2017年02月15日

嵐山吉兆のチョコレート・三段重

嵐山吉兆のチョコレート・三段重

 今年もヴァレンタイン・デー…チョコレートの日がやってきた。
 81歳のキューピットからは、ピェール・マルコニーニが日本にきてつくったという、有り難いチョコをいただいた。チョコは恋人同士だけではなく、老人同志のメディアにもなっている。
 ままショコラ・ショーなどのみたいと思うが、軽井沢あたりでは無理難題にぞくする。ゴディバやアンリ・シャルバンティエに混じって、珍しいチョコレートをいただいた。

 京都「嵐山吉兆のCHOCOLATE 三段重」である。
 婦人画報の通販や二三のデパートで限定発売したようだが、珍しさも手伝ってあっという間に売り切れたようだ。
 吉兆の総料理長・徳岡邦夫さんと、三田市のパティシエ エス コヤマの小山 進さんの合作である。
小山さんは2011年のサロン・デュ・ショコラ・パリで最高位を獲り、世界的なショコラティエとして活躍している方なので期待して三段重を開いた。

 一段目は揚げ湯葉をモチーフにしたタブレット、精進料理のなかでもひときわ存在感のある湯葉の風味と豆のまろやかさをホワイトチヨコに混ぜ込んだミルキーなタブレット。
 二段目は道南産の眞昆布を糸状に刻んで素揚げにしたものを、そのままミルクチョコに混ぜこんだ歯切れの良さとチョコレートの口どけが面白い食感のコントラストを狙ったタブレット。
 三段目は小山シェフが吉兆でいただいた深揚げと浅上げの二種の揚げゴボウをホワイトチョコに混ぜ込んでつくった絶妙なバランスのタブレット。
 日本料理の繊細さとショコラティエのアイディアがコラボしたなかなかの三段重であった。

 ヴァレンタインに託したかずかずのチョコがあるが、パッケージだけのものから、作者の心意気に充ちたものまで、こうした商業祭に、基本的な食の文化にかかわるものが登場するのは、とても嬉しい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

サラリーマン川柳を毒見する

サラリーマン川柳を毒見する サラリーマン川柳を毒見する サラリーマン川柳を毒見する

 今年の漢字、新語・流行語大賞と共に、世相を映し出す指標として楽しいのが「サラリーマン川柳」だ。
 2017年の100選が発表されたので、5月下旬の選考を待たずに私選してみた。

「たたき上げ 育てた女子が いま上司」 (そらみみ)
        女子がますます立派になって働いているのは、東京都ばかりではない。
「会議する 準備のために また会議」 (詠人知らず)
        働けど働けど、我が暮らし楽にならず、ブラックは自己責任です。
「賞与なの? 中身はいつも 寸志です」 (企画女子)
        いつまで続く不況、そのうち儲けはみんなトランプに持って行かれそうです。
「席がない 会社も家も 電車でも」 (透明人間)
        むかし、男の甲斐性という言葉があったような気がします。懐かしさがこみあげます。
「上司より 妻の決裁 高難度」 (ナカケン)
        定年後、仕事もままならず 妻にも娘にも邪見にされて、やがて迎える夕暮れ時
「記憶力 ないから楽し 再放送」 (にほの里)
        二度と戻らない青春を忘れて暮らすシアワセもあるという。
「ものわすれ ふせぐサプリを 飲み忘れ」 (望忘仙人)
        かくして病気の話題こそが最大のトピックスとなる。
「病院で サミツトしている 爺7」 (アキちゃん)

 江戸っ子には季語いらずの口語表現で、うがち、おかしみ、かるみ、の俳風狂句がよく似合う。
posted by Kazuhiko Hoshino at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

今日からは垂直に走ろう

今日からは垂直に走ろう

 話題の石原慎太郎肝いりで始まった東京マラソンを始め、大地を駆け巡るマラソンは、日本中で3000はあるというのだから凄い。マラソン・イベントは過飽和の状態で、参加費をとって採算を合わせるビジネス・モデルは、そろそろ終わりを迎えつつあるとも言われている。
そこでマラソンに変化をつけて、市民の心を繋ぎとめようと考えられたのが「ファンラン」と呼ばれるテーマのある短いマラソン。

ファンランには次のようなものがある。
 カラーラン  コースのなかのカラーゾーンに来ると色々なカラーを浴びせられる。
 バブルラン  泡まみれになって走る。
 スイーツラン  コース上に用意されたスイーツ食べ放題のラン
 ロックンロールラン  何か所かで演奏しているロックを聞きながら走る。
 エレクトリックラン  音と光に彩られたコースを走る。
 フラッグガードラン  フラッグガードの演技がコース上のそこここに展開している。

 いずれのアイディアも大地を水平に走っている。発想の転換をして登場したのが、垂直ラン、垂直マラソンである。
 垂直マラソンのプロモーター、バーティカル・ワールド・サーキット(VWC)が、本格的に日本に上陸することになつた。2016年には世界9大都市ツアーを開催し、暮れには大阪アベノ・ハルカスでエキジビション・マッチを開催した。
 垂直マラソンは、超高層ビルの最上階もしくは屋上まで階段を使って駆け上がりタイムを競うのだが、スポーツブランドも触手を動かし、いま垂直マラソン用に反発力の高いシューズの開発に手をつけていると言われる。
  人間は何時からこんなに走りたい動物に変わったのだろう。

posted by Kazuhiko Hoshino at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

頑張れ! アパ・ホテル

頑張れ! アパ・ホテル

 元谷芙美子が帽子をかぶり艶然とこちらをみつめている写真はどうも好きになれない。
 リーゾナブルな値段で出張族のために宿泊を提供するアパ・ホテルは、サラリーマンの味方であり、不況に立ち向かう戦士の趣きがある。
 この際、あの正装写真にたよるアパの広告センスは不問にしよう。

 中国政府や大韓体育会から、目の敵にされているアパ・ホテルだが、その意味がよくわからない。
 中国国家旅遊局にいたっては、宿泊予約はとるな、広告は撤去しろ、利用中止にしろとまで発言している。
 共産党国家とはそういうことなのだと、納得するしかないが、アパホテルは国家機関でもなければ、公共施設
でもない。私的にどういう思想をもとうが、なにを書こうが、自由を保障するのが近代デモクラシー社会だ。
 私的商業施設にグループの創業者の本を置いてどこが悪い、という単純な話ではないか。
 政府が乗りだして、そこにおいてある本が気に入らない、とホテルを攻撃するとは、あっぱれ全体主義国家なのだ。

 戦争中、四川の奥地に籠っていた共産党政権には、国民党政権の戦争だった第二次世界大戦に関するデータは持っている筈もなく、ましてや南京大虐殺にかんする資料は何一つない筈なのだ。
 韓国の慰安婦ヒステリーにしても、戦争というものの学習がないための妄想にしかすぎない。なによりも言い出した朝日新聞が白旗をかかげているのだから、根拠はなくなったのだが、どうしても日本を貶めたい民族感情が日本を悪者に仕立てている。

 いま全世界に413のホテルをもち、66.950室を維持しているアパホテルが、中国、韓国のいわれなき
言いがかりに負けるとは思わないが、しつこいサイバー攻撃があたりまえの中国の横暴に立ち向かってほしい。
 元谷外志雄氏はニホン民族派のフラッグ・ホルダーなのだから。
posted by Kazuhiko Hoshino at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

地上波は熟女アナだらけ

地上波は熟女アナだらけ

 結婚に失敗した女子アナ、古巣の局をしくじって引越した女子アナ、スター選手と一緒になったつもりが失職の経済事情で再登場の女子アナ等々、教養深く美しい女子アナ達にも世間の風は冷たい。
 そうした女子アナたちの救済機関になっているのが、キー局のプロデューサーや役員さんたちだ。

 結婚に失敗して戻って来た娘可愛やで、自社の情報番組に再登板させる。
 欲目にくらんだ女子アナは古巣にもどらず他局を選ぶ。古巣では恩着せがましく値切られるが、他所の局ならそんなことはない。マネージャーの腕次第では、ギャラ取り放題。ましてや大物司会者の在籍している事務所なら、ギャラは高額となり、そのうえ抱き合わせ出演も可能なので、出戻りアナにとって願ったり叶ったりの事務所なのだ。
そうしたいろいろな事情から、この春の番組改編時には、かってのアイドルアナ達が其処此処に出没する。

 例えば元フジテレビの女子アナ高島 彩(37)は、テレビ朝日のサタデー・ステーション(土曜夜9時)に、
同じくテレ朝のサンデー・ステーションもフジ出身の長野智子(54)に。
 楽しくなければテレビじゃない、と謳ったフジ全盛期にテレビ朝日は辛酸をなめてきた。その時のフジへのコンプレックスから、いまようやく抜け出す時を迎えた。かってのフジの朝の顔を、テレビ朝日の夜の顔にかえようというのだ。

 この現象は地上波の経営者や制作者の決定的欠点をも露呈している。
 視聴者は予定調和の地上波ニュースにはあきあきしている。上から目線の朝日、共同的左翼教条主義者のコメンテーターにも、うんざりしている。
 民族を語らない、国防を語らない、歴史を語らない、そして反対だけを語られても視聴者はしらけるばかり、
尖閣を語るには中国の領土拡張主義を語らねばならない。沖縄を語るのに基地反対のお念仏だけではなにも始まらない。兵器としてのオスプレーの可能性は語らず、鸚鵡返しの反対論だけでは、マルハダカのアイデンティティなのだ。につこり笑って、はい次 の司会者も見たくない。
 哲学のない現実音痴のテレビ芸者に騙されるほど、視聴者は馬鹿ではないことに、気ずいて欲しい。

posted by Kazuhiko Hoshino at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

小池百合子の抱きつき作戦

小池百合子の抱きつき作戦

 今や進むところ敵なし、小池百合子東京都知事のお話しである。
 回転すしとも、抱きつきの達人とも呼ばれているが、判りやすい構図で敵を仕立てて挑むテクニックは抜群なのだ。
 千代田区長選挙では、丸川珠代五輪相や石原伸晃経済再生大臣に恥をかかせ、軽いジャブで一蹴した。東京における小池教は絶対的なカードであることをみせつけた。悪玉を仕立て自分を演出するのは、師匠の小泉純一郎元総理譲りの幼稚な演出だが、それこそが小池旋風の原動力になっている。
 都自民党の最高顧問ギョロメの内田を悪のシンボルに仕立て、与謝野馨の甥とやらを、内田イコールの悪玉に想定して選挙に望んだ技術はなかなかのもの、バイリンガル外資勤めのお坊ちゃんでは全く歯がたたなかった。
 ワイドショーの司会者から、細川護熙に抱きつき、小沢一郎に抱きつき、小泉純一郎に抱きついて政界を渡ってきた彼女にとって、森喜朗や石原慎太郎は対立軸つくりの絶好の餌だ。

 一方小池知事の抱きつき作戦は思わぬところで展開していた。
 私立高校授業料無償化、公共施設トイレの洋式化、保育士の待遇改善、これら公明党のスローガンをそっくり丸呑みし、予算に計上した。抱きつかれた公明党にとってもこんなに嬉しいことはない。自分たちの主張が100パーセント取り入れられたのだから、もはや友党どころか与党にならなければならない。
 千代田区長選で惨敗した都自民党も小池印と対立していては自分たちの足元が揺らぎだした、とばかり都知事へ抱きつくにはどうしたらいいかと舵をきった。このまま都民ファーストに盾ついてもいいことはなにもない。
小池回転すしの先取りをしない限り、抱きつけないのだ。このさい石原慎太郎も喚問しよう。
 対権力のジャンヌダルクは、いま権力者の座に就こうとしている小池百合子自身となって、踊らされた都民が馬鹿を見ないことを祈るばかりだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

妊娠菌を撒き散らせ

妊娠菌を撒き散らせ

 東尾理子、小倉優子、松嶋尚美、大島美幸、辺見えみり、矢沢心、熊田曜子、SHIHO、藤本美貴、等々……
この人々は陣痛が来たときに、赤い富士山とおテントウさまを書いていた。妊娠・出産の喜びをみんなに分かつためだ。赤富士と太陽が妊娠に効くとは知らなかったが、ものの本によれば、この都市伝説は竹取物語にあるそうだ。かぐや姫がお爺さんとお婆さんに渡した不死の薬を、二人は山の上で燃やしてしまう。それが不死の山、富士山の起源になったという説だが、古くから富士山と子宝を結び付ける俗信はあったといわれる。

 これがネットの今になって、芸能人の妊活から猛烈に広がったと言われる。
 陣痛時の「子宝赤富士」を飾っておくと、「妊娠菌」が移るというのが、コンニチタダイマの都市伝説なのだ。職場で妊娠が発覚し、いよいよ産休に入る女性社員は、「妊娠菌を置いとくね!」それが日常挨拶だというからますますショックだ。
 昔から「あやかる」という俗信があり、子供に恵まれない嫁は、子沢山の母親から水天宮さんで拝んでもらった腹帯を譲り受けたり、多産の女性にあやかって、その女性が身につけていた腰巻をいただいたりしたといわれる。

 女性芸能人が結婚すると、おめでとうオメデトウと祝福されながら少しずつ仕事が減っていく。それを打開するのが子持ちの親になった女性タレント、そのためにも妊活にいそしむのだそうだ。子持ちになれば、午後のワイドショウに空席が待っている。

 ネット上では「妊娠菌」関連グツズがとぶように売れているそうだ。懐妊前につかっていた基礎体温計、男女産み分け用のローション、その他使用済みのマタニティマークなど、値打ちものは有名タレントが陣痛時に描いた赤富士、なんでもかんでも妊娠菌を振りまくために商品化されている。
 孤独と不安に苛まれている妊婦が、タレント直筆の赤富士を奪い合うという風景は、常人の理解に苦しむところだ。

posted by Kazuhiko Hoshino at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

アメリカの原発ビジネスに騙された東芝

アメリカの原発ビジネスに騙された東芝

 名門東芝が倒産の危機を迎えている。
 そんな馬鹿なとおもうひともいるかと思うが、まず自力では再生不能な状態に陥った。原因は、簡単にいえばアメリカの原子力ビジネスに嵌められた。巨大な赤字を抱えながら、隠し通して東芝に身売りしたウェスティング・ハウスの術中にはまってしまったのだ。
 福島の事故をみて、もはや原子力の時代はさったと判断したアメリカの原子力企業は、東南アジアにおける原発受注を餌に、たくみに東芝と通産に企業買収を持ち掛けた。
 ここで頑張れば名実ともに世界一の原発企業になれるとふんだ東芝は手を出してしまった。

 開けてびっくり1600億の巨大赤字をかかえていた。東芝は虎の子の医療部門東芝メディカルをキャノンに売ってなんとか辻褄をあわせたが、さらに驚いたことに原発の工事をする子会社が7000億近い損失を抱えていたのだ。
 安倍さんもアメリカ政府も原発事業は、国家プロジェクトだからと言っていたが、みんな次々と撤退して閉店寸前、フランスの準国営アレバァ社も欠陥部品問題で、もはや閉店準備とは知らなかった。
 経営判断が間違ったとはいえ、東芝はアメリカの原発事業の負債をまるごと引き受けたかたちとなった。

 医療もうり、家電もうり、稼ぎ頭の半導体も売らなければならなくなった東芝。稼ぐ部門を全部売ってもまだまにあわないかもしれない。
 からくり儀右衛門以来、ニホン初めての蒸気機関車、蒸気船を作り、戦後は電気窯、洗濯機、そしてワープロなど、つぎつぎと精密電気部門のメーカーとして日本の牽引車だった東芝も、ついにここへきて活きずマッてしまった。三井グループの名門企業としてこの国の産業を担ってきた東芝がついに落日を迎えた。
 原発事業は兆円ビジネスと呼ばれ、儲けも大きいかわりに欠損も桁違いに大きい。アメリカの口車と通産省官僚の言い分にすっかり安心して投資した東芝役員は、「原子力は大博打だ」ということを知らなかったのだろう。

posted by Kazuhiko Hoshino at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

近大マグロに続いて近大ブリ、近大ナマズ、近大マンゴーは如何

近大マグロに続いて近大ブリ、近大ナマズ、近大マンゴーは如何

 西銀座のガード下、近畿大学水産研究所のまえ、昼休みの時間には行列ができる。
 水産研究所という名のレストランだ。近代マグロの刺身やら、マグロ丼がほどほどの値段で食べられるので、
銀座のOLたちにはオサカナ・ランチとして評判をよんでいる。

 マグロの御利益は学校全体におよび、私学の雄として近大は入学志願者数全国トップに躍り出た。
近畿大学のオサカナ事業は止まらない。「近大マグロ」の成功に平行して「近大ブリ」も成果を上げつつあった。におわないブリをめざして、ベンチャーは大車輪をかけた。餌から臭いのもとになる魚粉をへらし、植物性タンパクをふやし、さらに消臭効果のある緑茶をいれてみた。様々な工夫を加え、臭いの少ない「近大ブリ」が生まれた。西京焼きにしたところ、風味に優れた最強の西京焼きが生まれた。

 2014年にはにほん鰻が、絶滅危惧種に指定された。鰻の完全養殖化に挑むも難問続出、ならばと「鰻味のナマズ」はどうだと、ナマズの養殖にのりだした。そこで威力を発揮したのが「臭わないブリ」を作った時の消臭技術、それを利用してナマズを養殖してみた。泥臭さのない見事な蒲焼が生まれた。16年6月には近大なまずの蒲焼が格安航空ビーチの機内食になり、7月から全国イオンでの発売にこぎつけた。
 薬学部では青い蜜柑を原料にした抗アレルギー・サプリ「近大サプリ」を開発、さらにコレステロールを20パーセント下げた鶏卵「近の鶏卵」やら、「近大マンゴー」、「近大アロマ」と果てしなく近大ビジネスが進行している。
 まさに産学共同の見本市状態になっているのが、近畿大学なのだ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

タレントいらずの京の節分

タレントいらずの京の節分

 季節の分け目である節分も無事終わって、いよいよ立春大吉になる。
 嵐山の吉兆さんからは、旧暦のお正月、いまごろに先代の「立春大吉」の揮毫とともにお年賀が送られてくる。関東の節分は、お寺、神社とコンビニ、そして芸能人のための節分になってしまった。大河ドラマとお笑いの豆まきが圧倒的に多いが、ことしは久しぶりの日本人横綱誕生でお相撲さんの人気に沸いた。稀勢の里は豆まきの掛け持ちでご苦労様なこと。ピコ太郎はどこで豆を撒いていたのかしらない。

 京都の節分にはタレントはいらない。
 オカメの鬼がでる蘆山寺の豆まき。四ッ眼の法相師が登場する吉田神社。壬生寺では無言劇壬生狂言のガンデンデンが奉納される。どこまでもタレント祭りではなく、「節分厄除大法会」なのだ。
 鬼をいじめるのは、豆ばかりではない。コスプレで鬼を驚かせ、除災する習わしもある。昔は町衆がやっていたのが廃れ、いまでは花街にしか残っていない。
 祇園甲部の追儺行事「お化け」である。いつものオシロイ・ダラリの帯ではないので、お化けと呼ばれるようになった。鬼はオバケに出逢ってびっくりして退散する。

 今年祇園にでた「お化け」を辿ってみよう。
 可愛らしく「舌切り雀」は有佳子・槇子、「千姫」は小扇、「越後獅子」はつる葉・紗矢佳、「三人吉三」は千紗子・亜矢子・千余子、「戻り橋」は小菊・美帆子、「風神雷神」は福葉・まめ弥、そして堂々の「本日処女」は脱いで「ピコ太郎」に変わった小喜美さん、このほかゲリラ風に現れた東映づくりのオバケがいたようだ。
 この時ばかりは普段の井上流にこだわらず、花柳でも尾上でも自由に無礼講が許される。

posted by Kazuhiko Hoshino at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする