。
 一年たって同じ議員が今度は、飴だまをしゃぶりながら、質問にたった。議長は慌てて、「品位をおとすから、飴だまはすてなさい」と注意するも、議員は拒否、喉がいたいので声が出ずらい、だから飴だまはなめつづけると主張、議場は混乱のすえ暫時休憩。
 開かれた懲罰委員会でも、飴だま議員の女は謝罪せず、どこが悪い喉が痛たかったから飴だまをしゃぶったのであって、私に悪いところはない、と再三主張、八時間の無駄をしたというのが、最近のスキャンダルである。
 軽井沢でもインターナショナル・スクールの女理事長が、パーティーの席に乳母車ごと赤ん坊つきで登場したことがあったが、多分この次は暑いからとシースルーか、ゴムゾーリで議場にはいってくるのだろう。場を心得ない、礼儀をしらない、目立ちさえすればいい、こんなデンツー娘みたいなのが、堂々とまかり通おる世の中になってしまった。

 議員の緒方夕佳という人は東京外大の米英科をでたのち、アメリカ・ヴァージニア大学で紛争分析解決学部なる勉強をして、沖縄平和協力センターで反対運動をしてきた人なので、議会をざわつかせることなど朝飯前の筋書き入りなのだ。ネット通販をしている旦那も知らん顔で、赤ん坊などあずからない。飴だまは拙いから、喉スプレーにしなさいというようなサジェッションもしない。
 アメリカの砂漠で教育されてきた人たちには、結構こうした非常識人間は多い。T.P.Oなどという舶来の礼儀もしらない。

 TBSの朝のワイドショウを司会している夏目某は、この人を議員に選んだ一般市民がいるんだから、この人の行動はうけいれるべきだと、とんでもなく阿呆な意見をいっていた。 礼儀も作法もないメディア芸者には呆れる。


posted by Kazuhiko Hoshino at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

ほぼ松茸、バカマツタケの夜明け

o0520037013119593603.jpg

 秋の味覚といえば「松茸」にとどめをさす。
 韓国やブータンに行けば、それなりの「松茸」文化はあるが、日本人のそれほどこだわったものではない。料亭では、松茸のお目見得です、とばかりに早出の焼き松茸やら、土瓶蒸し、松茸ご飯など登場し、座敷の話題となる。

 信州上田の奥には別所平があり、平のまわりには松茸山がてんてんとある。
 秋になると十数軒の松茸小屋が、山の頂上から山裾にかけて開店する。開店といっても素朴な山小屋で、よしずの周りにビニールの屋根、丸太の骨組みはいつでも撤去できるという小屋で、最近はようやくトイレが臭気遮断のハンバ風トイレに変わった。
 「松茸 味わうなら 信州上田 見晴台」新聞には立派な広告がでている。千曲川コース¥5150(税込)から、お土産に生松茸一本付きの20000円近くのコースまである。松茸酢の物、松茸土瓶蒸し、松茸茶碗蒸し、松茸天ぷら、松茸鍋、松茸ごはんと、それぞれにそれなりの松茸料理である。

 最近は「バカマツタケ」が話題をよんでいる。
 味も香りも食感も、姿かたちも松茸そっくりなのに、松茸の仲間にしてもらえず永年品種差別の可哀そうなマツタケである。2015年にようやく政府の「高級菌根生キノコ栽培技術の開発」委託事業として助成金がでるようになったので奈良の森林技術センターが、雑木林での人工発生に成功した。研究・開発も金次第なのだ。
 松くい虫のおかけで危機に瀕している松林を必要とせず、コナラ、ミズナラ、クヌギ等の雑木林に生えるという点からも、松茸の後継マツタケとして有力視されている。

 香りのしない「マツタケモドキ」や、奄美大島で少しばかり自生する「ニセマツタケ」、あるいは韓国産の、カナダ産のマツタケに心惹かれることなく可哀そうな名前の「バカマツタケ」で秋をむかえることになるのだろう。
 スポーツ番組などみていると、人間も新品種がぞくぞくと登場しているが、マツタケも新品種の時代を迎えたのだ。

posted by Kazuhiko Hoshino at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

新橋芸者と旦那衆のお手合わせ

img017.jpg

 花街は文化サロンだった。
 そこにくる人は政界、財界、官界、學界のトップクラスから、市井で成功を納めた商人やら、芸術家、芸人にいたるあらゆる階層の人々がいた。そうした人々が本業を離れて自己解放する場所が花街だった。花街には御茶屋、料亭、芸者衆の学びのための検番、置屋、髪結い、化粧、身の回りのための衣裳やさんから、装身具や、履物や、それらの世話をする男衆、小唄、長唄のお師匠さん、踊りの稽古場、さらに花街名物のお土産屋さんまで街中にあって、いちだんの洗練された趣味と雰囲気にまみえているのが花街の特徴だった。
 花街をみれば、その町の民度、文化のレベルが計れるのだ。

 大阪には、曽根崎新地いわゆる北新地、南地五花街、新町、堀江と多くの花街が、秀吉由来の城下町と最大の商都を支えてきた。京都では、北の上七軒、八坂の祇園、祇園東、鴨川の宮川町、そして先斗町とそれぞれの特徴ある花街が1000年の都の顔になってきた。
 東京も、新橋、赤坂を筆頭に柳橋、神楽坂、浅草、向島とあったが、いまは新橋、向島あたりが頑張っているのみでほかの花街はだいぶパワーが堕ちてしまった。
 全国の温泉場にある花街もかっての勢いはなく、そこにいる芸者衆も、半分以上は芸よりもレジャー酌婦になってしまっている。

 そうした花街の歴史にとってもっとも不幸だったのは、第二次世界大戦だった。
 敗戦国の日本はマッカーサー司令部によって、天皇を中心にした国家観から忠孝の精神文化も骨抜きにされ、伝統芸能から修身教育まで禁止され、奨励されたのはスポーツ、芸能、セックスというまさに植民地政策そのものだった。
 尻馬にのって、ホテル万歳料亭反対の政治をしたのが、細川内閣だった。政治家の集いはすべてホテルが良しと、変な方針を打ち出し、伝統のつまった料亭を否定した。これによって赤坂は衰退し、神楽坂も坂道を転げるがごとくに変わってしまった。細川さんはみずからが育てられた文化土壌を忘れたバカ殿といわれても仕方あるまい。

 新橋もずいぶん少なくなったが、東京を代表する花街としてがんばっている。祇園都をどりの一か月興行に対して、新橋東おどりはわずか一週間だが、銀座の旦那衆と相対での「くらま会」など、今年も盛大に新橋演舞場に幕を開けた。
 玄人の芸者と素人の旦那衆が一年に一度のお手合わせ、花街は本来地元の旦那衆あってのもので、地元と解離してしまっては意味もなく、旦那衆の幅広い芸に応じてこその舞台である。長唄、常磐津、河東節、一中節、小唄、端唄、哥澤、尺八、と邦楽の歴史総見のような銀座の旦那の芸に、立役として花を添える新橋の芸者衆も随分勉強になったことだろう。 いずれはからす天狗達の稔りも楽しみである。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

夜の銀座の未来形ママ

023c3834e0ccf988c11d4bb86b1332a8.png

 密かに財界のパトロンがいて、文壇人に愛されて、そしてなによりも美貌で……、というのが夜の銀座を支配するオーナーママのイメージだった。それがすっかり様変わりし、「貴方は銀座のタカシマを知ってるのか」と東京から突如現れた旧友に叱責された。オミズの世界も時々刻々と変化し、未来形の若いママがいま銀座の話題になっているのよ、と軽蔑された。
 銀座に食を求めていくことがあっても、アルコールを求めていくことなどここ30年程忘れている。ましてや銀座のママとの付きあいも、50周年記念とか、この度閉店することになりましてとか、本当に長い間お付き合いくださいましてとか、たまに艶やかな手紙が来ると終活ばかりで極めて寂しい。

 彼氏はいません。
 パトロンもいません。
 枕営業いたしません。
 友達いません。同業者と仲良くしません。
 整形していません。
 日本人です。在日ではございません。話合い手は犬しかいません。
 身長160cm、54キロ、B94cm、W59cm、H85cm、Fcup、O 型、肌超絶キレイ。
  これが今話題の未来形若い銀座のオーナーママ「高嶋りえ子」の基本データーである。 行方不明の中国美人女優范某にすこしばかり似て可愛いところもある。

 22才でホステス初体験。 25才でクラブ高嶋オープン。 26才で和風バー高嶋オープン。27才で高嶋化粧品販売開始。28才でバー高嶋オープン。 現在、銀座に4店舗、都内7店舗を展開中。ママの経営手腕はここからが凄い。インバウンドの急増をみこんで店では、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語等、12ヶ国対応で、銀座へいらっしゃる外国人の接待ではナンバー・ワンをほこっている。ホステスも高学歴で早稲田、慶応、東大、学習院、京大、芸大、上智、青山と揃い、ウエイトレス経験者、OLさん、音大生集れーと激を飛ばしている。

 高嶋式ミズ商売の凄いのはその先にある。
高嶋茶、高嶋ダイエット茶、高嶋美肌青汁(美肌コラーゲン×青汁)、高嶋美容枕販売とともに、高嶋化粧品のトータル展開、いずれもが高価な富裕層狙いであり、店にくる客へのノベルティにしても奥さんに喜ばれる物品を選択している。高嶋化粧品のラインアップをみると、かっての鈴木その子の化粧品に似ている。
 さらに最近では、地方でクラブ、バーなどミズ商売をやりたい人のための「コンサルティング高嶋」をスタートさせた。
まさにミズ商売の宝石箱が、「高嶋りえ子」という若い夜の銀座の華、未来形なのだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

ZOZO TOWN 前澤友作の実像

thumb-12136-090775-entame_l.jpg

 前澤友作という名前がメディアに躍っている。
 前澤友作はそんなに凄いのか、データをたどってみた。2011年にZOZO TOWNを立ち上げ、2017年の売上げ総額 763億 営業利益 262億だから そんなに巨大な小売業ではない。むしろ中堅どころのネット通販会社といったところだろう。社員年収も381万から518万円、社長の給料だけがずば抜けていいのかもしれない。
 社長はプライベート・ジエット/ガルフストリームG650(18席)と、スーパーカー時価2億円のパガーニゾンダ80Z6のほかフェラーリ・エンツォ、エルメス・ヴェイロン、アストン・マーチンといった超高級車を所有している。自宅も100億をかけた豪邸、美術館付きと伝えられ、総資産5000億円の青年実業家である。

 こんな実態をつきつけられたら、オバカな女優にかぎらず大抵の女性は身も心も投げ出すに違いない。突然に夢の富裕層お仲間入りだ。ただちに自分のSNSやツィッターは閉鎖、全削除でひたすら愛を捧げ、安穏で超贅沢な人生、ああ女に生まれて良かったと自己陶酔の毎日に浸る。
 おかげで前澤友作は若くして、元社員、無名モデル、あと一人、そしてダルビッシュ有の元女房紗栄子と次々に事実婚を繰り返し、紗栄子と破局してからは、恋人募集オーディションなるものを実施し、第一位の下京慶子を手にいれた。そして半年も経たないうちに、踊りが取柄の剛力彩芽と浮名を流している。「オレは絶対に結婚しない」と前澤は豪語しているので、剛力はあらゆる手練手管で迫っているのだろう。

 Space X社の次世代ロケットBFRによる2023年の月周遊旅行のユニット契約も、メディアは凄い凄いの連呼だが、はたしてそうだろうか。
アーティストを8人招待し、同行するというのが如何にものプランである。宇宙から地球に帰ってからその印象を作品に制作して、公開し、2000X年には「#dear MOON Exhibition on EARTH」 を開くというのだ。ロケットの旅行代1000億の投資は、アーティスト8人の作品と、その后のイベントですべて回収できる、という計算が丸見えなのだ。
 注目はどの程度のアーティストがこの計画に賛同してロケットに乗るか、という点である。かっての巨匠時代とことなり、最近は芸術家も軽くなったので、案外ジャーナリスティックな人がいくかもしれない。

 最近のIT長者は実業家としての経済モラルにとぼしく、8パーセント以上の利益は社会に還元するといった人間の良心が欠落していて、儲け放題のアメリカ・ウオール街の商売人にそっくりな人が多い。 資本主義崩壊の芽はこうしたところに潜んでいる。
posted by Kazuhiko Hoshino at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

にほんのスイーツ「大学芋」

daigakuimo.jpg

 秋とともににほんのあちこちで芋の食味会が始まる。
 山形の芋煮、今朝のテレビでは里芋の盛大なまつりをやっていた。秋は芋の季節だということを改めて認識した。

 「焼き芋〜ヤキイモ」という掛け声もきかなくなった。若い女性スタッフが焼き芋の声に、外へ飛び出しホカホカの焼き芋とともに、興奮した面持ちで帰ってきたムカシがなつかしい。焼き芋は田舎のシアワセ、家族のシアワセ、3時のシアワセ、いろいろなシアワセをはこんできた。

 いまではおやつのケーキになってしまった。スポンジの上に色とりどりの果物やらアイスクリームの様々がのって見事だが、少しうるさい。菓子職人はパテェシィエとやらに変身し、フランス語など操ってシャレタ名前のケーキが主役の座にすわっている。

 サツマイモを一口大の乱切りにして低温の油でじっくりと揚げ、それに密をからめて黒ゴマをまぶしただけのジャパニーズ・スイーツ……それこそ日本一のスイーツ「大学芋」だ。いや世界一のスイーツ「大学芋」かもしれない。パリ・サクレクールの丘の絵描きさんの広場あたりに、このジャパニーズ・スイーツ「DAIGAKU-IMO」などだしたら成功間違いなしだろう。

 昭和の初め、帝国大学(今の東京大学)の学生が学費捻出のためサツマイモを加工して売り出したのが、「大学芋」の始まりとか、赤門前にあった三河屋というふかし芋やさんが、大正の初めに売り出したのが、人気をよんで「大学芋」になったとか、諸説いりみだれているが、それほど簡単に加工できたにほんのスイーツということだ。

 小生の大学芋は、浅草言問通り・花屋敷の裏あたりにある「千葉屋」揚げたてアツアツの大学芋である。ごま油の風味がのこる絶妙な揚げ、密の美味しさ、芋は茨城県産の紅あずまと聞くが、にほんいちの大学芋完成形がここにある。400グラム700円というのも嬉しい。

 おやつの「ふかし芋」も亡んでしまった今、デスクが買ってきてくれたセブンイレブン製「まるで大学芋なオールドファッション・ドーナッツ」でせめてもの懐かしさをいただく。

posted by Kazuhiko Hoshino at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

池上彰のパクリの日々

池上彰のパクリの日々.jpg

 テレビ局と池上彰本人のプロデュースで作ってきた「なんでも知ってる池上さん」のイメージが、崩壊の危機を迎えている。
 きっかけはフジTV特番「池上彰スペシャル」大人は決して口に出せない子供大集合の番組だった。参加した子供たちが、あまりにもスラスラと大人が感じている政治的疑問を口にしたことから、ヤラセ疑惑に火がついた。調べてみると参加した子供たちの三割はプロ子供だった。つまり芸能プロダクションに所属して、テレビ局の言うとおりに演じるプロ子供のヤラセだったということが暴露されたのだ。

 これをきっかけににあちこちから池上彰のパクリ疑惑がもちあがった。
 会社社長の宮下研一氏は、私のホームページに上げた内容をテレビで発表したいと取材にこられたので、懇切丁寧に説明して対応したが、あとから池上彰の意見として発表するのでと電話がかかってきて、テレビとはそういうものかと、がっかりした。

 徳島文理大学教授八幡和郎氏も激怒している。散々時間をとって取材対応したが、あとで番組では八幡氏の意見ではなく池上の意見として紹介しますと、マネージャーから☎がかかってきた。取材先を隠蔽し自分の意見のごとく振舞うのは、記事泥棒だと怒りをかくさない。

 元警視庁通訳捜査官坂東忠信氏も同じだ。テレ朝から池上彰の番組ネタトリにきた。坂東氏の名前はださない。坂東氏を画面にもださない。坂東氏の話をそのまま池上の話としてはなすので、局へきてチェックをして欲しいといわれ、唖然とした。

 ジャーナリストの上杉隆も自身のTwiterで「他人の書いた意見を、あたかも池上自身の見識のごとくしゃべるのは止めたほうがいい」と忠告したが一切無視された。そういう場合は、せめてクレジットを入れるべきだといったが、それも無視された。

 何でも知ってる池上彰とは、何も知らない知識泥棒で、平気で人の意見をパクル悪質なタレントだ、というわけで、いまあちこちで火がついているのが、「#イケガMe Too」 である。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする