2019年01月22日

舌代つきのご飯の友

 御飯の友といえば戦争中は、熊本の「ふりかけ」と決まっていた。
 ふりかけは、カルシゥムの不足を補うために、薬剤師の吉丸末吉というひとが作ったもので、魚の骨をくだいて御飯に合うように工夫したものと教えられた。
 江戸っ子は上野池之端の酒悦がご贔屓だった。病気で伏せているときは、おかゆに酒悦ののりの佃煮がそえられていた。元気になると同じ酒悦の「鯛みそ」に変わった。中学生になった頃、「あさりの時雨煮」を食し、酒悦にはこんな美味いものもあったのかと感動した。

 カレーの友も酒悦の「福神漬」と決まっていた。小粒のらっきょうもまた酒悦とたいへんに相性がいい。スーパーには各種福神漬やら、各種らっきょうがあるが、どれも帯に短し、襷に長し で酒悦にはかなわない。カレーに選ばれるのはどうしても酒悦になる。
 カレーという単純な食べ物にはご飯の選択も大切だ。 ある時、親戚の娘からカレーのご飯は、山形のつや姫よと教えられ、以来レトルトのカレーにはチンする「つや姫」と決めている。
 つや姫に慣れてしまうと長野県産こしひかりのチンゴハンはとてもたべられない。長野県人は米の美味さを知らないのか、とさえ思ってしまう。

 軽井沢に棲んでいると田舎だから美味いものに飢えていることだろうと、親切な友人たちがいろいろと気をつかってくれる。
 ひところは新潟の加島屋さんがとても多かった。器のやや大ぶりなのもよく、日本海の海の幸がぎっしりと詰まって、瓶を開ける楽しみがあった。

 「舌代」御はんにまぶしてお召し上りください 又その上に焙じ番茶をそそぎお茶漬の味もおよろしゆう御座います 東京吉兆    
 舌代というのはいまでは死語なのかもしれないが、こんな口上とともに贈られてきたご飯の友は嬉しい。丹波くろまめ、紅鮭茶漬、こんぶ、さざ波山椒煮、和牛赤ワイン煮、ひき肉まさご煮、ずらり並んだごはんの友はひとりにやにやとして嬉しい。
 さあ今夜は東京都木挽町御料理調進所吉兆に敬意を表し、つや姫を炊いて食さん。

posted by Kazuhiko Hoshino at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

大寒の日の赤いふんどし

61.jpg

 我が家には「大寒の水」というしきたりがある。
 大寒の日の水を毎年入れ替えなければならない。器は酒の一升瓶のカラになったのが3本。一本は皇室御用の「惣花」の瓶、次の一本は表千家而妙斎御銘の「松の翆」、3本目は献上米ほしの純米酒の瓶である。いつもこの時期は表千家初釜の時にあたるので、相方はほぼ不在、いつのまにか水替えの責任は筆者になってしまった。
 水道のないころ、どこの家でも井戸をつかっていた。あの頃の大寒の水は、酒の仕込み、醤油の仕込み、味噌の仕込みにはなくてはならない水だった。寒い時の水は、雑菌の発生も防ぎ、一年は腐らないという思い込みがあった。いまでは水道の水がすべてとなり、酒・味噌・醤油すべてスーパーで殺菌パッケージされたもので暮らしがなりたっているので、いまさら大寒の水でもあるまいと思うが、そんなことを口にした途端、平和が乱れるので唯々諾々と水換えをしている。

 隣り町の御代田には「寒の水」という行事がある。昔は厄年の男が数十人、裸になり、赤いふんどしひとつで集落のなかを走り回る。女子は数人ずつ肩よせあって怖いもの見たさのごとき表情で、男たちの赤ふん姿をのぞいている。
 辻々に大きな桶があり、桶には大寒の水がなみなみとはいっている。男衆はその水をかぶって、湯気のたつはだかで、集落のなかを走り回る。最後は丘の上にある熊野神社に水をかぶった兎巾を奉納して終わる。無病息災と家内安全をいのり、その年新築した家への祈願をこめた民俗行事である。
 大きな水桶をつくるのも近頃ではなかなか大変のようで、檜の腹には「寄贈宝くじ振興基金」とかかれている。

 24節気では、小寒から立春までの30日間の真ん中が大寒にあたり、大寒の声をきくと春の喜びも近く、ふきのとうの花を思い出す。
posted by Kazuhiko Hoshino at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

東京五輪招致贈賄の犯人捜し

無題.png

 長野オリンピックの時、いろいろな噂話をきいた。
 招致段階では、長野の田舎者はなにも分からないので、海外での招致活動はすべて代理店まかせで、代理店の言いなりにお金の都合をつけるのが、事務局の役割だとか、IOC委員へのロビー活動はしかるべき専門のエージェントにおまかせするしかない。つまり主催都市である長野はまったくのツンボ桟敷であってスポーツ・ビジネスに長けた何処かの国のエージェントと日本の代理店がおこなっている招致活動はまっくのブラックボックスだ、という事実、それがいやなら開催都市に立候補すべきではない。立候補するということは、そうした現実全て飲み込むということだと、聞いた。

 開催決定後は、当時のサマランチ会長専用のハウスと、某温泉にいつでも彼の接待につかえる専用別邸と接客要員を常時待機させておかねばならないという妙にリアリティのある噂が流れた。そしてオリンピック実行委員会の最終決算では、莫大な使途不明金が計上されたが、どうしたことかすんなりと認められたという不思議の物語だった。

 今回のフランス予審判事の見解でも、「ソルトレイク冬季オリンピツクやシドニー五輪でも利益供与が報道された。今回の東京五輪でも同じことが起きた可能性が高い。」「コンサルタント業務に携わるブラックタイディングス社というのが個人なのか会社なのか不明であり、貸借対照表も損益計算書もあきらかではない」と指摘していて、その解明が進まなければどうにもならない。古くからヨーロッパにある一部スポーツ貴族を一網打尽にして調べなければ事は解決しないだろう。

 日本のメディアを賑わしている竹田恒和悪者論や小池知事反省論、なんでもかんでも安倍が悪いといった言論は、いずれも樹をみて森を見ない児戯に等しい議論にすぎない。
 要はフランス予審判事の覚悟次第ではないか。オリンピックビジネスにメスをいれるのは、返り血を浴びる覚悟があってこその告発だろう。
posted by Kazuhiko Hoshino at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

ちかごろ「新井賞」が話題に

DxB-mcjU0AArxkc.jpg

 芥川賞・直木賞2018が目出度くきまった。
 いまや文学賞の古典として位置ずけられるふたつの賞だが、このふたつの賞作品が売れるとおもってはいけない位出版界は暗黒の時代を迎えている。
 時代は本を読まなくなった。文学よさようなら、漫画よこんにちは。

 かって通勤電車は本を読む人々の風景に充ちていた。
 心をよせる彼女は何を読んでいるのだろう、ひそかに車中を移動し、つり革に身を預けてのぞきこんだものだ。お決まりの夏目漱石でホッとし、谷崎潤一郎では意外な彼女の成熟を感じ、ドキリとして遠ざかったりしたものだ。
 近頃の車中では、スマホを見つめている人がほとんど。なかには忙しそうに指を動かしている人もいるが、大部分の人はじっと画面をみつめやがてスライドし、ふたたびじっとみつめている。多分漫画でも見ているのだろう。漫画だけが紙でも電子でも売れているそうだ。
 レシーバーを耳に、マスクを口と鼻に、そして眼はスマホに、いったいこの若者に明日はありや、そんなに環境を遮断してどうする、もうすこし社会に環境に近隣に興味をもったほうが面白いよ、といいたくなる。電気で送られてくる情報はアットいうまに拡散し、消滅してしまうものだと言いたくなる。

 いまいちばん売れる本、売りたい本、をキャッチにかかげて2004年からスタートしたのが、「本屋大賞」だった。全国新刊書を扱う書店の店員さんによる投票で本屋大賞だけでなく、発掘部門、翻訳小説部門、ノンフィクション部門と裾を広げて始めたのには、売らんかな本屋根性丸出しのイヤラシサがみえた。

 おなじ本屋ならば、三省堂神保町本店で働く「新井美枝香」さんの始めた「新井賞」のほうが面白い。
 読書マニュアである普通の女子の新井さんのお気に入り、それが「新井賞」であって、三省堂の本店には平積みのコーナーがある。去年は三浦しをんの「ののはな通信」だったが、今年ははるな檸檬さんの「ダルちゃん❶❷」が選ばれた。漫画も小説もジャンルがないというところが面白く、新井さんは独身でテレビもなく、下駄箱のなかまで本だらけ、忙しい時はネットカフェで本を読むというツワモノである。

posted by Kazuhiko Hoshino at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

13代目團十郎襲名を祝う

yjimageC8OSYVTD.jpg

 ようやく海老蔵が13代市川團十郎を襲名することになった。
 松竹の規定路線で襲名そのものはそんなに珍しいことではない。先代団十郎が亡くなって早6年、団十郎の名跡がみられないことに江戸っ子は寂しい。あちこちに三枡の紋があり、夜店の店先に鎌輪ヌの役者紋がぶらさがつて、江戸っ子のシンボルはきょうも元気と晴れがましいことが嬉しい。

 江戸歌舞伎に宗家の團十郎がいなくては、なんとも座りが悪い。音羽屋の菊五郎さんはがんばっているが、段々出番も少なくなって序幕と大詰でちらりとニラミをきかせる程度になり、もはや恒例団菊祭もみられなくなるかと、寂しさ100倍だったが、ここへきて少し希望もでてきた。菊之助の菊五郎襲名と海老蔵の團十郎襲名が揃えば、江戸歌舞伎復活の狼煙があがる。

 2020年5月歌舞伎座で御披露目ときくが、3か月の内最後の1ケ月は3回興行ときいてがっかり、キャバレーのショーではあるまいし、一日に三回の興行では役者は壊れる。心ある観客にはつらい。世界中どこをさがしても三回興行はない。ニューヨークにも、ロンドンにも、パリにも。新團十郎が身体をこわさないためには、舞台から手を抜くしかない。適当に演じてお客を喜ばせたらそれでよしとする、もっとも悪い興行形態こそが3回興行なのだ。

 そもそも團十郎の名跡にはいろいろの事件がまつわる。
 初代は舞台上で共演者に刺され、44歳の若さで憤死した。三代目は大阪の舞台で病をえ、江戸に戻り20日後に僅か21歳で旅立った。6代目も同じ21歳のとき風邪をこじらせ急死した。8代目は31歳のとき巡業先で謎の自殺をとげた。11代目は襲名後わずか3年半で病死。12代目はご存知白血病を患い、9年の闘病の末、死亡。成田山不動の加護のもとにありながら役者人生をまっとうできない人が圧倒的に多い。

 13代目も役者の肥しといわれる艶模様が多い、というより多すぎる。神妙な顔で麻央が麻央がというたびごとに、何処かで恨みつらみが増幅されている。
 ここ数年のブログ、ツイッターなどSNS活動で、一過性のメディアファンは充分満足させたのだから、團十郎になったら芝居好きの芝居のわかる観客を満足させてほしい。
 やはり江戸歌舞伎には團十郎がいなければと、江戸っ子の心意気に答える礼節のあるスケールの大きな團十郎に会いたい。
posted by Kazuhiko Hoshino at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

小正月が滅亡しつつある

yjimage2BD8Y79K.jpg

 一月十五日は「小正月」である。小正月は女正月ともいい、いろいろな習俗があった。
 ほとんどが農耕民族であった日本人にとって必要な習俗だったが、グローバル化というお題目のもと雲散霧消しつつあるのは残念なことだ。
世界中から何千万かの観光客がやってくる今こそ貴重な財産であるべき筈のものが、政治家や行政の無知のために絶滅の危機にたっている。

 ユネスコのなんとか遺産に登録された、そんなニュースが飛び込んできたとたんに持て囃し、テレビや新聞の紙面をかざる。典型的な田舎者のオコナイで恥ずかしいことこのうえない。大正月に対して小正月とはなんだったのか、小学校の教師位はたしかな認識をもって、子供達や親に話ができて当たり前だ。

 小正月の来訪者といえば、秋田のナマハゲ、山形のアマハゲなど有名だが、ナマハゲのように威圧的な態度で飛び込んでくるのではなく、ソフトに優しくはいってきてそっと餅をもらっていったり、仮装して祝言をのべたり、地方によっていろいろなスタイルがある。

 野沢菜の本場信州野沢温泉村の道祖神祭なども、小正月の行事としてはスケールの大きな火祭りだ。その年に生まれた子供の数だけ立派な幟を奉納しそれでご神殿を作り厄年の男たちが、上下に別れて火付けの争いをくりひろげる壮大な火まつりだが、地方ではどんど焼き、左義長、三九郎などいろいろの名前でよばれ、年神様の祭りにつかった注連飾りや松を焼いて、祭の終りをつげる小正月の習俗につながっている。

 田圃から害虫病虫を追い払う呪術のような鳥追い行事もあちこちで行われている。なかでも五郎兵衛米のとれる佐久では30キロにも及ぶ巨大なオンベを振り回しながら酔っぱらった男たちが集落を練り歩く。占い儀礼では15日に小豆粥を食べる地方もある。神社では小豆で吉凶をうらなったり、小豆をたべると風邪をひかないとか、俗信と暮らしが結びついて世界でも珍しい信仰の国がこの国なのだ。


posted by Kazuhiko Hoshino at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

女性議員とストーカーの関係について

 yjimageZSO1YIG6.jpg

 若者から名刺を貰う。名刺には肩書のほか、メールアドレス、ホームページ、携帯は記載されているが、いわゆる住所、処番地がない名刺が多い。面談の後、お礼状を出そうとおもってもだせない。住所がわからなくては、連絡のとりようがないし、折角えたご縁を以後無駄にするしかない。そこで得たコミュニケーションはますます希薄になるばかりである。

 ラインやってますか。そんなものやってないし、やりたくもない。短いセンテンスで、漫画の吹き出しのような会話をかわしたところで、なにも残らない。うつろになるばかりで言葉の力はますます堕ちる。お買物の奥さん同志の無駄話か、帰りの待合せ位には役だつだろうが、ちゃんとした会話は成り立たない。

 ショートメールのご挨拶もあまりご挨拶をうけたという気分にならない。イタチのサイゴッペのような記号でしかない。スマホの上のコミュニケーションはどんどん送られてきて、次々と消えていく運命にある。容量が少なくなったので不要メールはけしてください。機械のおっしゃる通り、はい消しました、削除しました。 いつの間にか記憶は、機械の都合に支配されている。

 近頃はDVやらストーカーの多いことに驚く。軽井沢でも折角の女性議員がストーカーに狙われているので住所を明らかにしないで欲しい。と議会事務局に申請したという。地域の代表として地域のために尽くさなければならない議員の住所すらわからない。メルアドだけの町議会議員とは、如何なることか。
 小さな町の行政に異論があり、議員を通じて町に建白しようとしてもできない。議員はどこに住んでいるかも判らないのだから、議員を通してとおもっても、はじめから到底できない相談、ひょっとしたらその議員はこの町には住んでいないかもしれない。

 このゆがんだコミュニケーションのカタチを、どのように直したらいいのか、我々凡人にはおもいつかない。同窓会名簿から住所が消え、電話が消えて、ストーカーだけが増えたのではなんの意味もない。隠すほどに客がのってくるストリップ小屋とかわらないのが、近頃の近隣意識だ。
posted by Kazuhiko Hoshino at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

反日韓国を糾弾すべし

yjimageREYR9YS9.jpg

 韓国人の被害者意識と非常識ぶりには呆れてものもいえない。

 朝日新聞のヘイトニュースに始まった従軍慰安婦問題、戦時下でまだ多くの国に残っていた公娼制度のもと、韓国人の女衒の誘導で戦地に赴いたにもかかわらず日本軍による強制慰安婦と偽って、世界中にニュースをばら撒き、更に従軍慰安婦の少女像をつくり、世界のあちこちにこの少女像をたてて、日本を貶める、とてもそんな行動は日本人には想像もつかない行為だが、韓国人は平然とそうした行動をとる。慰安婦として我が身を売った行動に恥ずかしさがない、恐るべき破廉恥としかいいようがない。

 徴用工問題も根っこに大嘘がある。韓国最高裁判所に訴えた4人の韓国人は徴用工ではない。戦時下において公募されそれに応じた一般工員なのだ。それをいかにも軍によって強制動員されたかのように偽り、莫大な補償金をせしめようとしている。
 さらに言えば1965年の日韓補償条約によって、戦時下並びに植民地時代の韓国への補償支払いは一切解決している。当時日本政府は戦時中日本の工場で働いた韓国人にたいし、個別に補償金を支払うことを申しでたが、当時の韓国政府はいやそれはとうほうで支払うので一括して金をくれといい、その後個別に支払をしなかったという事実がある。
 当時の日本は韓国の一年分国家予算の3倍に及ぶ補償金を支払ったにもかかわらず、である。
 なによりも国家と国家が交わした条約、約束に頬かぶりをして知らん顔を決め込んでいる韓国政府の態度には唖然とする。1965年の条約ですべての問題は解決している筈なのだ。

 いやあの問題は司法の問題だから政府は関与できない、ともっともらしく発言するむきもあるが、国際間の条約はすべての国内法に優先するという、国家間の約束事すら判っていない文在寅大統領にはまったく絶望的になる。韓国の政治家のお粗末ぶりには言葉を失う。

 同盟国による合同観閲式における日本海軍の日章旗掲揚にかんする韓国海軍よりの拒絶問題、さらに最近おこった韓国駆逐艦によるレーザー照射問題など、どう考えても 韓国の反日行動は同盟国のとる行動ではない。日本政府はこの問題を拡散することなく冷静に対処すべきだ、と文在寅大統領はいうが、どの面さげていうのか、許しがたい。
 日本の親韓ジャーナリストは外交面で冷静に話し合うべき、などととぼけたことを言っているが、これだけ反日の大嘘政治が続くなら、大使への帰国命令はおろか、國交断絶へ進んでも不思議はない。
posted by Kazuhiko Hoshino at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

夏井先生と芸人たち

yjimage.jpg

 くだらない正月の番組のなかで、ただ一つしっかりと視聴したのが大阪毎日放送制作の「プレバト」だった。
 プレバトは、夏井いつき先生の快刀乱麻な添削にとどめを刺す。普段甘やかされているタレントが、その無能ぶりを遠慮会釈なく暴露されていく過程がなんとも楽しい。なかにはただのガキタレントと認識していたのに、実はかなりの教養を秘めていた、という発見もある。

 夏井先生の魅力は刃に衣をきせない率直な発言と、芸能界に特殊な甘えを認めない爽快感にある。そのうえ余り美人とは言い難いやや太りの外見も視聴者に近親感をあたえる。田舎の郵便局に生まれたいつき先生は、わんぱくな幼少時代から宇和島東高校に通った頃は、毎日片道2時間かかって通学していたというつわものなのだ。扱いにくい中学生を相手に教師として頑張った過去もずいぶんいつき先生の人格形成にプラスに働いているような気がする。
 あの野卑で無礼な梅沢冨美男と渡り合っても一歩も引かないたくましさがある。さすがいつき組の組長さんだけある。

 さてプレバト俳句冬麗戦、予選では草野仁、深田恭子、賀来千賀子、日村勇紀、鈴木光、立川志らく、みな枕を並べて惨敗した。
 特待生と名人の闘い、8位に沈んだミッツマングローブは前作の「打たせ湯の 肩夜をしのぶ 雪女郎」に遥かに及ばず落選、7位の中田喜子はみなに好意をもたれ期待されるも助詞、助動詞の使い方で添削されたのが「節の香に ひかる結露の 甘からん」

 そして注目、梅沢冨美男は五回の足踏み、永世名人への道がなかなか開らかない。
 今日は俺にしか書けない句をもってきたと豪語「札止めの 墨色の濃さ 初芝居」 現状維持、もっと言葉を学べと夏井先生はバッサリ、一年を占う大事な一戦にその言い草はとつっかかるオッチャンに、先生は「文句があるなら言葉をチャンと勉強して出直してこい」と宣言、
 添削は「札止めの 墨色ぞ濃き 初芝居」どうだと黙らせた。

 冬麗戦 大写真になったのは東国原英夫、結露で一句「凍蠅よ 生産性の 我にあるや」 ドキッとした名句だつた。
posted by Kazuhiko Hoshino at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

女の敵は女である。

4.jpg

 年末年始にかけて、いろいろなジャンルでいろいろなランキングが発表される。
 なかでも下俗な好奇心からやんやと見ているのが、文春砲女性メルマガ会員による「女が嫌いな女2018」というアンケートだ。下は15歳から上はなんと90歳までの女性読者たち2000人のノー忖度な切れ味鋭い毒舌をお届けします! と巻頭にある。

 「元々嫌いだつたが、娘を押し出してきた最近は、腹黒さを感じて嫌いに拍車がかかってきた」言うまでもなく次女Kokiを売り出しにかかっている工藤静香だ。「やることがいちいち大袈裟でうるさい。見ていてイライラする。」船越英一郎との離婚劇場をみせた松居一代。
「嵐」二宮和也との匂わせブログで嫌われたのは伊藤綾子。和田アキ子もこのところ嫌われる理由に安定感がある。「自分の発言や行動にどれだけ影響力があるか、いまだに判っていない鈍感さに呆れる」と言われているのは56歳の安倍昭恵。ゲス不倫騒動から3年たっても消えない嫌われ女のベッキー、「アイドルではなく女芸人でしょう」と言われているのは指原莉乃、偉そうに上からの感じが不快とばっさり。

 政界では浮気・不倫できらわれたのが、上西小百合、今井絵理子、山尾志桜里いずれも見え透いた嘘をつきすぎた。職責と印象のアンバランスで稲田朋美、LGBTで新潮45を廃刊に追い込んだ生産性のない杉田水脈、国籍不明の蓮舫、なんでも反対のレジェンド辻本清美、権力欲にとりつかれた野田聖子、傲慢の塊、権力を弄ぶ小池百合子は無駄ずかいが多過ぎる。

 男殺しの石原さとみ、芸無しなのに芸のあるような顔をしている土屋太鳳、下品がうりの丸山桂里奈、男を見世物にしている剛力彩芽と、女に嫌われる女は後をたたない。




posted by Kazuhiko Hoshino at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする